m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2006年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
どうなる独立記念日??
早いもので6月も今日でおしまい、我が家のジプシー生活も明日でおしまいです。(ちなみに今はロングアイランドにいます。)アメリカは4日の火曜日が独立記念日でお休みなので、この週末は4連休となる方も多いことでしょう。我が家は1泊でボストンに行こうと画策していましたが、微妙な状況になってきました。

理由は至って簡単です。

…。
私が風邪を引きました(涙)。


しかもこの風邪、ただの風邪じゃないんです。先週の木曜日、前日まで風邪でお休みしたインドからの長期出張者の部屋で打ち合わせをしたところ、翌日旦那の声が見事にやられ、旦那の体の中でネチネチに悪化したのが(←なんとなくそう感じる…笑)私にうつったのです。

この1週間、一応言葉では「大丈夫??」などと旦那を思いやる姿勢を見せていた私ですが、心の中では「その風邪うつさないでよね!!」と密かに思っていたりして(笑)。幸いこの1週間、特に具合が悪くなるわけでもなく、食欲も落ちることなく過ごしていたので安心しきっていたら、今朝になりいきなりゲホゲホし始めました。


ちなみにのどが痛くて咳が出るだけで、今のところ熱はないのすが…、
よりによってこんな時期に風邪ひかなくてもよいのに…!!!
しかも今日はソフトシェルクラブを食べに行く予定だったのに…。


のにのにのにのに!!!
キー!!!!!!!!!!!!!!!!!


ということで(笑)、今日は午前中に最後の英会話のレッスンがありましたが、最初の10分だけ参加して、先生をしてくれたおばあちゃまと一緒にレッスンを受けていた奥様にご挨拶し、その後Traider Joe'sで夕飯用にRobster Bisque(先日お友達に教えてもらって以来はまってる)を買い込んでから、午後から遊びに行く予定だったお友達の家を襲撃し、今月産まれたばかりの赤ちゃんを遠巻きに見せてもらって、最後はこの間お友達に教えてもらったばかりの中華バッフェでランチ兼夕飯をテイクアウトし、退散してきました。

午後からは旦那に車を返してしまったので、数独しながらおとなしくベッドで過ごしています。さてさて明日はどうなるやら…。みなさま、夏風邪にはご注意くださいませ。


なお、独立記念日については去年の日記で書いたので、良かったらのぞいてみてください。それから新居は来週末までネットがつながらないようなので、1週間ほど日記をお休みします。それでは良い週末&連休を。
by ny-cafe | 2006-06-30 23:14 | 日々の出来事(in USA)
ワールド・カップ
ワールド・カップ ドイツ大会、残念ながら日本は完全燃焼できないまま終わってしまいましたね。我が家は引越に伴い、ロングアイランドの家はケーブルはつながっているけどTVがない、PAの新居はTVはあるけどケーブルに加入していないという状況で、完全に蚊帳の外にいるうちに終わってしまったという感じです。

一応日本代表の首に巻く細長いタオルは、鞄に入れてPAとロングアイランドを往復するときも欠かさず持っていたのですが、なかなか使う機会に恵まれず、ようやく観戦できたブラジル戦は、「えっ、今日だったの??」という感じで、結局一度も日の目を見ることなく封印されてしまいました。

今回はライブ放送されてるアメリカの番組(解説はスペイン語?)を観戦しましたが、あまりサッカーに詳しくない私ですら、やっぱりブラジルは強いなぁというのが正直な感想です。ヨーロッパのクラブチームで戦った経験のある選手が何人もいる今回の日本代表チームは黄金世代と呼ばれるそうですが、その欧州の有数のクラブチームで、常に試合に出場し、活躍し続ける選手を多数かかえるブラジルをはじめとする列強各国に並ぶとなると、やっぱりもう少し時間がかかるのでしょうね…。何はともあれブラジル戦、観戦できてよかったです。

