m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
1 Dollar Origami
c0061496_9254096.jpg眠かったのと暇だったので、こんなもの(←)を作ってみました。以前から噂に聞いていた、1ドル札でつくる折り紙・・・。日本でこんなもの作ったら「お金で遊ぶなんて!」と確実にお小言が飛ぶでしょうが、アメリカでは「1 Dollar Origami」とか「Money Origami」なんて本があったりして…。

ネットに作り方が載っていたので、簡単そうなYシャツを作ってみました。中には「もうお金として使えないんじゃない?」というものもありますが、これは大丈夫かな。近いうちにチップで使ってみようと思います。

ちなみにYシャツを作るポイントは、ピラミッドのまわりの円を襟の下にうまく使うこと。何となくYシャツの上にベストを着てるように見えます。ピン札の方がきれいに見えておススメ。興味のある方はMoney Origamiでどうぞ。
by ny-cafe | 2007-03-24 09:34 | アメリカ生活
First Day of Spring
c0061496_1112633.gif3/21は春分の日で、日本は祝日ですね。アメリカでは春分の日(vernal equinox)=First Day of Springとよばれるそうです。

Wikipedeiaによれば、「分点(equinox)とは天球上で天の赤道と黄道とが交わる点、および太陽がこの点を通過する瞬間のことで、分点は2つあり春と秋にそれぞれ通過するそうです。春のものを春分点(vernal equinox)といい、この日は太陽が南から北へ通過、一方秋のものを秋分点(autumnal equinox)といい、太陽が北から南へ通過するそう。春分点、秋分点を含む日を、それぞれ春分・秋分といい、この日は太陽は真東から昇り真西に沈み、昼(日の出から日没まで)と夜の長さがほぼ同じになる」そうです。(以上抜粋・勝手に要約。)

渡米した最初の年、Weatherチャンネルでしきりに「3月☆日から春になる」と紹介され、何のことやら全く分からなかった私…。実はつい先日まで日本とは関係のない何か特別な日だとばかり思っていましたが、3年目にしてようやく世界共通の「春分の日」だと知りました(恥)。

ちなみにロングアイランドにいたとき通っていたESLのクラスメイトにイランからやってきた女性がいましたが、彼女の国では春分=New Yearとなるそうで、この日はご馳走を作ってお祝いするそうです。アメリカでは、例えば今年のFirst Day of Springは東海岸時間では3/20の20:07(GMT 3/21 00:07)からといった具合で分単位で発表されますが、イランでは秒の下の細かい単位(ミリ秒とかマイクロ秒とかもっと小さな単位)まで発表され、その瞬間がとても大事なのだと言っていました。

ちなみにカレッジの先生によれば、一部の宗教の人を除きアメリカでは特にお祝いはしないのが一般的だそう。ただし農業を営む人にとってはこの日から春になるとのことで、大きな目安になるのだとか。まだまだコートが手放せないPAですが、春は確実に近づいているようです。
by ny-cafe | 2007-03-21 10:40 | アメリカ生活
Mess!
火曜日の夜から、我が家は大掃除…。火曜日の午前中カレッジに行こうと準備をしているところ、管理会社のおじさんが玄関をノック。大家さんがこの家を買ってから1年がたったので、不具合を修理してくれるそうです。以前から話は聞いていたし、先月、夫とともに家中のペイントのはがれだとか不具合をチェックして提出したので驚きはしませんが、さすがに今日の今日は無理です。勿論先方もそのつもりはあまりなかったようで、とりあえずいつが良いのか聞きに立ち寄っただけのよう。ちょうど水曜日は用事がないので朝9時に来てもらうことにしましたが、考えなしでしたね…。

何せ先週はカレッジのテストがあったので、木曜日まで家事は極力放棄して一応勉強をするフリ…。テスト明けの金曜日は雪でこもっていたものの、掃除はパス。週末は夫とあちこち出歩き…といった具合で、我が家は結構恥ずかしい状況でした(汗)。

