m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
カテゴリ:Pennsylvania!( 42 )
フィラデルフィア美術館
日曜日はフィラデルフィア美術館へ出かけてきました。PAに引っ越してから「そのうち行こう」と言っていましたがなかなか行く機会がなく、気がついたら2年半もたってしまいました。Wikipediaによれば「メトロポリタン美術館、ボストン美術館と並ぶアメリカでも有数の大美術館」だそうですが、もちろん300万点のコレクションを誇るメトロポリタンよりはだいぶ小ぶりです。でも半日で見て回るにはちょうど良い大きさ。何よりモネやルノアールの作品が充実していて、中でもThe Toll Gallery(Gallery152)は素晴らしかった~。特に4点並べられたモネの絵はいずれも淡い色合いで私好み!ストローラーの中で熟睡の娘を起こし、「きれいでしょう~」と見せてしまいました(笑)。メトロポリタンやMoMA、旅先でも目にすることが多いモネの作品ですが、個人的にはここのコレクションはかなり上位にランクインです♪ちなみにこの美術館、ヨーロッパとアメリカの近現代絵画では第一級のコレクションとして有名なのだそう。またアジアセクションには日本の茶室もあり、珍しそうにカメラを構える人がたくさんいました。


c0061496_20485835.jpg



c0061496_21261885.jpgc0061496_2126279.jpg

c0061496_2126464.jpgc0061496_2127534.jpg

c0061496_20454460.jpg美術館の入場料は大人$14(特別展は別途)ですが、日曜日は「Pay what you wish all day」。特別展のチケットのみ購入できるかは定かではありませんが、お好きな金額で~というこのシステムはやっぱり素敵です♪なお、頻繁に行かれるようであればメンバーになるのもおすすめ。一般の方は$65~のようですが、特別展とセットで行けば3回で元が取れてしまう計算。メンバーのみ参加可能な美術館ツアーもあり、ギフトショップやカフェなども割引があるようです。もちろんメンバー以外も参加できるプログラムが毎日たくさん用意されています。詳細はこちらでどうぞ~。


c0061496_21273162.jpg芸術鑑賞後は外に出て記念撮影♪ここにはもうひとつ有名なものがあります。美術館の名前は知らなくても、何気に目にしてる方も多いのでは?そう、映画「ロッキー」の中でこの建物が登場します。Wikipedeiaによれば「映画『ロッキー』およびその続編2, 3, 5の中でテーマ音楽に合わせてロッキーがこの階段を駈け上がる場面があり、美術館正面玄関階段は通称ロッキー・ステップ(The Rocky Steps)とも呼ばれる」そうです。2006年公開の「Rocky The Final」でも小雪の舞う中ロッキーがこの階段を駆け上がり、フィラデルフィアの街並みに向かって右手を高く突きあげています。私はロッキーはほとんど観たことがありませんが、きっとフィリーの街のあちこちで撮影されたのでしょうね~。ちなみに階段の右手前にロッキーの銅像が置かれ、フィラデルフィアでも有数の写真スポットになってます。この日も銅像と同じ姿で記念撮影する人多数。ちびっこもおじいちゃんもみんなロッキーになってました。フィラデルフィア美術館、もう一度行きたいです。


c0061496_2127539.jpgc0061496_21281122.jpg
by ny-cafe | 2009-03-21 00:02 | Pennsylvania!
国歌斉唱オーディション
c0061496_0265212.jpgc0061496_0271327.jpg