それにしても、試合後中田選手がピッチで泣いていたそうですね。Jリーグに入団したときから、常に世界のものさしでサッカーに取り組んできた中田選手。彼が高校を卒業する前、夜のニュースで「全国大会に一番近かった男」というようなタイトルで特集が組まれたことがありましたが、まだ首も細く、ひょろっとしたイメージのあどけない高校生は、その後海外の体の大きな選手と競り合ったても倒れない、負けない体をつくりあげ、日本のトップ選手として走り続けました。

今回のW杯は色々難しい問題もあったようですが、彼のゴールに対する執着心、そして勝つことへの執念を、他の選手がもう少し共有することができたら、もう少し違ったものになったのかもしれませんね…、とネットのニュースを読みながら勝手に思っています。

ちなみに私は中田選手の同窓生(同級生ではない)なので、ニュースの読み方も中田選手寄りです。4年後の南アフリカでのW杯、引退などしないで、再び雄姿を見せてくれることを楽しみにしています。
by ny-cafe | 2006-06-24 14:03 | 日々の出来事(in USA)
mistymontさんと初ランチ
少し前までうっとうしいお天気が続いていたLong Islandですが、先週あたりから暑い日が続いています。今日も外の天気は何度くらいだったのでしょうか…。クーラーのないNorthportの我が家では、日曜日の晩からシーリングファンが大活躍です。学校も間もなく終業となるようで、日本よりひと足お先に夏到来といった感じです。去年はムシムシとひたすら暑かったNY、今年はどんな夏になるのでしょうか…。


さてさて、1日中ゴロゴロと過ごした翌日の火曜日は、旦那の車を1日借りて、あちこちお出かけしてきました。この日の最初の目的地は、我が家から15分ほどのところにある日本食レストランNISEN、目的はロングアイランド島便りのmistymonさんと初ランチです。


少し話が脱線しますが、普通アメリカで生活することが決まったら、多少なりとも自分が住む場所の情報くらいはネットで調べ、日本から持参したほうがよい物なども色々リストアップすると思うのですが、私はそういった準備を一切しないまま飛行機に乗りました。「行けばなんとかなるだろう」と軽~い気持ちで渡米してしまった私ですが、いざ生活を初めてみると「あれもないこれもない」の連続で、最初の頃は途方にくれることが多かったです。

最近は「代用する」という知恵も多少働くようになり、それ以上に「はなからあきらめる」とか、「さっさと開き直る」という得意技をひたすら披露し続けてますが、渡米したばかりの頃はどうしたらよいものか分からず、特に料理については完全にお手上げでした。何せもともと作れる料理がカレーにシチューに餃子に焼きそばに…、という小学校の家庭科レベル(汗)。いざ料理本を広げても、日本のレシピでは近所のスーパーでは手に入りにくい食材も多くて、最初の頃は25度以下に暖房設定のできない真冬の家で、キャミソールにTシャツ姿で鍋ばっかり食べていました。週に2日から3日のペースで鍋(しかももっぱら鳥鍋)、今思うとかなり痛いです(汗)。

ちょうどそんな時、こっそり拝見していたmistymotさんのブログで、おいしそうなハーブとお魚料理の写真を発見!!!我慢できずに「どこで手に入るのか教えてください」とコメントを書いたとろ、ぶしつけなコメントにも関わらず丁寧なお返事をいただき、その上Long Islandの情報が載っているサイトまで教えていただいてしまいました。

こうして始まったmistymontさんとのブログ上でのお付き合い、このブログを始めたあとも何度となく参考にさせていただいていますが、私が無精者なせいもあり、なかなかお会いすることができませんでした。今回は我が家が引越することもあり、お仕事の合間に時間を割いてくださり初ランチが実現しましたが、とても楽しくて、私的には良い意味でイメージを裏切られました。

