m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
カテゴリ:NBA ( 15 )
アイバーソン古巣へ
Sixersファンの皆様、おめでとうございます。
アイバーソンが古巣に戻ったそうですね~。

今さっき仕事上がりの妹から電話があり、我が家は衝撃が走りました。アイバーソンについてのついてない話はだいぶ前に書きましたが、ほんとに我が家+妹はついてない!

もともとNBAを見始めたのは妹の影響で、2007年2月に初めて試合を観戦してはまりました。この年大学院入学のために1年間仕事を休んんだ妹が、NBAを見るためだけに寒い寒い2月のPAに遊びに来ましたが、私たちが試合のチケットを手配し、妹も航空券を手配した直後にSixers唯一のスター選手アイバーソンが移籍してしまいました。妹は昔からのアイバーソンファン。あまりのショックで固まったそうです。その後デンバー、デトロイトでプレイしたアイバーソンでしたが、先日から移籍の話が出ていた模様(*訂正参照*)。ちょうど義弟が今月からヒューストンに単身で留学したので、近くだったら良いのにね~なんて言ってたら、古巣のフィリーに戻ったそうです。そうだよね~、移籍の原因となった監督も変わったものね…。

ちなみに去年の大みそか、臨月だった私の世話+産後のお手伝いで母が渡米しましたが、ひとりでアメリカまで行かせるには心配と一緒に3泊5日でやって来た妹。無理やりデトロイト経由にして試合を入れようと試みましたが、スタジアムまでのアクセスがいまいちそうだったので断念。かわりにマンハッタンで一泊してもらい、ニックス戦を観戦して帰りました。アイバーソンのSixers復帰が去年なら観に行けたのにね。そして勿論私も、昨シーズンの復帰ならどんなことをしても観に行ったのに…。

アイバーソンはこのままきっとSixersに骨を埋めるのでしょうね~。いっそのことほかのチームへの移籍ならこんなにがっかりしないのですが、見方を変えれば勝手知ったるワコビアセンターなので、無理やり弾丸ツアーも可能?少なくとも妹夫婦に色んな情報くらいはあげられるしね。と、前向きにとらえることにします。

はぁ…。
…。
…。

訂正:今季はシーズン前にグリズリーズと契約したが3試合で退団、現役引退を表明していたが、先日改めて古巣のSixersと契約したとのこと。34歳、一旦現役引退を表明しているだけに、この先何年プレイしてくれるのか…。できることなら今すぐワコビアセンターに行きたいです!
by ny-cafe | 2009-12-08 23:53 | NBA
Suns vs Spurs 第2戦
火曜日は9時半からSuns vs Spursの第2戦をTVで観戦。このカード、どうしても7戦見たいと思ってる私は、もちろん初戦を落したSunsの応援。

1st QTはNash、Shaqともに大活躍で35-26。今日は安心して見られるなぁと思っていたのに、2nd QTは終盤でハック・ア・シャックを効果的に使われ26-28。Sunsも流れを取り戻そうとしますが、こういうときにGinobiliの3Pがうまく決まるんですよね。結局流れを戻せなかったSunsは前半を61-54で折り返すと、そのまま3rd QTも停滞。というか、完全に抑えられてました…。

hoop NBAさんのhoop NBA from New Yorkによれば、この日のParkerはNashに対して完璧なディフェンスだったそう。3rd QTはボール回しもスピードがなく、まったくSunsらしくなかったです。おまけにNashが下がると、まるでチームの雰囲気が変わってしまうし…。結局11-27で簡単に逆転されたSuns、4th QTを24-21と粘るも96-102で2連敗としてしまいました。

前半はNash、Shaqともに調子が良かったように思うのですが、それ以上にSpursの調子が良かったこの試合。Parker、Ginobiliとポイントを取れる選手がしっかり点をとったSpursが、今日は1枚上手でした。金曜日は地元フェニックスに戻るので、次こそSunsに勝ってほしいものです!
by ny-cafe | 2008-04-24 01:07 | NBA
予備選挙とPlayoffと・・・
火曜日も春らしい気持の良いお天気。この日はカレッジが2時に終わったので、まずはクラスメイトと校内のカフェで軽めの食事をとり、ジムへと向かいました。ひとりでは長続きしないので、ジム通いをするというクラスメイトに便乗してCarvesという女性専用のジムに通っています。ジムといってもスタジオもランニングマシンもなし。円形に並んだマシンを30秒ごと移動しながらこなすというスタイルで、飽き症の私には向いてるかも。45分ほど体を動かしたあとはクラスメイトを家まで送り、お花見がてらドライブしてみました。

