m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
常夏の家??
先週4日ほど家を空けて戻ってきたら、家の中が冷蔵庫になってました…。我が家のセントラルヒーティングに問題がありだということは何度となくこのブログにも書きましたが、今回はかなり重症でした。

留守にするからと低めの温度で設定して出かけたのが敗因なのですが、間もなくボイラーが止り、そのまま復旧できなくなりました。


今年は比較的暖かいとはいえ、初雪の降った冬のNYで暖房なしはかなりしんどいです。普段は暑がりの旦那も、この日はカイロを腰に張り、ジャンバー(?)を着たまま頭から毛布をかぶって寝てました。普段から寒がりの私にいたっては、ブランケットに包まったまま、ハロゲンヒーターの前からほとんど動くことができませんでした。送別会でもらった「湯たんぽ」が、この上なくありがたい夜でした…。


幸い土曜日にもかかわらず、翌日オイル会社が来てくれて何とか暖房は動くようになりましたが、All or
Nothingという状況がずっと続いていたようで、配管だかポンプだかを代えないといつまた止るかわからないそうです。昨年の冬、毎月$400ものオイル代の請求が届いたのはこのせいだったようですね…。


というわけで、大家さんがオイル会社と調整してくれて、水曜日に修理してもらうことになりましたが、それまでは再びあの寒さを体験したくないので、ボイラーの止まる25度から温度を下げることができません。


…。
我が家は土曜日からもう4日間、常に25度で暖房が動き続けてます…。


いくら冬のNYとはいえ、4日間、キッチンからバスルームにいたるまで家中25度で暖房が働き続けたら、これはこれでかなりしんどいです。おかげさまでこの4日間、私はキャミソールに短パンという服装で、窓を開けて暮らしています。すでにとっくに曲がり角を越えた肌にはかなり痛い状況です(涙)。旦那にいたっては拷問以外のナニモノでもないようですが、大家さんが電話をくれるたびに、「寒くないか?」とか「お湯は出るか?」と心配してくれるのが救いです(笑)。あと半日、我慢するとしましょう。
by ny-cafe | 2005-11-30 18:52 | アメリカ生活
Christmas Tree
c0061496_17372347.jpgThanksgivingも終わり、NYは本格的にクリスマスカラーに染まりつつあります。我が家の周りは小さな子供がいる家が多いせいか、気の早いお宅が何軒か家のデコレーションを始めました。お気に入りのテレビ局、HGTV(Home&Garden)ではしょっちゅうクリスマスのデコレーションについて特集してるし、ポストにもクリスマス関連のチラシがたくさん入ってきます。

すっかり刺激された私は、土曜日から少しづつ家の飾り付けを始めましたが、日曜日にはついにもみの木を購入し、ツリーの飾り付けをしてみました。ほのかに香るもみの木の匂いが充満して、なんだかとても幸せな気分です。

寒い寒い冬のNYですが、クリスマスだけは特別です。今年は家の電飾にも挑戦して、Holiday Seasonを楽しみたいと思います♪
by ny-cafe | 2005-11-28 17:37 | アメリカ生活
Thanksgiving Day
11月の第4木曜日、つまり今週の木曜日はThanksgiving Dayです。Thanksgivingというと七面鳥にクランベリーソースぐらいしか浮かばない私ですが(←食べたことはない)、実はこのお祭りの歴史は長く、1620年にメイフラワー号に乗ってやってきたイギリス人清教徒たちが、アメリカ人の先住民によって助けられたことに由来するようです。

1620年12月26日、新天地を求めマサチューセッツ湾にやってきた清教徒は、冬の寒さや食糧不足、伝染病の流行などから、到着後半分近くが命を落としてしまったのだそうです。そのあまりの悲惨な状況を見かねた先住民のインディアンたちは、彼らにとうもろこしやかぼちゃの作り方、それに狩猟の方法などを教えます。こうして翌年11月、秋の収穫を迎えることができた清教徒は、神の恵みと先住民に感謝し、先住民を招いて七面鳥や収穫物を振る舞い、これが感謝祭の始まりとなったそうです。

ちなみに現在では家族や友人など、さまざまな人や事柄に対して感謝する日となり、日本の盆や正月のように、家族や親戚が集まり、七面鳥やパンプキンパイなどの伝統的な食事を楽しむようです。