まぁ、もちろん言い訳ですけどね(汗)。


とりあえず、火曜日はカレッジが終わった後でお友達のお宅でパン作りに参加し、あちこちうろついて8時頃帰宅。夫は外食してくるとのことだったので、数時間前に焼きあがったばかりのパンを夕食代わりにいただいて掃除を開始しましたが、夫以外の人を入れても恥ずかしくない状況にするまでの道のりは、結構長かったです。

結局朝イチで家中の掃除機をかけ、キッチンを重点的にそうじ。大家さんと管理会社の方が来るまでに無事終了しましたが、さすがにここは良いだろうと思って手を抜いた寝室のクルーゼットを開けたときは(自分で開けたけど)、タラ~っと音をたてて汗が出そうでした。

いや~、普段はお客様が来ても滅多に開けない寝室とその奥のバスルーム、そして禁断のクローゼットまで大公開となると、なんだか丸裸になった気分で恥ずかしいですね。2週間後に修理に来るそうなので、それまでなるべく今の状況をキープしたいものです…。
by ny-cafe | 2007-03-21 02:04 | 日々の出来事(in USA)
Sam's Club
渡米以来、いや…、渡米以前から旅行の際に度々お世話になっていた大型ホールセラーCostco随分前にもこのブログで写真をアップしたことがありますが、ついに昨年の秋、会員資格が切れてしまいました。

用もないのに毎週末のように出かけていた夫と私なので、LIに住んでいたなら迷わず更新したでしょうが、残念ながら私たちの住んでるLehigh Valley地区には店舗がありません。それでも会員資格があったうちは、NJのミツワ(日系スーパー)に行った際に、Costcoと韓国系スーパーのハナルンをハシゴしたり、PAの一番近いお店まで行ったりと最後まで活用しましたが、さすがに一番近い店舗でも30マイル以上あるので、資格が切れてしまったあとは再度メンバーになるかどうか躊躇していました。

何せ今までのように「ちょっと行こうか」というのができないし、私ひとりで平日運転していくには遠すぎます。おまけにこの辺りではファーマーズマーケットが充実しているので、新鮮な野菜や肉類をお安く手に入れることができ、すっかりCostcoのない生活にも慣れてしまいました。それでずっと再度メンバーになるかどうか悩んでいたのですが、近くに同じようなホールセラーのSam's Clab(Wal-Mart系)があり、2ヶ月ほど前に下見をしたところまぁまぁな品揃えなのが分かったので、ついに本日加入してきました。

Costcoの熱狂的支持者だった我が家にとっては、正直なところ品揃えもフードコートがある点でも「Costcoに軍配!」なのですが、車で20分も行けば買い物ができるというのはやはり大きな魅力です。さらにCostcoは週末の昼などは激混みで、お会計をするのも随分と待たされましたが、私たちが行った店舗は快適に買い物できそうです!まぁ、野菜やお肉などの鮮度を考えれば混んでる方が良いのかもしれませんが、ファーマーズマーケットでこの手のものは買えるので、使い分けすればさほど問題はないはず。

というわけで年会費の$40を払い、メンバーになってきました。ちなみにメンバーズカードは2枚作れるので、お友達とのシェアも可能だそう。私も最初はお友達と一緒に加入するつもりでしたが、夫のたっての希望でそれぞれ1枚づつカードを持つことにしました。

何せ私以上にCostco愛が強かった夫…笑。他のお店に行くのは大抵嫌々とか渋々ですが、ここだけは用がなくてもウロウロできるそうです。実際に仕事帰りにひとりで寄ることも多々あったので、Sam's Clubに変わっても、私以上に活用すること間違いなしでしょう。今日も「いや~久々だ~」とか言いながら、嬉しそうに探検していました(笑)。

ちなみにこのタイミングで会員になった理由は、義母からSonicare替ブラシを2本パックx18個頼まれたためです(笑)。私たちの結婚のお祝いに「アメリカは歯医者さんに行くのが大変と聞いたから」と言ってSonicareを2本プレゼントしてくれた義母。確かにとってもありがたいプレゼントだったのでその旨伝えたところ、どうやらその後お祝いやら何やらでSonicareを配ったり薦めたりしていたようで、義母の親戚はほぼSonicare愛用者になってしまったようです。