まずは大きな枝垂れ桜を見るために、近所の公園へ行ってみました。先週の木曜日にも行きましたが、カメラを忘れて満開の桜の写真を撮れず。今日はリベンジのつもりで出かけましたが、すでに緑がいっぱいの葉桜でがっかりしました。でも代わりに八重桜が20本くらい植えられているのを発見!まだまだものによっては3分咲きにもなっていない感じでしたが、近くでこんなにたくさんの八重桜が見られるとは、うれしい発見となりました。

その後は近所のミドルスクールへ。予備選挙の様子がどうしても見たくて行ってみました。一応カレッジで投票権のない私が行って良いものかと先生に聞いてみましたが、「良い経験になるわよ~」とのことだったので遠慮なく会場へ。最初は外から眺めていましたが、ちょうど人が途絶えたので中に入ってみました。係りの人に「投票権はないんだけど見てても良いか」と聞いてみたら、親切にいろいろ声をかけてくれました。

さすがに写真を撮ったり投票用のコンピューターの近くへ行くのは遠慮しましたが、受付のすぐ先にあった投票の仕方などが書かれた紙などを見せてもらいました。投票の流れは、まず受付する前に自分の名前や支持する政党を記入し、それを係りの人に提出。あとはIDを見せて、共和党、民主党とそれぞれ分かれた投票者リストの自分の名前のところにサインし、受付でもらったアクセスカードを使ってPCで投票してました。住民票のないアメリカでは、事前にレジストレーションが必要なようです。大統領選というともう少し賑やかなイメージがありましたが、投票会場もとても静かな印象でした。朝から選挙カーが走り、あちこちにポスターが貼られまくる日本の選挙とはだいぶ違うんだなぁと思いました。

帰宅後は夫から夕飯はいらないとの電話が入ったので、NBAのPlayoff、New Orleans Hornets vs Dallas Mavericksの試合と予備選挙の結果を交互に見ていましたが、開票率が10%にもみたないところで「ヒラリー候補勝利」とアナウンスが入りました。事前予想でもヒラリー候補が勝利との見方が強かったPAですが、シニア人口が全米第2位だったり、いろいろな要因がヒラリー候補には追い風になったようです。それにしてもこれがまだ予備選挙だとは…。大統領になる前に体力使い果たしちゃいそうです…。
by ny-cafe | 2008-04-23 00:55 | NBA
NBA Playoff 2008
すっかり忘れていましたが、土曜日からNBAのPlayoffが始まっていました。今年Playoffに進出したのは下記の16チーム。

◆Eastern Conference
1 Boston Celtics  2 Detroit Pistons  3 Orlando Magic  4 Cleveland Cavaliers
5 Washington Wizards  6 Toronto Raptors  7 Philadelphia 76ers  8 Atlanta Hawks

◆Western Conference
1 Los Angeles Lakers  2 New Orleans Hornets  3 San Antonio Spurs  4 Utah Jazz
5 Houston Rockets  6 Phoenix Suns  7 Dallas Mavericks  8 Denver Nuggets


ファーストラウンドはレギュラーシーズンの成績が1位-8位、2位-7位、3位-6位、4位-5位という組み合わせでリーグに分かれて対戦。4勝した4チームがセカンドステージに駒を進め、さらにここで4勝した2チームによってカンファレンスファイナルが戦われます。ここで4勝したチームがそれぞれのリーグ優勝となり、最終的にはこの2チームでNBA Final がおこなわれ、これに4勝したチームがこの年の王者となるというわけです。王者への道のり、長いですね…。

今年は76ersも7位でPlayoff進出を果たし、初戦はなんとレギュラーシーズン2位のPistonsを90-86で下したようです。個人的には今年のSixersはお気に入りだったKorverも抜けてしまい華がないなぁと思うのですが、地元チームなのでやっぱり頑張って欲しいところです。ちなみにUtah Jazzのブルーのユニフォームを着てPlayoffを戦うKorverを久々に見ましたが、相変わらずトレードマークの長~いソックスは健在でした♪

でもなんといっても私の中での一番の注目カードは、San Antonio Spurs vs Phoenix Sunsです。Duncan率いる昨年の王者Supursも大好きですが、Sunsにはなんといっても一番好きなプレイヤーNashがいます。なんでこんなおいしいカードが、いきなりファーストステージなんかで当たってしまうんでしょうね…。どちらが勝ってもうれしい反面、どちらが負けても凹みそうです。