NYではこの日、毎年恒例のMaycy'sのパレードが開催されます。残念ながら今年は見に行くことができませんが、アメリカにいる間に1度は見に行こうと思っています。ちなみにTnhanksgiving当日は、公共機関はもちろん、お店やレストランなどお休みとなるところが多いようですが、翌日の金曜日はブラック・フライデーと言われ、あちこちで朝早くからバーゲンセールが行われるそうです。

というわけで、アメリカはまもなく本格的にHolidayシーズンの到来です。我が家は結婚式からちょうどまる1年ということで、また1週間ほど更新をお休みしますね!
by ny-cafe | 2005-11-21 16:56 | 祝日
Heckscher State Park
c0061496_16504192.jpg土曜日も、ロングアイランドはよいお天気でした。空気は冷たかったものの、旦那は朝からどこかに出かけたくてうずうずしている様子・・・。そこで卵好きの旦那を一度連れて行きたかった近くのレストランで軽めのランチを取り、打ちっぱなしへ出かけましたが、あいにく人工芝の張替え中で本日は休業…。

せっかくなので地図を眺め、近くにあったHeckscher State Parkへ出かけてみました。


c0061496_16565847.jpgHPによれば、ここは年間100万人以上もの観光客が訪れるそうで、夏にはビーチやプールで遊べるほか、ハイキングやBBQ、それにキャンプを楽しむことができるようです。(ちなみに冬はクロススキーができるらしい…。)

さすがに今日は人影もほとんどありませんでしたが、広い広い敷地の中で、最後の紅葉(ほとんどが落葉だったけど)を満喫することができました。ちなみに左は公園内で見かけた鹿、たぶん野生です。

c0061496_16445175.jpgc0061496_16443891.jpg
by ny-cafe | 2005-11-20 16:45 | I love Long Island
Mohonk Mountain House
c0061496_856188.jpgすっかり遅くなりましたが、先月出かけたMohonk Mountain Houseの写真をアップします。

NYから北へおよそ90マイル、広大な手付かずの自然の中に突如現れるのが、130年以上の歴史を誇るMohonk Mountain Houseです。もともとはハイキングでShawangunk Mountainsを訪れたAlfred Smileyが、このあたりの景色をひどく気に入って双子のAlbertと始めた客室10室の小さなホテルだったそうですが、現在は500室もの客室を誇るまでに成長したそうです。

ガイドブックによれば「自然の中で体と心をリラックス」という開業当時のモットーが今なお引き継がれ、人気を集めているそうです。

近代ホテルのような華やかさはありませんが、ビクトリア朝のお城のようなホテルは、美しい紅葉に囲まれ、まるで時が止まったような優雅な雰囲気が漂っていました。


c0061496_824984.jpg残念ながら、今回は事前にあまり調べずに出かけてしまったため、見逃したものも食べ逃したものもたくさんありますが、美しい紅葉を思う存分堪能できたので良しとしましょう。

ちなみに、我が家はゲートでひとり$16の入場料を払い、すぐ近くの駐車場に車を止めて、ホテルまでの山道をハイキングしました。ホテル内のランチビュッフェを予約すれば、入場料は要らないのだそうです。次回はランチもお願いしましょう♪


c0061496_823552.jpgc0061496_1583261.jpg


c0061496_8555220.jpgc0061496_8571663.jpg
by ny-cafe | 2005-11-19 08:57 | Travel☆Travel
MISSING CAT
c0061496_18291818.jpg夏前に店じまいしたスーパーのあとに、新しいお店ができていたのでのぞいてみました。全く期待していなかったのですが、意外にも野菜や果物類は充実してるし、お寿司コーナー(巻物だけ)もある!お魚コーナーが清潔なのも嬉しい限りで、今後はたびたびお世話になること間違いなしです。

左はお店の入り口に張ってあった探し猫の張り紙です。こんなかわいい猫の写真を撮るくらいだから、飼い主はさぞかし大切にしていたのでしょう。

We are heartbroken and miss
her teribly.
という一文が泣かせます。
見つかると良いのですが…。
by ny-cafe | 2005-11-17 12:55 | アメリカ生活
UNIQLO in SOHO
c0061496_158188.jpgSOHOに期間限定のUNIQLOショップがオープンしたそうです。今年から本格的にアメリカ参入を図ったUNIQLO、ニュージャージーに出店する前にも、マンハッタンに期間限定ショップを出したようですが、今回は「UNIQLO Holiday in SOHO」の名で1月末まで営業する予定だそうです。