私の中ではアメリカで仕事をしている女性というと、お会いする前、ろくにお話もしないうちからハイヒールで颯爽と歩くイメージ、活発な方、まさにキャリアウーマン!という先入観を持ってしまうのですが、mistymontさんはふんわりとした穏やかな印象を受けました。もちろんアメリカに渡ってお仕事をされているのですからしっかりした方には間違いないのですが、肩に力が入っていないというか、とても自然体なイメージでした。ちなみに最初の笑顔で悩殺された私、品のある、かわいらしい大人の女性だなぁと思いました。

結局ランチを食べながら1時間半ほどご一緒させていただきましたが、あっという間に時間が過ぎてしまってお開きに…。Long Islandのオフィスは我が家からそれほど遠くなかったようで、もっと早くにお会いしたかったと思いながらがらお別れしました。

おまけにこの日はお手紙と私の集めているOld Pyrexのポップなキャセロールまでいただいてしまい、申し訳ない限りです。以前ブログにコレクタブルのことを書いたときも、お友達のサイトを紹介してくださいましたが、こういう細やかな心配り、私も見習わなくてはと思いました。mistymontさん、火曜日はありがとうございました。とても楽しかったです。また是非ご一緒させてくださいね!



この日はその後、お世話になっている先輩奥様の家を襲撃し、そのまま別のお友達の家にお邪魔して奥さん仲間とキルトをしながらお茶をいただきましたが(私はお茶だけ…汗)、奥さん友達のひとりからも香りのよいキャンドルのセットと、貴重なマメの種ををいただいてしまいました♪もったいない病の私はキャンドルはなかなか使うことができそうにありませんが、新居に戻ったら早速飾らせてもらおうと思います。家庭菜園も頑張ってみますね!MFさんありがとうございました!

おまけににこの日はお邪魔したお宅で、夫婦揃って夕飯をご馳走になることに…。人を招くときは準備に2日は必要という私にはただでさえ真似できないお誘いなのに、旦那の大好物のクリームコロッケとポテトコロッケまで用意してくれ、朝ごはんのお土産までいただいてしまいました。もうひたすら感謝です。遅くまでお邪魔してすみません。ご馳走様でした!

ちなみに水曜日の今日は、午前中渡米以来夫婦揃ってお世話になってる先輩奥様がお宅によんでくださり、昼からは英語の学校が一緒だった別の奥様と大好きな日本食レストランKurabarnに出かけましたが、ランチ後またしてもお宅にお邪魔し、夕方まで居座ってしまいました。エアーベッド以外に柔らかいもののない我が家なので、今日は1日家から離れ、快適で楽しい時間を過ごすことができました。先週の荷物の搬入の日も、すでにPAに住んでるユウさんとMさんに差し入れをいただいてしまったし、今月は普段の何十倍もの輪をかけて、色んな方にお世話になりっぱなしです。みなさん甘えてばかりですみません。このお礼はいつか必ず!
by ny-cafe | 2006-06-22 08:55 | 日々の出来事(in USA)
引越終了
荷物の運び入れも無事終了し、新居での生活がスタートした我が家ですが、日曜日の晩から再びロングアイランドに戻ってきました。すでに旦那のゴルフセットとわずかな荷物以外何もない家で、今週は日曜日まで生活する予定です。

ちなみに旦那の仕事の都合でロングアイランドに戻ってきた我が家ですが、私も無理やり一緒についてきて正解でした。普段は家事なんて手を抜き放題の私ですが、さすがに引越直後の家にいても落ち着かないので、旦那が仕事に出かけてしまった金曜日は1日中荷物の整理をし、重いものを動かし、週末もちょこちょこ片づけをしていたら案の定腰を痛めました。

なにせ渡米後1年半の不摂生と運動不足がたたり、すでに木曜日の搬入の日にはヘロヘロになていたへなちょこな私…。(土曜日にAdamstownに出かける体力は別…笑。)今日は荷物の片付けもしなくてよいし、車もないので1日家にこもってエアーベッドでゴロゴロしながらネットをいじってますが、ちょうど良い休養日となりました。体力不足を痛感した今回の引越、生活が落ち着いたらウォーキングでも始めようと思います…。