まさかそんなことになってるとは知らず、先日「替ブラシが2本で$24だけど要る?」と夫がメールしたところ、二つ返事で「お願い」というメールが届き、その後親戚用にも欲しいからということで今回のような大量オーダーが入ったというわけです。さすがに夫も「18パックって…」とかなり驚いていましたが、日本で買うと倍以上するようなので確かに納得です。

ちなみに念のため途中で寄ったBed&Bath Beyondで値段を調べたところ、同じものが$8以上高かったそう。$8x18パック…。残念ながら今日は希望のサイズがなくて4パックしか買うことができませんでしたが、Sam's Clubの年会費は義母の大盤振る舞いで帳消しになる見込み(笑)。これから1年間、色々活用しようと思います。ということで近くに住まわれてる皆さん、大量買いの際はひと言お声掛けください(笑)。


追記:このところ好調だったSixersですが、日曜日の試合はHouston Rockets相手に74-124と惨敗。さすがにDallasの54勝に次ぐ勝ち星50を誇るRockets。試合後の監督の表情は、かなり険しかったです…。
by ny-cafe | 2007-03-19 12:23 | アメリカ生活
雄たけび
金曜日は朝から雪でした…。教会で週2日行われているESLは、先生からのメールで早々お休みが決定。午後からのキルトの集まりも、高速道路に乗るのが心配だったので今日は欠席させていただくことにして、雪の日らしく家にこもって過ごしました。

午前中はあちこち電話したり、ネットをいじったりしているうちに過ぎたのですが、午後になると退屈で、なんだか無性に外出したい欲求が…。なんとな~く今日はポトフが食べたくなったので、買出しに出かけることにしました。リビングの外は既に一面真っ白になっていましたが、車は走っている様子。早速服を着替え、ガレージを開けましたが、外を見てがっくりしました。既に15cm以上くらい積もっていて、雪かきしないととても車を出せない状況…。夫の帰りも何時になるか分からないので、外出は諦め、今年3度目の雪かきを始めました。道路からガレージまでのわずかな距離ですが、今日も1時間半ほどかかったでしょうか…。みぞれ混じりの雪はかいた先から積もってしまい、1時間もしないうちにまたアスファルトは見えなくなってしまいましたが、さすがにもう腕も限界…。明日は夫に任せることにします。


さてさて、今日は夕飯後、TVでNBA観戦しました。勿論76ersの試合です。今日は第4クウォーターの途中からTVをつけましたが、この時点ではNorthwest Divisionダントツ1位(43勝22敗)のUtah Jazz相手に、なんと8ポイントのリード!「これはいけるかもね~!」なんて言いながら観ていた私たちですが、パスカットやシュートミスが重なり、わずか数分で逆転…。「実力が違うよね~」などと一瞬寂しいことを考えた私ですが、今日のSixersはその後の粘りがすごかったです!

残り3分半ほどで1点差まで追いつくと、そこから先は試合終了までシーソーゲーム。ミスの許されない緊迫した状況で、Utah Jazzは勿論、Sixsersもきっちりポイントを入れます。そして残り時間1分。3ポイントを警戒して徹底的にマークについた相手選手と、それを避けようと動き回っていたKyle Korverが接触。Korverのオフェンスファールを取られ、大ブーイングの中ボールはJazzに…。もちろんJazzはこれをしっかり決めて、残り時間20秒を切ったところで87-88とします。

c0061496_13222590.jpgそこから先は相手のマークもかなりきつく、シュートチャンスどころかパスさえ難しい状況でしたが、うまくボールをまわし、Samuel Dalembertがスクリーンで崩した隙にKorverがシュート。(このとき相手選手が怪我した模様。)ゴールラインに近い難しい角度(多分…)でしたが、きっちりとゴールを決めて89-88に!!いや~、残り時間5.1秒、最後のワンチャンスをものにしたKorverに鳥肌が立ちました。