写真はオープン前日の11日(金)に、偶然写したもの。旦那さまのクリスマスプレゼントはここで決定か?さすがに怒りますかね(笑)。

UNIQLO Holiday in SOHO
76 Greene Street
(Between Spring and Broome St.)
Phone:1-646-283-8029
by ny-cafe | 2005-11-15 13:32 | Let's go Manhattan
秋のOld Westbury Garden
c0061496_10113998.jpg日曜日は、前から行ってみたかったOld Westbury Gardenへ出かけてきました。

ここはJohn Phipps (1874-1958)と妻のMargarita(1876-1957)によって1904年に造られたチャールズ2世様式の邸宅(夏の館??)&庭園で、160エイカーもの敷地には、Westbury Houseをはじめ、庭園や池、並木道が配置され、中でも英国式庭園はアメリカでは最初のものだとも言われるそうです。

下は簡単な園内の地図ですが、これでも敷地の2/3から半分ほどだそうです…。
いったいどのくらい広いのか…。まったくもって想像できません。c0061496_11514585.jpg
ちなみに地図上の左にある四角い建物がWestbury Houseで、このページの1番上の写真は、地図上の1の場所から撮影しました。地図でもわかるとおり、ここからは長い長い並木道が続いています。

c0061496_1230499.jpg一方こちらはWestbury Houseの玄関です。このページの一番上の写真からみると、ちょうど反対側になります。

左下の写真のように玄関の上の部分、ちょうど2階の階段ホールから張り出す形でテラスが設けられています。テラスの外に出ることはできませんでしたが、テラスの手前からは、下の写真のようにはるか先まで広がる緑の芝生と、雄大な景色を楽しむことができました。

c0061496_12235420.jpgc0061496_1012958.jpg

c0061496_10123095.jpgc0061496_12543944.jpg












館内は撮影禁止だったため、撮ってしまった2枚だけ…。2階の主寝室(右)とそのお隣のバスルーム(左)です。主寝室には1750年代に製作されたマホガニーの天蓋つきのベッドが置かれ、壁には4人の子供たちの写真が飾られいていました。バスルームは緑に統一され、大きな窓からはきっと外の景色がよく見えたでしょうね…。

なお、館内には高価な家具が置かれ装飾も見事でしたが、1階のDining Roomは特に圧巻でした。父のHenry Phippsがマンハッタンのタウンハウス用に造らせたものを1927年に移築したそうで、暖炉の上の装飾は17世紀の有名な木彫職人の手によるそうです。2階のBlue Guest RoomやChinese Chippendale Roomも、手描きの壁紙が張られていてとても素敵でした。

残念ながら今年は見ることができませんでしたが、ここはOld Westbury gardenと呼ばれるだけあって、4月のチューリップやデイジーをはじめとし、6月のバラ、7月の花菖蒲やスイレン、10月の菊と紅葉まで、四季折々の花や景色を楽しむことがでる場所としても有名です。さすがに今日はわずかにバラが咲いてるくらいで、庭園の花はほとんど枯れていましたが、それでも最後の紅葉を楽しむことができました。

なお、4/16~10/31までは水曜日以外毎日開園していたようですが、11月は6、13、20日の3日のみ一般開放されるそうです。ただし12月はクリスマスのデコレーションが施され、点火式の行われる3日をかわきりに、4、9-11、16-18と一般開放され、そのほかTea Partyなどのイベントも開催されるようです。詳細はこちらで確認してください。クリスマスのWestbury House、是非遊びに行ってみたいものです。

c0061496_10131333.jpgc0061496_10132477.jpg

c0061496_10133369.jpgc0061496_10134444.jpg
by ny-cafe | 2005-11-14 10:10 | I love Long Island
秋のロングアイランド
c0061496_9354762.jpg天気予報通り、秋晴れの1日。今日は最後の紅葉を楽しむため、島の東へと車を走らせてみました。