ちなみに新居の方はどうなってるかというと、週末旦那が手伝ってくれたこともあり、段ボールの山もほとんどなくなりました。もちろん引き出しの中の整理など細かい作業はこれからですが、一応何とか生活できる状況にはなりました。新居はリビングから牧場(農場?)が見えるので、とてものどかです。落ち着いたら新居の写真をアップしますね。

そうそう、若干心配していた食器類でしたが、早速開封したところひとつも割れていませんでした。他のものも壊れているものはひとつもなし。丁寧に梱包してくださった引越屋さんに大感謝です♪
by ny-cafe | 2006-06-19 23:06 | 日々の出来事(in USA)
引越レポート
いよいよ引越当日となりました。10時頃から引越業者の方がふたりやって来て、最後の梱包作業を開始。昨日の段階でほぼ終了していたので、今日はベッドと外し忘れたカーテンレールを包んでもらい、あとは書類のやり取りを旦那にしてもらいました。12時頃にトレーラーが来るとのことだったので、私はそれまでダラーショップでお買い物をすることに。食器棚やキッチンの棚に敷くシートや、食器用スポンジなど、新居で使うものを買ってきました。引越当日にこういうものを買うあたりが、主婦業失格といわれる所以です(汗)。

c0061496_5164891.jpg近所のピザ屋さんでお昼を調達し、帰宅後旦那と段ボールの山の中で食べていると、担当のお兄さんが「車どかしてもらってよいですか??」と申し訳なさそうに言ってきました。旦那と外をのぞくと、ハイウェイなどで見かけるものすご~く巨大なトレーラーが、お隣の家の前に止っています。

「なんだこれ…。」


どうやらこのトレーラー、通常は車を1台づつ乗せて、2軒分の引越に使うようですが、今回は我が家の荷物だけ運んでいくようです。それほど近いエリアでなくても、例えば最初にペンシルバニアで降ろして、翌日はワシントンDCとか、もっと離れたエリアでも日程さえあえばまとめて運んでいくようですが、今回はうまく日程が調整できなかったのでしょうか…。荷物のひとつひとつに名前を書いてた理由が分かりました。

こんな機会はもうないだろうということで、荷物の搬入風景を撮ってみました。トレーラーに積み込む作業は別の会社の方が担当してるようで、腰にガード用の帯を巻いたお兄さんが4人がかりで、荷物を運び出してくれました。箱類は台車を使うので比較的短時間で片付きましたが、玄関の階段も台車ごと下っていたし、道路からトレーラーにかけたブリッジを上るときも勢いをつけて一気に運び込んでいたしで、食器が割れないかちょっとだけ心配です(笑)。

大きな家具は布でくるんでから運び出すので少し時間がかかりましたが、それでも1時間半ちょっとで家中から荷物の山が運び出されました。結局トレーラーの1/5くらいに荷物はまとまったようです。最後は大きな板を使って荷物がずれないように固定し、我が家から50メートルほどのゆるい坂道にトレーラーを移動して、そこで旦那の車を積み込みました。

ホントは私の車を運んでもらう予定でいましたが、何せ家の前の道路からドライブウェイに入るだけで底をこする厄介な車なので、旦那の車を運ぶことにしました。SUVなどの車高の高い車は比較的スムーズだそうですが、旦那の車はそれほど車高も高くなく無駄に長いので、お尻がつかえたり頭がつかえたりで、時々みんなで車を持ち上げたりしながら運び入れていました。みなさんホントにお疲れ様でした。

c0061496_51726.jpgc0061496_5171022.jpgc0061496_5172053.jpg

c0061496_51732100.jpgc0061496_5175586.jpg

c0061496_5181047.jpgc0061496_5182089.jpgc0061496_5183663.jpg

c0061496_5185580.jpgというわけで荷物の運び出しも終わり、我が家は明日の搬入に向けてこれから新居に移動です。ホントは途中で韓国系のスーパーに寄ったりして、手に入れにくい薄切り肉やお魚を調達したいところですが、旦那は今日も午後から打ち合わせだそうで、トレーラーが来るのを見届けてから私の車で仕事に出かけ、夜まで戻らないそうです。