その後Jazzも必死にゴールを狙いましたが、最後のシュートはリングにあたりコートへ…。こぼれたボールをSixersのCenter、Samuel Dalembertががっちりおさえて試合終了となりました。

c0061496_14163246.jpg第3クウォーター終了時の得点は78-57とSixersが先行していたにもかかわらず、第4クウォーターは11ポイントの得点差・・・。ハラハラドキドキの心臓に悪いゲームでしたが、それでもシーソーゲームを制した喜びはひとしお!何せ前回のBulls 戦は88-87と1点差で惜しいゲームを落としているので、今日はあまりに嬉しくてTVの前で雄たけびをあげ、はねまくってしまいました(笑)。
☆写真は残り5.1秒でゴールを決めたKyle Korver(勝手に拝借)と、会場でもらったKoverのサインです。

残念ながらAtlantic Division2位のNew Jersey Netsは現在30勝36敗。一方76ersは26勝40敗と、ゲーム差4はなかなか縮まりませんが、残りの16試合もなんとか頑張ってほしいです。ちなみに、昨日Sixersから「An Easy Way to Reserve Playoff Tickets」というメールが届きました。これってこの時期どこのチームからも送られるものなのでしょうか???メールにはしっかり「Philadelphia 76ers in the 2007 NBA Playoffs!!!」の文字が…。Sixers、やる気です。

なお、月末辺りにまた試合観戦に行こうと思っていましたが、私が見に行った試合は2試合とも負けてしまったので、願掛けの意味をこめてある程度順位が決まるまではTV観戦で我慢しようと思います。あはは、私もすっかりSixersバカですね(笑)。
by ny-cafe | 2007-03-17 12:19 | NBA
念願のアイスホッケー観戦!
c0061496_6135440.jpg日曜日からサマータイムになり、1時間の時間のずれが調節できず困ってます。朝はいつまでたっても眠いし(これはいつもか…汗)、夕方は6時過ぎても外が明るくてご飯作る気にならないし…。まぁ、多分1週間くらいはこんな感じで過ぎてくのでしょうね。

さてさて、10日の土曜日はフィラデルフィアでアイスホッケーを観てきました!渡米直後から行きたい行きたいと言っていたにも関わらず、なかなか実現しなかったNHL観戦ですが、日本からの長期出張者の方がアイスホッケーファンで、一緒に行くことになったんです!

この日のカードはPhiladelphia Flyers vs Boston Bruins。とにもEastern Conferenceに所属するチームで、Bruinsは土曜日の試合が終わった時点で33勝31敗5引き分けで、勝ち点は71。Western Conferenece15チーム中12位です。一方我らがFlyersは19勝38敗11引き分け。勝ち点は49で、15チーム中ダントツの15位。

ちなみに3/12現在、勝ち点が50を切っているのはNHL30チーム中Flyersだけ…。ということで、Flyersの勝利は期待しないで出かけた私たちですが、この日のFlyersは期待を裏切る大健闘で、なかなか良い試合を観ることができました!

c0061496_685240.jpgまずは第1クウォーター開始間もなく、12番のGAGNE SIMONが得点。その後5-4、5-3のパワープレーを生かせなかったのは残念ですが、キーパーのBIRON MARTINのファインセーブが光り、1-1で第2クウォーター終了。そして第3クウォーター中盤で一気に2点を追加すると、Bruinsはキーパーを下げて6人での総攻撃に入りましたが、見事Flyersがパスカットしダメ押しの1点を追加。Flyersが最下位チームだということを忘れてしまう、素晴らしい試合となりました。


c0061496_6283841.jpgというわけで、なかなか見られない「Flyers Win!」という電光掲示板を写真におさめてみました!ちなみにHome Gameの成績は土曜日の時点で7勝19敗7引き分け。勝ちゲームが見られてラッキーでした!

