m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
JFK空港からのアクセス
長期出張者にLIRR(Long Island Rai Roadl)の切符の買い方を教えるため、旦那がネットをチェックしていたところ、私のブログにヒットしてしまったそうです。「やるねぇ嫁」と思ったかどうかは定かではありませんが、早速開いてみたところ「LIRRの切符の買い方はちょっと厄介」とかなんとか書いたページだったそうで、帰宅後「使えなかった」と言われました。今日はリベンジの意味無も含め、JFKからのマンハッタン、Long Islandまでの電車でのアクセスと、LIRRの乗り方について書こうと思います。

Airtrain
JFK空港から電車を利用する場合、まず最初にお世話になるのがAirtrainです。2003年12月17日に運航開始した無人のモノレールで、お台場のゆりかもめのような乗り物です。JFK空港には9つのターミナルがあり、航空会社によってそれぞれ利用するターミナルが異なりますが、Airtrainを使えばターミナル間の移動も移動も楽チンです(ターミナル間を移動する機会はあまりないかもしれませんが…)。利用ターミナルについてはこちらを参照してください。

c0061496_938016.jpg左の路線図のように、Airtrainにはターミナル間を時計回りにまわる黄色い路線と、StationA(Haward Beach駅)を基点にする緑の路線、それにStationD(Jamaica駅)を基点とする赤い路線があります。

StaitionA、Dを基点とする緑と赤の路線は、StationCを経由して時計と反対周りにターミナルをめぐり、再びStationCを経由して出発駅に戻るようです。


ちなみにStationCにはレンタカーのオフィスやエアポートホテルまでのシャトルバスのターミナルがあるようですが、降りたことがないので細かいことが分かりません。また緑の路線上にあるStationBは、Long Termの駐車場があります。

料金は空港の敷地内だけの移動の場合は無料ですが、StationAまたはDを使う場合は$5で、StationAまたはDの改札でチケットを購入し、改札を通る仕組みです。MTAのメトロカードと同じカードなので、そのまま地下鉄に乗リ継ぐ場合は$10分($12分使える)のカードを買えば、両方一緒に使うことができます。

StationAからは地下鉄のAラインに接続できますが、MTAの路線図を見ても分かるとおり、長旅になるのであまりおすすめしません。(初めてのNY旅行のときに乗りましたが長かったです。)一方StationDは地下鉄のF、J、ZラインのJamaica駅に接続するほか、LIRRのJamaica駅にも接続できるため便利です。

…。

正確にはJamaicaを使った場合も、地下鉄はマンハッタンに入るまで長旅になるのでおすすめしませんが、LIRRを使えばJamaica駅からPenn Stationまで20分ほどで行けるので、ホテルの場所次第ではおすすめです。ちなみにLIRRをマンハッタンの反対方向に進めば、私の住んでいるNorthportまで来ることができます。

c0061496_15103424.jpg左はJamaicaのAirtrainの改札口です。改札の手前、向かって左側に日本語対応の券売機が並んでいます。赤いベストを着た係員が大抵いるので、困ったときは聞いてみてください。

また、空港から来た場合は改札の前にMTAとLIRRの券売機があるので、ここで切符を購入することができます。

ちなみに下の写真はAirtain内部の様子です。
c0061496_15122347.jpgc0061496_15165725.jpg



c0061496_15331566.jpgLIRR
マンハッタンの34丁目と7番~8番街の間にあるPenn Stationと、私の住むLong Islandを結ぶ電車は、Long Island Rail Roadの頭文字をとって、LIRRと呼ばれています。(路線図はこちらを参照。)私の住んでいるNorthportの辺りまで来ると、Penn Stationまで乗り換えなしで行ける電車は朝夕に数本あるだけで、そもそも電車の本数自体が1時間に1本ほどとまるで日本の田舎並みですが、Airtrainの発着するJamaicaは、Port Wahington発着以外はほぼ止るので、それほど待つことなくPenn Station行きの電車に乗れると思います。

右の写真はJamaica駅のLIRRのコンコースです。Airtrainを降り、改札を出てから左前方に進めば、LIRRのコンコースに直結しています。ここまで辿り着いたら、まず最初に下の写真のようなモニターを探してください。


c0061496_1540037.jpg写真では少し分かりづらいのですが、出発時間と行き先、それに発着ホームが表示されています。発着ホームはなかなか表示されないこともありますが(特にPenn Stationは出発の5分前になっても表示されないこともある)、気長に待ってみてください。

ちなみにJamaica駅ではホームに下りる階段とエスカレータの入り口の上にある半円形の黄色いプレートにホームの番号が表示され、入り口の電光掲示板(?)に止る駅が書かれています。


c0061496_15281757.jpgLong Islandに行く場合は電車の本数が少ないこともあり、事前にネットでスケジュールを確認したほうが良いと思いますが、Penn Station行きについては到着してから一番早い電車に乗ればよいと思います。(各駅停車とExpressがあるので若干注意が必要。)

料金はどの区間を乗っても一律$2の地下鉄と違い、時間帯により、また車内で切符を買うか事前に買っておくかで異なります。ちなみにJamaica-Penn Stationの場合、Peak時間は車内で買う場合$12ですが、券売機等で事前に買えば$7となり、Off Peakならそれぞれ$2づつ安くなるといった具合です。

LIRRの利用者も決して少ないわけではないのですが、改札はなく、代わりに駅員さんが車内で検札をしてまわります。このチェックがかなりマメで、眠っていても大抵起こされます(笑)。


c0061496_1528580.jpg左はLIRRの券売機、切符の買い方は下記の通りです。

①券売機のモニターに触れる
②英語かスパニッシュを選ぶ(マシンによってはないかも)
③One Way(片道)かRound Trip(往復)を選択
④行き先を選択する
☆大抵下記の3つが表示されるのでひとつを選択する
・券売機のある駅からPenn Station
・券売機のある駅から他の駅(to Another Station)
・Other Station Conbinations(自分で区間を選びます)
⑤PeakかOff Peakかを選択する
☆往復ともPeakならPeakを、往復Off PeakならOff Peakを、片道Peakで片道Off PeakならPeak/Off Peakを選択する
⑥必要な切符の枚数を選択する

c0061496_15282952.jpg ⑦⑥と同じ画面の右端真ん中にある黄色い「Pressto Continue」と書かれたところが点滅するのでそこをタッチする
⑧メトロカードの有無を選択する
・None(Tickets Only)
・Tickets and MetroCard
☆メトロカードも一緒に買う場合は「Separate $20 Metro Card」などと示されるので、OKなら画面をタッチする
⑨支払い方法をCash、ATM-Debit、Credit Cardから選択する
☆Cashの場合はおつりが全部1ドルコインで返ってくるので、なるべく細かい紙幣を用意した方がよい。カードを使う場合は、画面の右手上口があるので差し込みすぐに抜く
⑩発券
モニターの下にある受け口からチケットを受け取れば終了!(最後に領収書の有無を選択できる)


なお、Jamaica駅のコンコースには、Airtrainの乗り場からドアをくぐったすぐ左手と、地下鉄乗り場に行くためのエスカレーター乗り場の左手に、それぞれ券売機があります。このエスカレーターでひとつ下の階まで下がればLIRRの窓口切符売り場があり、さらに下まで降りると、地下鉄の乗り場が見えます。

というわけで、まとめてみました。なお、料金等は2006年5月末現在のものなのでご了承くださいませ。
by ny-cafe | 2006-05-31 09:38 | Let's go Manhattan