家にいても掃除くらいしかすることはないし(大雑把に終了したことにした)、お昼寝したくても床の上では痛くて寝れません。車がないからどこにも出かけられないし…、とういうわけで、引越レポートなんぞ書いてみました。ちなみに明日は10時頃から搬入作業が始まるそうですが、旦那は私の車の登録変更とインスペクションをしに行くそうで、明日も引越放棄の見込みです。…。私ものんびり荷解きしようと思います。

c0061496_5184624.jpgc0061496_5293761.jpg
by ny-cafe | 2006-06-15 04:50 | アメリカ生活
準備完了
c0061496_11102110.jpgいよいよ引越Weekに突入です(笑)。月曜日はペンシルバニアの新しいオフィスに出かけ、PENNDOT(日本の陸運局と免許センターを兼ねるらしい)の出張サービスを利用して、免許と車の登録をNYからPAに変更してきました。

NYの免許を取得するときは、試験を受けなければならないこともあって色々厄介でしたが、今回は変更だけなので手続きも簡単でした。思い入れのあるNYのライセンスが失効するのは少し寂しかったですが、夫婦揃ってPAのライセンスを取得できました。

c0061496_11103159.jpgちなみに右の写真はPENNDOTの出張サービス車(上)と車のボディに描かれていたPAのライセンス見本(下)です。免許の見本がベンジャミン・フランクリンというのが、なんともPAらしいです。

この日は旦那の車だけですが、登録もPAに変更し、持参したドライバーを使ってその場でナンバープレートも交換してきました。インスペクションもすぐにでき、旦那はかなりホッとしたようです。引越自体もかなり面倒ですが、こういった引越に伴う手続きも厄介ですね…。



日付けが変わって本日火曜日からは、いよいよ引越作業が始まりました。すでに段ボール30箱くらいは荷造りし、その他のものもちょこちょこまとめてはいたのですが、家中のものを梱包するとなるとやっぱり大変ですね。

特に今回はほとんど何も処分せず、むしろ食料品なども大量に調達して持っていくので、大掛かりな引越となりました。家中のものがきれいにおさまるまで、4人がかりで4時間半…。夕方仕事から戻った旦那はあまりに変わり果てた室内の様子に「おお~」とか言っていました。自分たちで作業したら、いったいどれだけかかったことやら…。アメリカにいる間は、もう引越しはしなくてよいです。

ちなみに明日は家具類を毛布などで包んでから、一斉に荷物を引越トラックに積み込み、木曜日の搬入に向けて陸送するそうです。旦那は明日も昼から仕事だとか…。荷解き、頑張ってもらうとしましょう(笑)。

c0061496_10395172.jpgc0061496_10355888.jpg
by ny-cafe | 2006-06-13 23:36 | アメリカ生活
初夏のOld Wesubury Garden
c0061496_2391340.jpg土曜日は午後からOld Westbury Gardenへ出かけてきました。昨年の秋にもここを訪れましたが、紅葉もこれで見納めという頃だったため、ロングアイランドの誇る素晴らしい庭園を堪能することができませんでした。次回は度薔薇の時期に絶対訪れようと誓った私…。事前の調査不足ですでに見ごろは終わっていましたが、それでも甘い香りに包まれた、美しいひと時を楽しむことができました。

週末ということもあり、この日は結婚式も何組か行われていたようです。薔薇の香に包まれながらウェディングなんて、花嫁は幸せですね~。私もこんな館でウェディングがしたかったです♪