左の写真はランチを食べがてら立ち寄ったPort
Jeffersonの港です。ここからはBridgeport(コネチカット州)行きのカーフェリーが出ています。お天気が良かったせいもあり、1時のフェリーにはたくさんの車が乗り込んでいました。我が家も来年は、このフェリーでどこかに出かけたいものです。

その後、近くのモールでクリスマスショップをのぞいてみました。お店の中には豪華なクリスマスツリーがいくつもあって、旦那を外で待たせているのも忘れ、ひとりでずっと眺めてしまいました。寒くなるのはこの上なく嫌ですが、街中がクリスマスカラーに染まっていくのは嫌いではありません。我が家の近所にもクリスマスショップがオープンしたようなので、近いうちにのぞいてみようと思います。

c0061496_938657.jpgOnce Upon A Christmas
22 Mill Creek Road,
Port Jefferson, NY 11777
Tel:631-928-6357
onceuponchristmas.net

店内に飾られているツリーは、どれも溜息ものの美しさでした。とても真似はできませんが、今日はひとつだけ、雪をイメージした白いオーナメントを買いました。これからおばあちゃんになるまで、少しづつ増やしていこうと思います。

c0061496_9374975.jpgc0061496_9381884.jpg

c0061496_9371295.jpgクリスマスショップのあとは、この半年、非常にお世話になったRoanoke Vineyardへ向かいました。夏の間中たびたび出かけたので、お姉さんは私の顔を見るなり声をかけてくれました。ちょうどお気に入りのワインが出てるだけで完売だったこともあり、今日は9本もまとめ買いしてしまいました。

多分彼女、私のことよっぽど呑んべいだと思ってるでしょうね…。実は下戸なのに…。

c0061496_9382997.jpgc0061496_9383997.jpg

c0061496_1025839.jpg最後はOrient Pointまで足を伸ばし、人気のなくなったビーチをほんの少し歩いてきました。

Orient Pointは、ロングアイランドの東端、ちょうどカニの爪のように分かれた先にあり、ここからもNew London(コネチカット州)行きのフェリーが出ています。この冬はNew Port(ロードアイランド州)のクリスマスイルミネーションを見に行こうと思うので、今日は良い下見になりました。

c0061496_9372345.jpgc0061496_9373382.jpg
by ny-cafe | 2005-11-13 09:39 | I love Long Island
秋のマンハッタン
c0061496_13294815.jpg今日は久しぶりに、午後からマンハッタンへ出かけてきました。本日の目的はMoMAのFree Nightです。毎週金曜日の午後4時から閉館まで、MoMaは入場が無料になるのです。美術館も観光施設もお安くないNYでは、ありがたいシステムですね。

でもその前に…、せっかくなのでSOHOを散歩してみました。これまでひとりで行く機会がなかったので、気に入ったお店をのぞいたり、写真を撮って歩くのは久しぶりです。すっかり秋…、というか冬の景色に変わっていましたが、寒い季節のSOHOもなかなか雰囲気がありました。

もちろん夏のような明るさはありませんが、帽子やマフラーを上手に使ったコートの着こなしが、このエリアはとても似合うと思うのは私だけでしょうか。1時間ほどの短い時間でしたが、久しぶりにおしゃれな空気を味わった気がします。


☆左はSOHO GRAND HOTEL。右は散歩の途中で見つけたワイン屋さん。
c0061496_13293563.jpgc0061496_1330459.jpg

☆待ち行く人もすっかり冬支度です。右は6番ラインSpring駅周辺からの眺め。c0061496_13305684.jpgc0061496_13312663.jpg

☆アンディウォーホールのキャンベル缶のイラスト。c0061496_13303051.jpg
現代アートは全くわかりませんが、この画とモネ、ゴッホの画を見るだけでも、行く価値はあるかなぁなどと勝手に思っています…。

帰り際、向かいのデザインセンターに寄ろうと思いましたが、空腹に負け断念しました。

ちなみに今日は4時15分頃から列に並び始めましたが、15分ほどで中に入ることができました。

☆左は芸術的なMoMAの建物、右は夜のマンハッタン。2枚ともブレてます…。
c0061496_13301983.jpgc0061496_13305166.jpg

☆結局最後は食欲の秋。
c0061496_13463779.jpgc0061496_1330409.jpg
by ny-cafe | 2005-11-12 13:31 | Let's go Manhattan