日本でも何度か観戦したことはありましたが、本場のアイスホッケーはエキサイティングで、格闘技か??と思ったのは私だけでしょうか…。パックを奪うためのタックル(正式にはチェックと言うらしい…)の激しさも半端ではなく、選手はしょっちゅうリンクを囲ってるクリアのフェンスや壁に体をぶつけてました。おまけに試合中に選手同士が殴りあうシーンが何度あったことやら…。勿論殴った選手の何人かは、その後お仕置き部屋(ペナルティルーム)に入れられてましたが、観客は総立ちで大喜び…。そういえばアイスホッケーの選手って、何本か歯が折れてるイメージがあったなぁ…。

この日最初の格闘シーン。1対1で素手での殴り合いの場合、審判もケリがつくまで止めないのだとか…。
c0061496_610069.jpgc0061496_610124.jpgc0061496_6102565.jpg

オフィシャル横のお仕置き部屋(Flyersの選手がひとりとBruinsの選手がふたり)
c0061496_6233167.jpgちなみに、一緒に行かれた方のお一人が大学時代にアイスホッケー部だったので、「日本でもあんな風に選手同士が殴りあったりするんですか?」と聞いたところ、「まずない」そうです。日本の場合、プロチームの数が少なく(現在4チームのみ)、選手同士が顔見知りだったり元チームメイトだったりするので、よほどのことがなければ殴り合いにはならないそうです。(審判もすぐ止めるらしい。)

またキーパー以外の5人のプレイヤーは試合中かなり激しく入れ替わりますが、アイスホッケーではひとりの選手がプレーを続ける時間は、体力的に1分が限界なのだそうです。確かにあの狭いリンクの中を縦横無尽に走ってる感じですものね…。そのためチーム内で予め5人ごとのユニット3つできていて、試合中は5人単位で1分ほどリンクに出たら戻るを繰り返しているそうです。

なお、折れたスティックは凶器以外の何者でもないため、スティックが折れた場合はすぐに手放さないと反則になるそうです。(持ってるだけで反則だそう。)そんな話をしている途中、3/8の試合でNew York IslandersのChris Simonが、両手で握ったスティックでNew York RangersのRyan Hollwegの顔を殴るというシーンが何度もTVに映し出されたので、「これはありですか??」と聞いたところ、「絶対やってはいけない」との答えが返ってきました。実際あまりに悪質と判断されたようで、Chris SimonはNHL記録最長となる25試合の出場停止処分となったそうです。NHLは残り試合が少なく、チームがプレーオフを勝ち上がっても今季終了まで試合には出られないそう。またプレーオフを合わせた今季の残り試合が25試合に達しなかった場合は、来季に持ち越されるそう。NY同士で、熱くなってしまったのでしょうか???いずれにしても、NHL、熱いスポーツでした。


c0061496_6121340.jpg写真は試合開始前の風景です。チケットの種類に関わらず、リンクのすぐ近くで練習風景を見ることができます。野球もバスケットもそうでしたが、こんな風に選手を身近に見ることができるのは、やっぱり嬉しいものです!アイスホッケーはクリアフェンス(?)がリンクの周りを囲っているので選手に直接さわることはできませんが、わずか5cmくらい先に選手がいるというのはなかなか嬉しい体験でした!

ちなみに練習中はパックをお客さんに投げてくれるようで、私たちの横にいたちびっ子はずっとBruinsのキーパーMac Donaldの名前を呼び続けていました。残念ながら彼の声は届かなかったようで、Mac Donaldがパックを向こうの選手に向かって蹴った瞬間、隣の子どもは「I hate you!!」と言ってました。気持ちは分かるけど(笑)。

c0061496_6114491.jpgc0061496_6115662.jpg


c0061496_6421511.jpg左は試合前に会場の外でサインをしていたおじさま。ものすごい人気でしたが、ナニモノか分からなかったのが残念…。それにしても、老若男女、それこそ子どもからおじいちゃんやおばあちゃんまで、自分の応援するチームや選手のユニホームやTシャツを着てるのに改めてびっくり。何でも良いからオレンジのものを身につけてくれば良かったかしらと、思わず考えてしまいました。

c0061496_7212348.jpgちなみに試合後、左のFlyersのロゴがパーマンのバッジに見えて仕方ないと全員の意見が一致しました。こんなところでパーマンの話になるとは…。世代がバレますね(笑)。
パーマンのバッジはこちらでどうぞ。