義母の帰国前日に2人で出かけたLehigh Valley Mall。義母のお土産を買うつもりが、一緒に行った私の方がセール品をあれこれ買って大散財。久々の買物だったのでついつい(爆)。写真は買い物途中で見かけたオーデション風景。LehighにはPhillies傘下の野球チームIron Pigsの本拠地がありますが、試合前の国歌の歌い手を一般から募集していたようです。練習を重ねてやってきた本気モードの歌い手はもちろん、買い物ついでにちょっと歌って行こうかな的な歌い手までさまざま。子どもから白髪の年配の方まで次から次にやってきて、みんな思い入れたっぷりに国歌を歌っていました。うまかろうがそうでなかろうが、こういうところでみんないっぱしの歌い手さんのように堂々とふるまうのはさすがアメリカ!そしてちびっこシンガーにはひときわ大きな拍手が送られるところもアメリカらしい。さてさて、AAAといえどもローカルTVでちゃんと試合中継されるIron Pigs戦。いったいどなたが歌うのでしょうね♪ちなみにアメリカの国歌「The Star-Spangled Banner(星条旗)」の歌詞はこちらでどうぞ~。それからこんなブログ見つけました~。
by ny-cafe | 2009-03-09 01:41 | Pennsylvania!
Christkindlmarkt 2008
またまた少し前のことになりますが、夫とBethlehemで開催されているChristkindlmarktへ出かけてきました。毎年11月の終りからクリスマス前まで開催されている季節限定のイベントで、巨大なテントの中には沢山のクラフトショップが並び、Holiday Giftを買い求める人が沢山訪れます。我が家は特にこれと言って買い物をする予定はありませんでしたが、ステージで行われていたクリスマスソングの生演奏を聴きながら、PAのイベントでは必ず見かけるFunnel Cakeを食べたり、個性あふれるクラフトショップをのぞいたり。今年は楽しみにしていた噴水ショーがなかったので正直楽しみは半減でしたが、職人技を遠巻きに眺めたりしながらクリスマスの雰囲気に浸ってきました。なお、BethlehemがChristmas Cityとして知られる理由は昨年の日記でどうぞ。

c0061496_824654.jpgc0061496_831489.jpg
c0061496_83356.jpgc0061496_83578.jpg
c0061496_842438.jpgc0061496_844530.jpg
by ny-cafe | 2008-12-26 08:07 | Pennsylvania!
Lights in the Parkway
少し前に夫と出かけたLights in the Parkwayの写真をアップします。この時期各地で開催されるHoliday Lightsのひとつで、車の中から趣向を凝らした電飾を見学することができます。今回私たちが出かけたのは土曜日の夜8時過ぎ。そのためチケット売り場に辿り着くまでに1時間半ほどかかってしまいましたが、長いこと待った甲斐あり、可愛い電飾を見ることができました。地元のイベントといった感じで有名なHershey Sweet Lightsに比べればだいぶ規模は小さいのですが、なかなか楽しい夜になりました♪なお、最後の写真はライトアップされたカバード・ブリッジ、なんだかロマンチックでした。

c0061496_12515833.jpgc0061496_12522083.jpg

c0061496_12523682.jpgc0061496_1252545.jpg

c0061496_12531938.jpgc0061496_12533522.jpg
by ny-cafe | 2008-12-23 13:26 | Pennsylvania!
Koziar's Christmas Village
c0061496_881257.jpg
c0061496_8827100.jpg


土曜日は毎年恒例のKoziar's Christmas Villageへ。ここはBernvilleという小さな町に住むWilliam M. Koziarさんが、奥さんのGraceさんと4人の子どもたちのために家を美しく飾ったのが評判となり、1948年以降毎年続いている手作りのChristmas Villageです。彼はオリジナルのレイアウトに毎年少しづつアイテムを加え、そのうち湖や歩道、木々や納屋、そしてついには家全体が美しく飾られるようになったそうです。現在ではChristmas Villageとして知られ、この日も何台ものツアーバスがやってきていました。もともと個人で作ったものなので、中には「中国の偽遊園地か??」と思わせるような飾り付けもありますが、まぁご愛嬌ということで。

ちなみに敷地の外からの眺めが圧巻で、湖の対岸にある丘の上からは美しいイルミネーションの写真を撮ることができます(三脚必須)。この日は到着後間もなく雪が降り始めるような寒い寒い夜だったため、すでに湖が凍っていてイルミネーションが鏡のように映らなかったのは残念でしたが、美しいHoliday Lightsを満喫し、クリスマスの気分が一段と盛り上がりました♪