ちなみに去年のPlayoff、セカンドステージでだいぶしびれる試合を繰り返したこの2チーム、今年も初戦からものすごい試合をしていたようですね…。4th QT残り15秒でFinleyが3P。これが見事にきまってSpursは土壇場で93-93の同点とし、オーバータイムに突入。オーバータイムではDuncunが今期初となる3Pを決めて11-11の同点にし、さらにダブルオーバータイムへと突入。ここでも接戦を繰り返す両チームですが、残り1.8秒となったところで今シーズンの6th Manのタイトルを獲得したGinobiliがレイアップを決め、13-11としたSpursが大接戦の初戦をものにしたようです。Sunsにとっては、最後の最後で逆転される悔しい試合。ちなみにDuncunはこの日40ポイント+15リバウンドだったそう。こんなおいしい試合をすっかり見逃がしてしまったなんて、悔やんでも悔やみきれません(涙)。2戦目は明日火曜日の夜の予定。絶対見なければ!!
by ny-cafe | 2008-04-22 11:57 | NBA
Steve Nash
c0061496_5231924.jpg金曜日は久々にNBA観戦してきました。昨年妹と観戦したSpurs戦、Cavs戦もだいぶ興奮して帰ってきましたが、昨日の帰り道のテンションの高さ、比ではなかったです。何せ一番好きなNBAのプレイヤーが目の前で見えたのですから!最初にコート上のNashを見つけたときは涙が出そうになって焦ったほど。もう嬉しすぎて、あと10日くらいは大きな気持ちで過ごせそうです。Steve Nash、ますますファンになりました!

ちなみにSteve Nash、どんな選手かと言うと、2004-05、2005-2006の2年連続MVP。昨シーズンはMVPこそ親友のDirk Nowitzkiに譲りましたが、MVP投票では次点を獲得しています。2005年以降、3シーズン連続でNBAファーストチームに選出され、またアシスト王のタイトルも3年連続で獲得しています。ちなみに1試合あたりの平均アシスト数は2005年11.5、2006年10.5、2007年11.6。今シーズンも11.2アシストで、目下ランキング2位です(3/28現在)。


「背中に目がついてる」と言われるNashのパスは正確で、とにかくパス回しがうまかったです。そして素早い動きでボールをもらっては、隙間を狙うような鋭いパスを出す。もちろん自分でも打ちにいき、中でもスリーポイントの成功率は4割以上を誇るそう。去年のプレイ・オフ、Spurs-Sunsの第2戦をたまたま一時帰国中の実家で深夜にTV観戦しましたが、あんなに苦しめられてるSpursを見たのは、あとにも先にも初めてだった気がします。Spursは大好きですが、このときのNashのプレーはとても印象的で、是非一度試合を見たいと思いました。

ちなみに去年のプレイ・オフでのSpurs-Suns戦、Nashには不運に不運が重なりました。初戦は4th QtでTony Parkerと接触し、鼻を負傷。鼻血が止まらず、試合終了前の45秒という緊迫した試合では一番重要な時間帯にコートに戻れず、わずかな点差でSunsは敗れます。第4戦では試合こそものにしますが、SpursのRobert Horryによる悪質な体当たりを受けたNashが珍しく怒り、それを見たSunsの選手ふたりがベンチを離れ(NBAでは乱闘を助長する行為とみなされる)、5戦目の出場停止処分を受けてしまいます。もちろんファールしたHorryも2試合の出場停止処分を受けますが、主力ふたりを欠いたSunsは弟5戦を接戦の末に落とし、第6戦も連敗。既にMVPとカンファレンス優勝を経験し、残すはチャンピオン・リングの獲得だけとなっていたNashでしたが、ここで優勝への夢が途切れたとうわけです。

ちなみに、Wikipediaによれば「ナッシュ最大の長所としてチームメイトが頻繁に挙げるのが、彼のアンセルフィッシュで温厚な人柄」だそう。プライドの高いスター選手の中では珍しい存在。IversonやLeBronのような派手な選手もできることなら一度試合で見て見たいと思いますが、どうやら個人的な好みでいうと、Tim DuncanやSteve Nashのように、派手さはないけど堅実なプレーをする選手の方が好きなようです。

なお、Wikipediaには「ナッシュの能力が遺憾なく発揮され始めたのは、ナッシュがマイク・ダントーニ体制となったサンズに戻ってからである。『ボールを持ってから7秒以内にシュートを打つ』という非常にアップテンポで攻撃的なスタイルに、ナッシュは完全にフィットし、以降はチームの心臓として活躍している。チームメイトには優れたプレイヤーが多いが、ナッシュの存在がなければチームとして機能せず、事実ナッシュが欠場した時のサンズの勝率は極端に悪い」とありました。