全く話は変わりますが、Flyersと同様にWacovia Centerを本拠地とするSixersですが、ここ最近の10試合は8勝2敗と、NBA30チーム中ナンバー1の好成績!NBAも4月中旬にはシーズン終了。Play Offはまだまだ難しいラインですが、このままシーズン終了まで勝ち続けてほしいものです!!
by ny-cafe | 2007-03-14 08:18 | Pennsylvania!
ショック
遅ればせながらですが、先月、日系の本屋さんで「生協の白石さん」を立ち読みしました。数ページ読んであまりに面白かったので、思わず夫を呼び、店員さんの目を若干気にしつつ一緒にお腹を抱えながらさらに数ページ読んでしまいました。ちょうどAmazonで本を注文するタイミングだったので早速オーダーしましたが、届いたのは先日の本とはなんだかちょっと違う感じ…。中を開いて、唖然でした。

c0061496_11581083.jpgc0061496_1224836.jpgどうやら私がオーダーしたのは「生協の白石さん」ではなく、生協の白石さんが作詞作曲した「木漏れ日」というCD付の本だった模様です(涙)。

一応ブックパートもあり、白石さんの抜群のコメントは読めるもの、ボリュームが少なくてがっかり。おまけに歌詞の書かれたカラーページには、よりによってこの曲を歌うアンガールズの写真が…。個人的主観ですが、このページ絶対要らない!!

ちなみに国内発送は1,500円以上なら送料無料というAmazonですが、海外からのオーダーは、送料とは別に1冊300円の手数料がかかります。わざわざ手数料を払って、大っ嫌いなアンガールズのCD(まだ聞いてない)を買ってしまったなんて…。このやり場のない怒りのおさめ方、どなたか白石さんに聞いてください(笑)。

というわけで、この日は夫と一緒に東京農工大学のサイト(組合員から一言/工学部SB店舗)をはじめ、白石さん関連のサイトをチェック。ふたりで面白いと思うコメントを爆笑しながら読みあいました。平和だなぁ我が家って…。
by ny-cafe | 2007-03-10 12:12 | 日々の出来事(in USA)
ライオン・キングとTimes Squareのイチオシ写真スポット
c0061496_11324270.jpgすっかり時間がたってしまいましたが、1月末に妹と遊びに行ったマンハッタンの写真をアップします。この日の目的は「ライオン・キング」を観ること!直前手配だったため最後列となってしまいましたが、独特の世界観をたっぷり味わうことができて妹も私も大満足でした!夫と観に行ったときも、あまりに感動してしばらくライオン・キングのCDが手放せませんでしたが、今回も数日間は聞き続け&歌い続けてしまいました(笑)。夫曰く「四季のライオン・キングも素晴らしい」とのことなので、一時帰国の折にでも出かけたいと秘かに思っています!

ちなみにライオン・キングは、昨年6月にニュー・アムステルダム劇場から現在のミンスコフ劇場に移動しました。ミンスコフ劇場は初めて入りましたが、ロケーションが素晴らしいのにびっくり!Broadwayに面したロビーの壁がガラスになっているので、Times Squareを見下ろすことができるんです!私の中では勝手にTimes Squareのイチオシ写真スポットに決定。みなさん、カメラの用意を忘れずに♪

なお、ニュー・アムステルダム劇場で上演されていた間、ライオン・キングはバックステージツアーがあったそうです。宮城佑次さんの宮城佑次のブロードウェイ・クラブでツアーの様子がアップされていますが、舞台の上に立てるだけでなく、スカーやムファサ、シンバのマスクと記念撮影ができたようです。かなり魅力的…。