なお、館を見学する際は、入り口で日本語の案内を借りることができます。1枚しかないようで持ち帰ることはできませんが、参考になりました。Old Westbury Gardenについては、去年の日記秋のOld Wesubury Gardenでもアップしているので、よかったらそちらものぞいてみてください。

c0061496_23244083.jpgc0061496_235639.jpgc0061496_2345357.jpg

c0061496_2316491.jpgc0061496_23163531.jpgc0061496_23101335.jpg
c0061496_23102853.jpg

c0061496_23181943.jpgc0061496_23104544.jpg

c0061496_2344169.jpgc0061496_23203152.jpg

c0061496_2338478.jpgc0061496_23385723.jpg
by ny-cafe | 2006-06-11 13:33 | I love Long Island
遊びつくす!
c0061496_1354166.jpg金曜日は楽しい&おいしいイベントが盛りだくさんな1日でした。企画してくれたのは、お料理教室で一緒だったナイスなお友達3人です。4月に初めてお出かけして以来、お寿司を食べに行ったりRoslynを散策したりとちょこちょこ遊んでいただいていますが、今回は水面下で色々調整してくれ、笑いっぱなしの1日を過ごすことができました。早速日記をアップします。

◆6月9日(金)◆
12:45 St.Jamesで集合
13:00 フレンチレストランMirabelleへ
15:50 いちご狩り
16:30 Lewin Farmsをのぞく
18:00 Yさん宅にお邪魔する
20:00 タイ料理SARINへ
23:30 帰宅


お昼まで英会話のレッスンがあったため、この日はNorthportから東へ行く電車に乗って、St.Jamesへと向かいました。普段は車で移動するエリアですが、改めて電車に乗ってみると、少し違った景色が見えて新鮮でした。

駅でピックアップしてもらったあとは、早速フレンチレストランMirabelleへ。以前からおいしいと評判のレストランで、食通の奥様友達や先輩が「あそこはおいしい!」と口をそろえて言うお店です。今回は$25のPrix Fixeをオーダーしましたが、コースの内容はアペタイザー、サラダ、スープからひと品、メインディッシュはお肉かお魚をチョイスでき、最後は5種類のデザートから好きなものを選ぶことができました。食後のコーヒー、紅茶だけは別になりますが、白または赤のグラスワイン、もしくはソフトドリンクまで含まれているのが嬉しい限りです。店内の雰囲気も落ち着いているし、ギャルソンもゆっくり英語をしゃべってくれる上に、品がよくフレンドリー。こういうところも人気がある秘密なのかもしれませんね。

c0061496_13554934.jpg今回はみんな揃ってアペタイザーをオーダーしましたが、オレンジをアクセントにしたサラダで、緑のソースが見た目にも鮮やかでした。メインはバスをチョイスしましたが、ブラックオリーブをまぜたソースが絶品!バスも身が厚く、脂がのっていておいしかったこと!!!お友達のひとりがオーダーしたお肉も柔らかかったです。(お肉の方が有名らしい。)

デザートはクレームブリュレ、チョコレートケーキ、パンナコッタ、レモンタルトをオーダーしましたが、どれもおいしかったです。中でもパンナコッタはなめらかで、今まで食べてたものはなんだったんだ??と思うくらいおいしかったです。う~んごめんなさい、私のつたない文書ではおいしさが伝えられませ~ん!!!おいしいフレンチが食べたい方、とにかくMirabellelへGoです。
c0061496_1356541.jpgc0061496_13562192.jpg




優雅なランチでおなかを満たした後は、素敵なサプライズがありました。プレゼントを用意してくれていたのです。キュートなラッピングが施された箱を開けると、中からアンティークの布、テーブルクロス、それにエプロンが出てきました!今までアンティークショップをのぞくたびに、布物も欲しいなぁと思っていたので、とっても嬉しいプレゼントでした。

中でもエプロンは頭からかぶる袖なしタイプで、柄もデザインもとってもレトロですが、日本で売り出したらきっと大人気商品間違いなしでしょうね。色も形もとにかくかわいくて、なんだか使うのがもったいない感じですが、去年の夏、ローライズに短めのTシャツを着てチャーハンを作ったところ、見事におへその上を火傷した私(笑)。今年は痛い思いをしないように、活用させていただきますね♪みなさん本当にどうもありがとうございました!