確かにNashだけでなく、Sunsのボール回しはスピードが早く正確なのがとても印象的でした。Sixersはこのボール回しについていけてない上に、この日はポロポロとボールをこぼしすぎ。決定力不足もあり、1st Qtから終始圧倒されっぱなし。終わってみれば107- 93でSunsの圧勝で、一番おいしい試合終了間際の2分には、もうだいぶお客さんが帰りかけていました。久々にプレイ・オフ進出の期待がかかるSixersにとっては、勝率をひとつ下げる残念な結果となりましたが、相手がNash率いるSunsじゃ仕方ないですね…。

なお、父と弟がプロサッカー選手で、自身も高校(大学も??)までサッカーを続けていたというNashだけあり、何度かこぼれたボールを足で蹴る姿が見られたのがおかしかったです。

c0061496_5241246.jpgc0061496_5244168.jpg
c0061496_525863.jpgc0061496_5255894.jpg


そうそう、昨日の試合、Nash以外にももうひとりスーパースターのプレイが見れましたいました。2月の電撃トレードでMiami Heatから移籍したShaquille O'Neal、ファイナルMVPを3度も獲得した、こちらもスター選手です。身長216cm、体重147kg、足のサイズは40cmだそうで、身長191cmのNashと並ぶと頭ひとつ以上差があって、ゴール下ではまさにモンスターの貫禄でした。

でもそんなShaqが唯一可愛く見えるのがフリースロー。Wikipediaによれば「成功率は毎年50%前後で、フリースロー専門のコーチがついても然程改善されなかった」そう。この日も7本中成功したのは3本だけ。思わずビデオモードでフリースローを撮影してしまいました。

c0061496_552994.jpgc0061496_5482013.jpg


c0061496_545942.jpgちなみにフリースローが下手な選手に対し、意図的に選手の手を叩いてファールするという戦略があります。1990年代頃から使われるようになったそうですが、1999年にShaqに対して実行され大成功。その後Shaqと対戦するチームではしばしば使われるようになり、語呂のよさからHack-a-Shaq(ハック・ア・シャック)と呼ばれるようになったそうです。Shaqのフィールドゴールの成功率は6割前後。フィールドゴールの成功率の方が良いとは、なんだかShaqらしくて笑えます。


なお今回のチケットを手配するまで、実は色々ありました。ひとりでNBA観戦する踏ん切りがなかなかつかず、躊躇しているうちに前日に。去年のCavs戦のチケットが直前でも良い席で手配できたので、きっと今回も何とかなるだろうくらいに思っていましたが、金曜日の夜ということもあり、既に$170のリンクサイドのClub Seat以外完売。「もしかしてシステムのエラー??」なんてご丁寧に会場のWacovia Centerまで電話して確認しましたが、やはり$170のチケット以外席はないとのこと。「さすがに$170は高いなぁ…、でもNashはどうしても見たいし、いざとなったら日本の私名義のクレジットカードできれば問題ない??」などと半日悩んだ末に、前日深夜に再びネットで空き状況をチェック。なんと$115のCenter Seat、しかもSixersの選手が出入りする通用口横のSection102、前列2列目という席が出てきてびっくり。即効で手配しましたよ。

ちなみに我が家から会場のWacovia Centerまでは片道65マイルほど。試合開始の1時間前には着くように出発しましたが、この日は渋滞にはまり、会場に着いたのは6:15過ぎ(涙)。おかげで試合前のアップはほとんど見れず、Sunsに大接近することも叶いませんでしたが、試合直前は柵にへばりつき、コート入りするSixersの選手たちと片手ハイタッチできました♪試合中もすぐそこにNashが見えたし、Sixersのベンチにも近かったため、監督の声も聞こえました。我が家には決してお安い出費ではありませんが、来年もSuns戦かNagets戦で、この席を手配したいです。