現在のミンスコフ劇場ではツアーは行われていませんが、宮城さんの2/20付けのコラム「ほんとだったら嬉しい。ニュー・アムステルダム・シアターのバックステージ・ツアー再開」によれば、ツアーが再開されるという情報もあるそうです。インサイダー情報ということでまだ正式な発表はないとのことですが、実現したら私も是非参加しようと思います。


追記
宮城さんの宮城佑次のブロードウェイ・クラブによれば、「美女と野獣」「プロデューサーズ」が、間もなくクローズとなるそうです。ちなみに最終公演は美女と野獣:7月29日、プロデューサーズ:4月22日だそうです。
by ny-cafe | 2007-03-09 11:23 | Let's go Manhattan
硫黄島からの手紙
先週末、夫とともに「硫黄島からの手紙(Letters From Iwo Jima)」を観てきました。ご存知の通り、クリント・イーストウッド監督が描いた硫黄島の戦いの2部作で、こちらは日本からの視点で描いた作品です。

キャストもほとんどが日本人、セリフもほとんど日本語なので、アメリカ映画ということを忘れて観てしまいましたが、日本を舞台にした第二次世界大戦の映画自体が久々だったこともあり、色んなものがストレートに入ってきて、2日くらい落ち込んでしましました。

もし私の夫が戦争に行かなければならなかったら…。
もし将来子どもが生まれ、その子やその子の愛する人が戦争に行かなければならなかったら…。

あの時代、戦争を否定することも許されず、生きて帰ることはないと知りつつ、祖国のためにと戦場へ向かったたくさんの命。そして愛する人を生きて帰ることはないと知りつつ、見送らなければならなかった家族たち。どちらを思っても、やりきれない気持ちでいっぱいになりました。

戦況が悪化し、上官の命令で若い兵士たちが自ら命を絶つシーンを見て、私は涙が止まらなくなりました。ただ生きたいと、そう思うことすら許されなかった時代。「靖国で会おう」という言葉が、ずしりと重くのしかかりました。

日本でこの映画を観て来た方が「映画が終わったあと、おじいさんが立って敬礼した姿に泣けた」とおっしゃっていましたが、どんな気持ちでこの映画を見たのでしょうか。日本にとってもアメリカにとっても、あの戦争は不幸でした。どうかあの悲劇が、二度と繰り返されることのないようにと願うばかりです。


★硫黄島については、まこさんのブログに詳しく書かれているので、映画 Flags of Our Fathers を観たを参照してください。「父親たちの星条旗」同様に、「硫黄島からの手紙」も淡々としたタッチで描かれています。まこさんの感想を改めて読んで、「鋭いなぁ」とつぶやいてしまいました。
by ny-cafe | 2007-03-08 13:56 | 日々の出来事(in USA)
3/11(日)からサマータイムです!
まだまだ寒くてダウンジャケットも手袋も手放せないPAですが、早いもので日曜日からは夏時間となります。昨年までは4月第1日曜日から10月最終日曜日までが夏時間でしたが、今年から3月2週目の日曜日から11月最初の日曜日までと変更になります。

つまり今年のサマータイムは、
2007年3月11日(日)~2007年11月4日(日)です。

念のため大きくしてみました(笑)。2000年問題ほどではないにしろ、期間延長に伴い、何かしら小さなトラブルがあるかもしれませんね…。ちなみにYahoo!!をはじめ、アメリカでは色々なサイトで「Early Daylight Saving Switch Could Confuse Some Computers」とか、「Daylight-saving change could confuse gadgets」とといった注意を出しています。日本でもIBMなどはサイト上で「お客様へのお願い」を出しているようです。いずれにしても日曜日のam2:00が1時間早まってam3:00となります。特に飛行機に乗る方やお出かけの予定がある方は、ご注意くださいね!

追記:サマータイムについては過去の日記にも書いたので、良かったらそちらも覗いてください。
by ny-cafe | 2007-03-07 12:01 | アメリカ生活