ちょと話はずれますが、引越に際して奥さん友達やチューターのおばあちゃん、先輩奥さまにも素敵なギフトをいただきました。改めてお礼します。大事に使わせていただきますね!


c0061496_1435318.jpgお天気が心配された1日でしたが、レストランを出たら青空が広がっていたので、食後の運動と更なるデザートを求めて、いちご狩りに出かけました。

ロングアイランドでは春から秋にかけてブルーベリーやピーチ、トマトやナス、りんごにパンプキンと、さまざまなフルーツや野菜狩りを楽しむことができますが、ちょうどこの時期はいちごが旬のようです。広大ないちご畑(左写真)の中を好き放題移動しながら、新鮮ないちごをたっぷり摘んできました。
c0061496_144556.jpgちなみに食べることに夢中で、最初はなかなかいちごのたまらなかった私ですが、後半の巻き返しがきいたようで、気がついたら他の3人は$2.5とか、$3分だったにも関わらず、ひとりだけ$5分も摘んでいました(笑)。

農園にもよるのでしょうが、6月いっぱいは楽しめるようです。ロングアイランドのいちご狩り情報はこちらでどうぞ。



いちご畑を後にしたあとは、Lewin Farmsを少しだけのぞき、一気に島の西側、Port Washingtonにあるお友達の家に向かいました。雑貨好きなYさんのセンスが充満した素敵なお宅で、ここでしばし休戦…の予定が、話が盛り上がり、気がつけば時計は8時を回ってました。

普段なら「わぁ、夕ご飯作らなくちゃ!!」となるところですが、この日は夜まで遊び倒そうという欲張りプラン!「今日は遊んでくるから飲んできてね~」の我が家と違い、他のみなさんは出かける前に夕飯の準備も済ませてきたそうで、早速夕飯の作戦会議が始まりました。タイ料理、日本食、ピザのほかにも、コリアン料理?フラッシングで焼肉??などたくさんの選択肢を用意してくれましたが、今回はタイ料理を選択。早速SARINというお店に連れて行ってもらいました。

タイ料理というとチープなイメージがありますが(それはそれで好きですが)、ここはアジアンな雰囲気満点なのに、白を基調にしたおしゃれなつくりで、女性4人のディナーにももってこいです。微笑みの国のレストランにふさわしく、担当してくれたお兄さんはものすごく感じ良かったし、肝心なお料理の方もお兄さんの笑顔に負けないおいしさ♪駐車場に高級車が数台止ってていたのも納得です。

c0061496_1442441.jpg今回は5品ほどをオーダーしてみんなでシェアしましたが、サラダもメインもおいしかったです。中でもここのトムヤムクンは絶品でした♪辛いことは辛いのですが、その前にちゃんとスープを楽しむことができるというか、色んな味が出ているのです。これで$3.95、素晴らしすぎます♪

SARIN(Thai Cuisine)
43 Glen Cove Road,
Greenvale, NY 11548
Tel: 516-484-5847


というわけで、久々に夜遅くまで遊んだ私たち、12時の鐘がなる随分前に解散しましたが、それでもこんな風に、女性だけで夜まで外で遊んだのは全員初めてだったそうです。(日本から友達が遊びに来たときはのぞく。)

私の場合、別に旦那に遠慮しているつもりはないのですが、自由にひとりで行動できる日本と違ってここは異国の地、しかもアメリカ…。治安の良いロングアイランドですら、なんとなく女性だけの夜のお出かけは躊躇していました。それに、よそのご主人に迷惑をかけてまで夜遊びするのも悪いかなぁと、どうしても考えてしまいます。