なお、昨年8月の日記に、「3/15 Sat vs San Antonio、3/19 Wed vs Denver、 3/28 Fri vs Phoenixが観たい」と書きましたが、ちょうどこの期間を狙ったように、夫は3/14~29まで日本に出張。仕事だから仕方ないと頭では分かりつつ、最初に出張の話を聞いたときは「嫌がらせか??」と耳を疑いました。Denver戦はIverson人気から早い段階で完売していたのでどっちにしても観戦できず、Spurs戦は去年観戦したからと諦めがつきましたが、Nashだけは諦めなくて良かったです。というわけで、ひとりNBAという壁も越えられたことだし、来シーズンは思う存分NBA観戦しようと思います。
by ny-cafe | 2008-03-30 06:43 | NBA
Love NBA Store
c0061496_2057938.jpg婚姻証明書をもらうため、7月末の月曜日、マンハッタンに出かけてきました。週末に夫と共にロングアイランドに出かけていたため、この日は久々にLIRR(Long Island Rail Road)でマンハッタンまで向かいましたが、お天気は朝からあいにくの大雨(涙)。地下鉄の駅を降りて領事館へ向かうまでの間に、足元はびしょ濡れになってしまいました。おかげですっかり戦意喪失し、あちこちひとりで回る予定はあっさり断念。ランチを取ったあと、NBA Storeだけのぞいて撤収しました。久々のひとりマンハッタンだったのに残念です。

でもNBA Storeでは06-07 Chanpionとなった、San Antonio Spursの優勝記念グッズを発見♪遅ればせながら、「2007 NBA Champions Spurs」という文字の入ったパーカーを着たChampionsベアをふたつと、Spursの優勝記念ピンバッジ(3点セット)を購入しました。我が家的にはだいぶ痛い出費になりましたが、「記念モノ」ということで大目に見てもらうことにしました。もちろん勝手に…。ちなみにChampionsベアのひとつは、NBA好き、Spurs好き(Sixsesも好きになったらしい)の妹のお土産にするつもり。楽しみにしてるように~(笑)。

そうそうNBAといえば、2007-2008年のスケジュールが発表されました。王者Spursはもちろん、アイバーソンとカーメロ・アンソニーのいるDenver Nuggets、レブロン率いるCavs、ナッシュ率いるSunsはどうしても観たいと思っていましたが、いずれもSixersのホームゲームは1試合のみ。おまけにSpursもNuggetsもSunsも3月まで来ないし、Cavsにいたってはシーズン終了間際の4/14まで来てくれない(涙)。Spurs戦以外は平日の試合なので、どうやって夫を説得するかも頭の痛いところ…。というわけで、まだ少し先だと思われますが、駐在終了後の日本でのゴルフ回数券で取引しないか夫にメールしてみました。ふふふ、これを出すってことは、ワタクシかなり本気ですわよ。

c0061496_2057406.jpgちなみに私的においしいなぁと思うのは3月末の下の2週。妹が遊びに来てくれれば、あっさり話がまとまるんだけどなぁ…。
3/15 Sat vs San Antonio
3/19 Wed vs Denver

3/22 Sat vs New Jersey
3/26 Wed vs Chicago
3/28 Fri vs Phoenix


写真は雨の日のマンハッタンスタイル?街中を歩いてる間にも、長靴+レインコートというスタイルの人を何人か見かけました。カラフルな長靴がとっても可愛かったです。
by ny-cafe | 2007-08-04 00:00 | NBA
Spurs優勝!
ここ最近ずっと楽しみにしていたNBAのPlayoffs。木曜日の晩にSpurs対Cavsの第4戦が行われ、1点差でSpursが勝利!この結果、Spursは4連勝(Sweep)で、2006-07年のチャンピオンに決定しました!!

今年のNBA Finalは最初の2戦をSpursの本拠地であるサンアントニオで行い、その後クリーブランドで3戦、最後は再びサンアントニオへ戻って2戦行われる予定でしたが、Spursは1度も試合を落とすことがなかったため、敵地クリーブランドで優勝を決めることとなりました。きっとSpursファンは、目の前で優勝する姿を観たかったでしょうね~。私的にはSpursの優勝が決まって嬉しい反面、あと2戦くらいは観たかったなぁと…。

ちなみに昨日の試合、3rd QTが終わって60-52でSpursがリード。しかし粘るCavsは4th QT残り6分で逆転に成功。観客は総立ちでCavsの応援を続けましたが、Cavsの反撃もここまで。経験も実力も勝るSpursが、再びじわじわと点差を広げていきます。

残り時間1分を切ってからはCavsもファールで時計を止めて必死で食い下がりましたが、Spursはファウルで得たフリースローをことごとく決めていきます。そして残り1.9秒でCavsがファールで再び時計を止めますが、このフリースローをSpursが2本とも決めて4点差に。この瞬間、Spursの優勝が決まりました。ちなみに最後はCavsがロングパスから3ポイントを入れますが、あと1歩のところで、Cavsは勝利をもぎ取ることができませんでした。

ちなみにNBA Finalの結果と、SpursのBig3の得点は下記のとうりです。
第1戦 Cavs 76 - Spurs 85
第2戦 Cavs 92 - Spurs 103
第3戦 Cavs 72 - Spurs 75
第4戦 Cavs 82 - Spurs 83