なお、PAにはほかにもクリスマス限定の見どころがいくつかあります。念のために過去の日記をリストアップしてきます。よかったらチェックしてみてください。

★クリスマスのイベント★
Longwood Garden
Hershey Park Christmas Candylane&Sweet Lights
Christkindlmarkt

c0061496_884017.jpgc0061496_885443.jpg

c0061496_894467.jpgc0061496_895665.jpg

c0061496_810946.jpgc0061496_810215.jpg
by ny-cafe | 2008-12-08 08:11 | Pennsylvania!
Phillies優勝!
c0061496_22124086.jpg


雨のためサスペンデッドゲームとなっていた、Phillies vs Raysのワールドシリーズ第5戦。翌日、翌々日とPAはあいにくの天気が続き、試合が再開されたのは29日(木)の夜8:40から。6回裏、2-2でPhilliesの攻撃からスタートしたゲームは、いきなり1死3塁でPhilliesワースが二塁後方へヒット。これをRays岩村が取りそこねてしまいPhilliesが1点追加します。直後の7回表ではRaysバルデリがソロホームランを放って同点とするものの、その裏の攻撃でフェリスがセンター前タイムリーヒット。これでPhilliesが1点を追加して4-3とし、Philliesは守護神リッジを投入。結局この1点を守ったPhilliesが、28年年ぶり2回目となるワールドシリーズ・チャンピオンに輝きました。

我が家は夫とTVで観戦していましたが、地元フィラデルフィアで試合が行われていたこともあり、スタジアムは試合開始からものすごい盛り上がり方をしていました。Philliesの選手がストライクを取られるたびに審判に対してブーイングが飛び、赤一色で埋め尽くされたスタジアムでは、寒さをものともせずに観客が白いタオルを振り回す振り回す!何せ28年ぶりの優勝ですからね、ファンのボルテージも最高潮といった感じでした。もちろん優勝が決まった後のスタジアムの様子もTVに映し出されましたが、花火が上がり、Philliesの選手がホームランを打つと打ち鳴らされるベルも右に左に揺れ、観客はもちろん総立ちで大喜び。ダウンタウンもものすごいことになっていたようで、大暴れしたファンが80人も逮捕なんて記事を日本のニュースで読みました。なんだか家でちんまり観戦してたのがちょっと残念です。

ちなみに本日31日(金)はハロウィンですが、フィラデルフィアではお昼から優勝パレードが行われるそうです。夫の同僚はもちろん仕事を休んで見に行く予定だそう。今日は昼からパレードを見学し、そのまま4時頃からフィラデルフィアで飲むそうです。「お前の嫁も連れて行くぞ!」と誘ってくれたそうで、夫が「ハロウィンだから他に予定がある」と言ったところ、「28年ぶりだぞ!ほんとに良いのか??」と言われたそうです。ははは、行きは良い良い帰りは怖い~(笑)。

なお、昨日は近所のスポーツパブでランチしましたが、早速「Phillies優勝」と書かれた赤いTシャツを来たおじさんふたり組みを見かました。今年は結局1度もスタジアムまで足を運ぶことはできませんでしたが、何とな~く、ほんとにうっすらですが優勝の雰囲気を味わえて良かったです。

ちなみに昨年一緒にスタジアムで野球観戦した私の従姉、第4戦が終わってPhilliesが王手をかけたところでメールを送ってくれました。昨年すっかりPhilliesが気に入ってTシャツを買ったところまでは良いのですが、彼女は選手のチョイスをちょっと失敗。アローンの名前入りだったそうで、今季からSFジャイアンツに移籍してたそう…。このちょこっとずれた感じがいかにも従姉っぽくて、なんか笑ってしまいました。