でもこうやって、たまには時間を忘れて気の合うお友達と遊び倒すのもよいものですね!なんだか病み付きになりそうです♪10時間近くも一緒に過ごしたのに、まだまだ話し足りない!遊び足りない!ホントに楽しい1日でした。一緒に遊んでくださったみなさま、色々どうもありがとう~!次回も、楽しみにしていますね♪
by ny-cafe | 2006-06-10 14:44 | I love Long Island
ベルモント・ステークスはおあずけ
c0061496_1359834.gif6/10の土曜日は、ケンタッキー・ダービー、プリークネス・ステークスと並ぶアメリカ3冠レースの最終戦、第138回ベルモント・ステークが開催されます。

このブログでも何度となく書いていますが、我が家には無類のお馬好きがひとりいます。今年も行きたいんだろうなぁと思って、先日旦那に話を振ってみましたが、「今年は行かない」という意外な答えが返ってきました。


引越のバタバタで落ち着かないのも理由のひとつですが、どうやらダービーを6 1/2馬身差で制した無敗の6連勝馬バルバロ(Barbaro)が、プリークネスで骨折したのがショックだったようでうです。安楽死の処置をとってもおかしくないほどの重症だったそうで、翌日5時間とも6時間とも言われる手術が行われ、20本以上のボルトが埋め込まれたそうです。3冠馬の期待も高かっただけに、2度とその雄姿が見られないのは残念ですね…。

そんなわけで、今年はベルモント競馬場まで足を運ぶことはなさそうですが、OTB(場外馬券売り場)くらいは行く気なのかしら??土曜日はNY名物の「ソフトシェルクラブ」(脱皮直後の甲羅が柔らかいこの時期だけのお楽しみ)を食べに行こうと画策している私ですが、こっそりOTBに出かける時間くらいは、作ってあげることにしましょう(笑)。


なおアメリカの3冠レースや馬券の買い方については昨年の日記に書いたので、興味のある方はのぞいてみてください。
by ny-cafe | 2006-06-09 13:44 | アメリカ生活
引越カウントダウン
6月に入ってからというもの、ロングアイランドはすっきりしないお天気の日が続いています。昨日は1日中雨が降り、あまりに寒くて暖房をつけました。去年は6月に入った途端に夏になったイメージがありますが、今年はまるで入梅したようなお天気です。今日は英語の学校の先生のお宅でプールサイドBBQがあるそうですが、この天気、一体大丈夫なのでしょうか…。

さてさて、来週水曜日にペンシルバニアに引越する私たち、先月末業者さんからいただいた段ボール(大中小あわせて20個くらい)には荷物がパッキングされ、殺伐とした家の中で生活しています。今回は梱包作業から搬出、搬入まで全部お任せというありがたい引越ですが、段ボールが届くとやっぱり落ち着かないですね…。

夜更かしのついでにゴトゴト(旦那はこれで何度か起こされたらしい)、日がな家にいる日はあっちでゴトゴトこっちでゴトゴトといった感じで、食器や電化製品以外のかなりの物が、段ポールにおさまりました。がちゃがちゃと小物の多い我が家でしたが、次はシンプルに生活したいものです…。……。

ちなみに「引越まで遊び倒す」と宣言した私と違い、旦那はこのひと月神経質になっています。家探しですったもんだしたせいもあるのですが、面倒くさいことはまとめて「何とかなるでしょ~」の私と違い、旦那は同じB型でもマメに準備をしないと気がすまないようです。(私が何もしないので自分がするしかないと怒っている…。)

英文の賃貸契約書も最後の一文まで目を通して大家さんと確認し、必要なところはしつこくメールをやり取りして文面を変えてもらっていました。カウントダウンに入った今週は細かいチェックリストを作って、ユーティリティの解除&契約の作業を進めています。アメリカ国内の移動とはいえ住所変更ですむのは電話くらいで、それですら契約プランの説明やら何やらで、かなりしびれるやり取りをしています。電気やガス、テレビなどは新しく契約しなければならず、車の免許や保険もPAのものに変更しなければいけないようです。ホントに面倒ですね。

何はともあれ引越まであと1週間、そろそろ冷蔵庫の整理を始めようと思います(笑)。
by ny-cafe | 2006-06-08 23:58 | 日々の出来事(in USA)