第1戦 Parker 27点、Duncan 24点、Ginobili 16点
第2戦 Parker 30点、Duncan 23点、Ginobili 25点
第3戦 Parker 17点、Duncan 14点、Ginobili 3点
第4戦 Parker 24点、Duncan 12点、Ginobili 27点

ちなみにCavsの怪物LeBron Jamesの得点は、第1戦:14点、第2戦:25点、第3戦:25点、第4戦:24点。マッチアップしていたSpursの名ディフェンス、Bowenに苦しめられながらもチームを引っ張りましたが、経験も選手の層も上をいくSpursの前に、最後まで苦しめられる結果となってしまいました。

ちなみにPlayoffsのMVPは、予想どうりSpursのTonny Parkerに決定しました。DuncanやGinobiliが不調の時も、この人は常に安定した活躍を見せました。試合後、婚約者と抱き合っていましたが、彼女はNBA Finalも全戦観戦したのでは?試合中、Perkerの映像のあとで時々映し出されていましたが、敵地でCavsファンに囲まれながらも堂々とPerkerやSpursを応援してる姿は、ちょっとカッコよかったです。

というわけで、これでNBAの2006-07シーズンは終了。当分試合は観れませんが、秋から始まる次のシーズンに備え、私も色々戦略を練ることにします(笑)。
by ny-cafe | 2007-06-15 14:00 | NBA
NBA Final 第1戦
木曜日の夜、Spursの本拠地San Antnioで第1戦が行われました!この日のSpursはCavsの怪物LeBronを徹底的にマーク。NBAナンバーワンのディフェンス力を大いに発揮し、Le Bronを前半わずか4得点(いずれもフリースロー)に押さえました。スコアの方は1st QT:CLE15-SAS20、2nd QT:CLE20-SAS20。前半を35-40で折り返すと、3rd QTもCLE14-SAS24とSpursnがコツコツと点差を広げる試合運び。4th QTはCLE27-SAS21とCavsが必死に追い上げますが、さすがに15点の得点差をひっくり返すことはできず、終始を優位に試合を進めたSpursが86-76と幸先の良い1勝目を上げました♪

ちなみにこの日のSpursのポイントは、Perker27得点、Duncan24得点、Ginobili16得点と、この3人で67得点をたたき出してます。何となくいつもよりシュートが決まらないように見えたのですが、そこはさすがはNBA Finalといったところなのでしょうか??

c0061496_2111170.jpg左はSpursのDuncanとPreker。試合中Perkerが放ったボールをDuncanがアリウープで決めようとしましたが、リングに当ててゴールは決まらず…。その後Duncanが「ごめんよ~」みたいな感じで笑いながらPerkerの頭をを引き寄せてるシーンですが、なかなか微笑ましい光景でした(笑)。

Spursの大黒柱といえばやはりDuncan!なのですが、Tony Perkerも素晴らしいGardです。いったいどこに目がついてるんだろうと思ってしまうような角度でパスを出し、自らも中に切り込む。シュートも正確です。

ちなみにWikipediaによれば「強気なゲームメイクと相手守備を切り裂くスピードが持ち味。身長は188センチでNBA選手としては小柄だが、インサイドでの得点も多い」とありました。SunsのNashやLakersのKobeなど、Gardには凄い選手がたくさんいるため、なかなかAwardなどは取れませんが、今年もAll Starに出場したし、何よりDuncanとの息もぴったり!Finalは彼のゲームメイクに大いに期待のかかること間違いなしです。

そしてもうひとり忘れてはいけないのが、同じくGardのGinobili。6thマンなので基本的にはベンチスタート、プレイ時間もParkerに比べて短いのですがですが、競ってる試合でこの人が放つ3Pほど頼りになるものはない。そしてシュートを打つ姿がきれい!

Wikipediaによれば「運動能力は標準的で、身長も198cmと決して高くないジノビリの最大の武器は、抜群の安定感を誇るドリブルでのペネトレイトである。『普通の選手とは違うジグザグした動き』と評されるジノビリのペネトレイトは、瞬時に相手ディフェンスのスキをついてリングに向かい突っ込んでいくというもの。ディフェンスは彼の動きを読めず、ゴールを許すか、ファールを侵してしまう。その上、一般的に守り辛いとされる左利きの選手なので、なおさら止めることが困難になる。また、外からのシュートも得意で、少しでも離すと3ポイントシュートを決められてしまう」とのこと。

