m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
Pittsburgh旅行記
c0061496_1282560.jpg


週末は久々にロングドライブしてきました。行き先は我が家から300マイルほど離れたピッツバーグ。PAに住んでる間にどうしても行きたかった落水荘を訪れるついでに、ピッツバーグまで足を伸ばすことにしました。朝8時前に家を出て、途中何度か休憩を挟みつつひたすらドライブ。ピッツバーグに着いたのは2時頃だったでしょうか??お天気が悪かったせいもありますが、ピッツバーグまでの道のりは本当に遠かったです。幸い到着する頃には雨が上がったので、まずはアンディ・ウォーホル美術館へと向かいました。

アンディ・ウォーホル、いわずと知れたアメリカポップアートの巨匠です。1928年、スロベキア(当時はチェコスロバキア)からの移民の子どもとして ピッツバーグに生まれます。3人兄弟の末っ子だったウォーホルは幼い頃から芸術的な才能を発揮し、小学校4年生の時にカーネギー美術館でアートクラスを受講するようになります。14歳で父をなくした彼は、アルバイトをしながら地元の高校に通い、カーネギー工科大学 (現在のカーネギーメロン大学) に進学。ここで広告芸術などを学んだようです。その後1949年に大学を卒業すると、クラスメイトなどの勧めによってニューヨークに移住。プロのアーティストとしての生活をスタートさせました。この頃苗字をウォーホラ(Warhola)からウォーホル(Warhol)へと改め、やがて全米を代表するコマーシャル・アーティストとして台頭していったのです。

MoMAや2年前に地元の美術館で開催された特別展で、キャンベルのスープ缶やマリリンモンローといったシルクスクリーンの作品は何度か見る機会がありましたが、ウォーホルは絵画だけにとどまらず16mmフィルムの撮影なども熱心に行っていたんですね。数々の映画を撮影したり、お気に入りのミュージシャンのプロデュースをしたり…。1969年にはインタビューという月刊誌まで出版したそうで、館内にはこれらの展示物も色々ありました。

そんなウォーホルの作品を集めたこの美術館、一人の芸術家に特化した美術館としてはアメリカ最大なのだそうで、確かにマリリンモンローのシルクスクリーン6点をはじめ、エリザベス・テイラー、グレタ・ガルボ、グレース・ケリー、クリント・イーストウッドやアルフレッド・ヒッチコックのシルクスクリーンも展示されていました。また最後の晩餐をモチーフにした大きなシルクスクリーンや飛行機や船、動物をモチーフにした子ども向けの作品もあり、ここでなければ見られない作品も沢山あって興味深かったです。ただ個人的には現代美術、やっぱりイマイチ分からないというのが正直な感想…。ははは、もったいないことこの上なしですね。

c0061496_1261312.jpgc0061496_1253794.jpg



久々の美術館見学で気持ち的に芸術の秋を堪能したあとは、2006年より2シーズン桑田が在籍したピッツバーグ・パイレーツの本拠地PNCパークを外から眺めてから、川沿いを散歩。NFLのピッツバーグ・スティーラーズの本拠地、ハインツ・フィールドまで行ってみました。この日はNFLの試合があったため、ピッツバーグ到着時からスタジアム周辺はかなりの人が出ていましたが、この時間帯もまだまだスタジアムへ向かう人、周辺をうろつく人が多数いました。既に試合は始まり、スタジアムの中からは大歓声が聞こえたのですが…。ビールを片手に持つ人、駐車場でBBQをするもいて、何となくNFLの雰囲気を垣間見ることができました。ちなみにNFLは試合数が少ないこともあり、チケットの入手が比較的大変と聞いていた私たち。折角の機会なので「ダフ屋からチケットを買っちゃう??」などという話も出ましたが、ダウンジャケットは着ているものの装備としては不完全だったこともあり断念。だいぶ後ろ髪惹かれる思いで、盛り上がるスタジアムをあとにしました。

夕食は夫がネットで調べてくれた、「菊」という日本料理店でとることに。夫は珍しくお寿司をオーダー。私は目下生魚が食べられないので、今回も泣く泣くお寿司は断念。久々にうな重をお願いしました。この日はサービスエリアで軽食ばかり取っていので、ようやくきちんとした食事にありつけて大満足。食後はしばらくStation Squareをブラブラし、ピッツバーグを後にしました。

この日は翌朝の落水荘ツアーに備え、ピッツバーグから1時間ほど戻ったNew Stationで1泊の予定。ホテルには8時頃到着しましたが、ドライブ疲れのためふたりして間もなく爆睡。フィリーズvsレイズの第3戦があったのでTV観戦しようと思っていましたが、あいにくのお天気で試合開始が大幅に遅れたこともあり、気がついたら寝てました。ピッツバーグ、何度も書きますが遠かった…。でもフィラデルフィアに次ぐPA第2の都市、ほんの少しですが散策できてよかったです。

c0061496_1264732.jpgc0061496_1271016.jpg

c0061496_1272595.jpgc0061496_1273886.jpg

c0061496_1275056.jpgc0061496_128277.jpg
by ny-cafe | 2008-10-27 12:09 | Travel☆Travel