何はともあれPhillies優勝!
当然ですがシャンパンをかけまくる選手たちが、ものすごく良い顔をしてました。早速優勝グッズの販売が始まったようなので、ネットでチェックしてみます♪
by ny-cafe | 2008-10-31 22:11 | Pennsylvania!
紅葉を求めて
週末から一気に寒くなったPA…。ついに我が家もセントラルヒーティングのスイッチを入れました。なんだか冬が来るのを認めるみたいで、毎年セントラルヒーティングのスイッチを入れるのが何となくためらわれるのは、きっと私だけではないはず…。それで暖炉をつけたりハロゲンヒーターを使ったりで何となくしのいでいましたが、風邪をひいたら元も子もないので今年はあっさり意地をはるのをやめました。寝室の毛布もマイヤー毛布にかえたし、散歩の際にはダウンジャケットと手袋必須。まだ10月なんですけどね…。

でもそんな寒さの中、木々の紅葉は今年も見事です。週末は夫ともにドライブに出かけ、何となく紅葉狩りを楽しんでます。個人的には高いところから見下ろす紅葉の景色や、池や湖に鮮やかな木々の色が映し出される景色が好きなのですが、未だ近場でそういった紅葉ベストスポットは見つけられず…。でもドライブしてるだけでも十分きれいなので、もう少し秋のドライブを楽しみたいと思います。

というわけで、紅葉の写真を何枚かアップしてみます。2枚目以降はJim Thorapで撮ったもの。去年は10/13に行きましたが、今年は1週ずらして10/19に行きました。今年はちょうど見ごろで、枯葉をザクザク踏みながら散策してきました♪
c0061496_21363978.jpgc0061496_21365471.jpg
c0061496_2137652.jpgc0061496_2137201.jpg



なお、下の写真は個人的に一番印象的だった紅葉の景色。最初の年に両親と訪れたUpper StateのMohonk Mountainです。今年も行きたかったのですが、さすがにPAからだと遠いので断念。いつかまた行きたいなぁ…。ちなみに日本にいた頃から行きたいとしつこく言い続けていた秋のアルゴンキン(カナダ)には結局一度も行けず…。秋のメイプル街道、老後の楽しみに取っておきましょう…。
c0061496_21511611.jpg

by ny-cafe | 2008-10-24 21:59 | Pennsylvania!
Eagles Training Camp 2008
c0061496_2483185.jpg
c0061496_2484931.jpg


c0061496_2491452.jpg今年もまた、Lehigh UniversityでEaglesのTraining Campを見学してきました。最初は7/30の午後に従姉と行きましたが、この日はSpecial Teamということでいつもより45分早い2:00~の練習スタート。私たちは2:30頃に会場に着きましたが、QBのMcNabbもいなければ、心なしか人数も少ない…。練習も3時には終わってしまいなんだか拍子ぬけでした。

それで再び8/1に従姉と出かけましたが、8:15~と早い時間の練習スタートにもかかわらず、8:30の時点でスタンド席もグランドの周りも観客でいっぱい…。何とかスタンドの上の方にスペースを見つけてそこから練習が終わるまで見ていましたが、効率よくメニューが組まれ、選手たちも慣れた様子で動いてるのはさすが。後半はだいぶ実践的な練習も多く、お客さんたちもうまくパスが通る度に声援を送ったりしてだいぶ盛り上がっていました。キャンプとはいえ、さすがに根強いファンが多かったのも面白かったです。


この日は朝早めに着いたので練習後のサイン会の抽選券も入手することができました。残念ながら少しの違いで抽選は外れてしまいましたが、今年もこれとは別に練習終了後下のふた選手がグランドのネット越しにサインをしてくれていたので、しっかり私ももらってきました♪