今年はSunsのLeandro Barbosaが6thマンとしてAwardを受賞しましたが、Ginobiliは次点でした。この上なく頼れる6thマンであること間違いなし!Finalでも彼の決める3Pがたくさん見られことに期待です♪
by ny-cafe | 2007-06-08 13:23 | NBA
Spurs vs Cavsに決定!
今日は昼から今年初めてのBBQをしました。今回のお客様はアメリカ人2名、中国人1名、日本人4名。日本人以外の方には何を出したらよいかわからなかったのと、男性がほとんどだったので、いつもより多めに用意してみました。

中心メニューは学生時代の居酒屋バイトで腕を磨いた夫に任せ、焼き鳥とつくねに決定。あとはソーセージ、チャーシュー、マッシュルームのガーリックバター詰め、えびとアスパラのガーリックバーター炒め、チコリとゴルゴンゾーラのサラダ、ピクルス、炊き込みご飯を用意。デザートは小豆で食べてもソーダでわって食べてもいけるよう、白玉のいちご&ラズベリー添え(?)にしました。一応ステーキ用のお肉も用意しましたが、今日は暑くてビールがすすんだせいか辿り着かず…。1.5kgのステーキ肉をどうしたものか、目下思案中です(笑)。

ちなみに夫の作る焼き鳥とつくね、結構おいしいです♪時々気が向いたときにオーブンでつくねを作ってもらうことがありますが、直火で焼いたつくねは格別。夏の間にあと何度かお願いしたいものです♪

それにしても、今日は初めてアメリカ人の若い女性と話ができて嬉しかったです。アメリカに住んでいるものの、現地の方との交流はほとんどなく、たまに英語で話をするのはESLの先生か大家さんくらい。若い女性と隣り合わせて会話をしたのは初めてです!とってもかわいらしい方で、聞き取れない、単語がわからない、言いたいことが伝えられないという弊害はあったものの(涙)、思いのほか楽しく過ごすことができました!仲良くなれると良いなぁ…。


BBQがお開きになった後は、8:30からTVの前へ。今日はNBAのEastern Final第6戦がありました。Pistons対Cavsの試合は1戦目からかなり熱い戦いで、これまでの結果は第1戦DET 79-CLE 76、第2戦DET 79-CLE 76、第3戦CLE 88-DET 82、第4戦CLE 91-DET 87、第5戦CLE 109-DET 107という内容。試合終了直前までどちらが勝つか分からないという、とってもストレスのたまるゲームを繰り返していました。

そして3-2とCavsリードで迎えた今日の試合。Cavsが勝てばNBA Final進出が決まる試合だったため、本拠地でNBA Final進出を決めたいCavsが若干優位に試合をすすめていました。それでも3rd QTまではどちらも譲らず、スコアは1stQT DET21-CLE27、2ndQT DET27-CLE21、3rdQTDET18-CLE19と1点差。このまま僅差の勝負をするのかと思いましたが、4thQTはPistonsのシュートがなかなか決まらず、ミスやファールも相次ぎDET16-CLE31という結果に。82-98でCavsがWestern Finalを制しました。

ちなみに第5戦でPlayoffsのキャリアハイとなる48得点をあげたLeBronは、本日も攻守にわたって大活躍。素人目にも凄い選手だということが良く分かりました。


ということで今年のNBA Finalは、4-1で早々に試合を決めたTim Duncan率いるSpursと、怪物LeBron率いるCavsに決定!なんと妹が遊びに来た際に観戦したSixersの対戦チームが、NBA Finalで戦う結果になりました♪他のチームはほとんど選手の顔も名前も分かりませんが、この2チームとSixersだけは分かります♪今からNBA Finalが楽しみ。おいしい試合を選んでくれた妹に感謝です!(LeBronは怪我で欠場だったけど…。)
by ny-cafe | 2007-06-02 23:58 | NBA
NBA Draft Lottery
またまたNBAの話。Playoffsの真っ最中の昨晩、2007年のDraft Lotteryが開催されました。NBAのドラフトは、基本的に昨シーズンの成績が悪かったチームから順に指名していきますが、既にPlayoffs進出の望みを絶たれたチームが、有望株の新人を獲得するためにわざと手を抜くのを避けるため、ドラフト1巡目の上位3つの指名権は、Playoffsに進出できなかった14チームがくじ引きをして決めることになっています。