左はキッカー(K)のDavid Akers(#2)。練習終盤で距離を伸ばしながらフィールドゴールを打つプログラムがありましたが、最後の60ヤードのロングゴール決めた時には会場中から大声援が送られていました。右はロングスナッパー(LS)のJon Dorenbos(#46)。実は去年もこの選手にサインをもらってました。去年はもっと若いお兄さんな感じだったのですが、体がひとまわり大きくなったせいかちょっとイメージが変わった気が…。去年の写真はこちらでどうぞ。

c0061496_2495953.jpgc0061496_2492917.jpg



今年のEaglesのTraining Campは8/13まで、一般公開は12日までとなるようです。詳細は下記のURLで。
◇Training Campスケジュール
http://www.philadelphiaeagles.com/news/trainingcamp.html
by ny-cafe | 2008-08-07 10:53 | Pennsylvania!
Avril Lavigne (Bethlehem Musikfest)
c0061496_10367.jpg


先週の金曜日(8/1)から、BethlehemのMusikfestが始まりました。毎年この時期に開催されるもので、今年で25周年を迎えるそうです。会場には大小さまざまなコンサート会場が用意され、ロック、ポップス、カントリー、ジャズ、オペラやオーケストラなど様々なジャンルの音楽を楽しむことができます。基本的には無料で楽しむことができますが、チケットが必要なコンサートやライブも色々用意されています。音楽にはだいぶ疎い私たち夫婦ですが、初日のスケジュールでAvril Lavigneの名前を見つけたときはびっくり!ちょうど従姉が日本から遊びに来ていたので、3人で出かけてきました。

川沿いに設けられた会場はステージもさほど広くありませんでしたが、屋外なので気持ちが良かったです。直前手配だったため前方はすでにSold Out。私たちが手配した席は中ほどの位置(5000席ほどあり後半分はだいぶ開いたままだった)で肉眼では小さくAvrilが見えるだけでしたが、ステージの両サイドともう1か所に布を張っただけの簡単なスクリーンが用意されていて、それでAvrilの歌う姿を見ることができました。

スクリーン越しにはなってしまいましたが、目の前で見るAvrilはパワフルでかわいかった~♪もちろん歌の方は文句なしで素晴らしく、Avrilらしい元気な曲、しっとり聞かせる曲を織り交ぜながらたぷり会場を盛り上げてくれました。またギター、ピアノ、ドラムのほか、ベースを演奏しながら歌う曲もあり、その多才ぶりにもびっくり!夫と私は今まで何気なく車で聞いていた曲がAvirilだったのね~という感じで、予想外に知っている曲が多かったのも嬉しかったです。(ははは、こんなレベルです…汗。)

ちなみに従姉はもともとAvrilの元気な曲が好きで、CDも全部持っているそう。Avrilがステージに登場した瞬間、前の方からわさわさと椅子に立つ人が多かったのですが、彼女もいきなり立ち上がって係員に注意されてました。実は今年の日本ツアーにも行きたかったそうですが、一緒に行く人がいなくて諦らめたそう。そのため1時間のライブとはいえ、旅行中にAvrilのライブに行けたと喜んでいました。翌日の飛行機で日本に帰る予定だったので、従姉にとっては何よりもラッキーな旅行中の出来事となったことでしょう!私たち夫婦にとっても楽しい夜になりました♪

なお、今年のMusikfestは8/10まで。チケットはArts Questで扱っていますが、Will Callの案内がなかったため(郵送の案内のみだった)直前に手配してもチケットがちゃんと手元に届くか心配になりました。幸いすべての手続きが終わった後に、郵送は7~10日かかるため直近で手配の場合はWill Call窓口でピックアップと表示されホッ。無事会場近くのチケットブースでピックアップできました。スケジュール等Musikfestについては下記のURLでどうぞ。