このくじ引きという方法がなんともアメリカらしいのですが、まず1-14までのピンポンボールを専用の機械の中に入れ、そこから4個のボールを抜き取ります。この4つ数字の組み合わせは1001通りあるそうですが(順番は無視)、そのうち1000通りの組み合わせを、レギュラーシーズンの成績によって事前に各チームに割り当てておきます。今年度はシーズンの成績が最下位だったMemphisが250通り、その次のBostonが199通り、Milwaukee156通り、Atlanta119通り、Seattleが88通りといった具合に割り当てられました。ちなみにSixsersの成績は30チーム中19位で、わずか9通り、18位のNew Orleansは6通り、17位のLA Clippersは5通りの数字の組み合わせしかもらえません。

つまり、確率的に言えば成績が悪かったチームほど1位指名権を獲得するチャンスが大きくなるのですが、勿論確率通りにいかないのがLotteryのおもしろいところで、実際に1993年のDraft Lotteryでは、シーズン成績17位のOrlando Magicが奇跡ともいえる確率で1位指名権を獲得しました。さすがに昨日はそこまでの奇跡は起こりませんでしたが、シーズン成績26位だったPortlandが53/1000の確率を引き当てて、ドラフト指名権1番目を獲得しました。

ちなみにその後2位、3位の指名権も再びボールをマシンに戻して行わますが、今回は2位指名権をSeattle、3位指名権をAtlantaが引き当てました。シーズン成績が下から6番目、5番目、4番目のチームが1位、2位、3位を引き当てる結果となったため、シーズン成績ワースト3のMemphis、Boston、Milwaukeeは4位、5位、6位とそれぞれ指名順位を下げ、あとはMinnesota、Charlotteとレギュラーシーズンの成績の悪かった順に指名していくこととなります。(Playoffsの成績は関係ない。)ちなみにLotteryが適応されるのは、1順目の3位指名までで、2巡目に関しては成績の悪かった順に順次指名していくようになります。

というわけで、Sixsersは1巡目も2巡目も12番目の指名ということになりますが、2巡目、つまり41位の指名権は既にMinnesotaに譲ってしまっているためありません。かわりに21位指名権をDenverから、30位指名権をDenverとGolden State経由でDallasから、さらに2巡目の38位指名権をChicago経由でNew Yorkから獲得しているため、 60のドラフト指名権のうち12、21、30、38の4つの指名権を持っているようです。日本のプロ野球のドラフトでは考えられないですよね…。

ちなみに日本のプロ野球のドラフトと違い、ドラフトされる選手には逆指名権が与えられていません。また、既に指名された選手は他のチームが指名できないので、有望な新人ほど弱いチームに入ることになります。こういった場合、日本では希望する球団ではないとしてプロに行くのを先送りにしたりもめたりするケースがありますが、NBAの場合は新人でも2~4年で移籍できるそうで(選手の契約内容による)、中にはシーズン前にトレードに出されてしまうほ選手もいることから、ほとんどの選手が指名されたチームに入団するようです。

実際多くのスター選手を輩出した2003年のドラフトでは、Cleveland、Detroit(From Memphis)、Denver、Toronto、Miamiの順に指名し、それぞれLeBron James、Darko Miličić、Carmelo Anthony、Chris Bosh、Dwyane Wadeを獲得しました。DetroitはMemphisから指名権が譲られ、またDarko自身もその後移籍してしまったので例外とますが、2002-2003年のシーズン成績が29位だったClevelandをはじめ、30位のDenver、28位のToronto、27位のMiamiは、今シーズンいずれもPlayoffsに進出しています。特にLeBron率いるCavsは現在Detroit相手にEastern Finalを戦っている真っ最中です。ドラフトがその後のチーム作りに意味を持つことは明らかでしょう。

ちなみに今年のドラフトで最も目されているのは、Ohio StateのGreg Odenだそうです。彼は2006年のドラフトでも注目されていましたが、2005年7月に決められた新労使協定で「2006年のドラフトから高校卒業後1年間はドラフトできないという」ルールが定められたため、NBA入りを1年待たざるを得ませんでした(NBAでは在学時のドラフトも可能)。なお、今年のドラフト予想はこちら。オフィシャルサイトに堂々と予想を載せるのも、日本ではありえませんね(笑)。1位指名権を獲得したPortlandは、予想どうりOdenを獲得するのでしょうか?来月のドラフトが楽しみです。


なお、Playoffsの方はというと、日曜日に行われたEastern Final第1戦は、試合終了間際までどちらが勝利するかわかならない緊張した試合を、Pistonsが3点差で押さえて勝利。火曜日のWestern Final第2戦は、Spursが106-95で勝ち、2-0とJazzをひき話す結果となりました。NBA、まだまだ当分熱いです。
by ny-cafe | 2007-05-23 23:51 | NBA