Bethlehem Musikfest 2008
http://www.musikfest.org/
by ny-cafe | 2008-08-04 01:11 | Pennsylvania!
New Hopeで蒸気機関車に乗る!
少し前の話になりますが、夫とNew Hopeへ出かけてきました。NYからの週末旅行を扱ったガイドブックにも載っていますが、我が家からだとわずか1時間ほどの距離。週末旅行というにはあまりに近すぎ…。(実際手前の町から通勤する同僚もたくさんいるそう。)でもお目当ての蒸気機関車に乗ったり、小さな町をふらっと歩いたり、夏らしい1日を過ごすことができました。写真をアップしてみますね。

c0061496_221498.jpg◆蒸気機関車
New Hope観光の目玉は、なんと言っても4.5マイル先のLahaska(ラハスカ)までを往復する45分の蒸気機関車の旅でしょう。ルートは同じ道を行って帰るだけと単純ですが、1920年に製造された本物の蒸気機関車がもくもくと煙をあげる様子は一見の価値ありです。もちろん駅の近くでも機関車の様子は見えますが、せっかくここまで来たならやっぱり乗ってみなくちゃ!ということで、夫とともに早速乗ってみました。

乗車券は冷房付きのFirstと冷房なしのCoachがありますが、この日は朝から暑かったためFirstの乗車券を購入。夏場のアメリカはクーラーが効きすぎて寒いことが多々ありますが、車内は適度な涼しさで快適でした。内装も木目調で窓にはカーテンまでかかっていてレトロな感じ。なんとなく古き良き時代の趣きを味わうことができました。ちなみに進行方向に向かって右手に座るのがお勧め。車窓から見える木々の緑が気持ち良かったです。


なお、車内ではソフトドリンクやスナックの販売がありました。レモネードと塩分たっぷりの大きなプレッツェルをひとつづつオーダーしてみましたが、ともに$2.25と比較的良心的。テーブルがついてるのも嬉しい限りでした。また、Evening Star Dinner TrainやGrapevine Express、Song and Story Hour trainといったイベント列車も運行されているので、興味のある方は下記のURLでスケジュールチェックしてみてください。

*New Hope & Ivyland Railroad
http://www.newhoperailroad.com/


c0061496_22312979.jpgc0061496_22311919.jpg

c0061496_2242766.jpgc0061496_223052.jpg

c0061496_2232299.jpgc0061496_2233459.jpg



c0061496_2235634.jpg◆町なみ
建物が古いので町全体に雰囲気があり、小さなお店やレストランがたくさんありました。ちなみにデラウェア・リバーを渡ればお隣NJ州。橋を渡った先にはその昔駅舎だった建物が残っていて、現在はStationという名前のパブになっていました。時間があれば今はもう使われてない線路沿いのオープンテラスでゆっくりするのもよさそうです。

◆ミュール・バージ
ガイドブックに寄れば、水路に浮かべた船を地上からラバが引くミュール・バージというアトラクションがあるそうです。150年以上も昔の物資輸送方を観光に取り入れたそうで、2マイルほどの道のりを1時間かけて進むとのこと。暑くてどこから出るのか探す気力すら起こらず断念しましたが、URLだけ載せておきます。

*Mule Barge
http://www.canalboats.com/

◆おまけ
ついでなのでパーキング情報も。蒸気機関車の出発する駅舎のすぐ先に車を止めましたが、駐車場代は1日$15とお高めでした($2のディスカウントクーポンがついていたけど…)。移動するのが面倒だったのでそのまま止めてしまいましたが、蒸気機関車の出発を待つ間に周辺をうろうろ歩いていたら、お隣のUnion Sq Mallにもたくさんパーキングがあることが判明。モールといってもここはオフィスがほとんどのようで、週末営業してるお店は数軒のみ。パーキングメーターを見たところ、平日は最長3時間ですが休日は10時間くらいまでは止めても大丈夫なようでした。そのほか道路沿いにも駐車スペースがあったので、わざわざ$15も払わなくても良かったかなぁと…。ちなみに駐車場のチケット売り場の若いお兄さんも、お金を払う際に「$15だけどここでよいの??」的な感じで対応。そのままUターンする車を何台も見かけました。ということで、これから行かれる方は念のため~。
by ny-cafe | 2008-07-22 22:40 | Pennsylvania!