m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
クロスステッチ
週末は久々にロングアイランドに行ってきました。今回の目的は、①先週赤ちゃんを出産したお友達のところに行って赤ちゃんを抱っこさせてもらう、②帰任するお友達を囲んでランチする、③借金を返す(笑)、④まこさんに会えたらよいなぁ、⑤ネイルサロンにいけたらよいなぁ、⑥ソフトシェルクラブが食べられたら良いなぁ(これだけは実現しなかった)、と結構盛りだくさん。

さらにTanger Outletでお買い物したり、日系スーパーや韓国系スーパーで食材を調達したのでなかなかハードな週末となりましたが、久々のロングアイランドは空の青さと木々の緑のコントラストがきれいで良いところでした。遊んでくれたみなさま、ありがとう♪

c0061496_199444.jpg左は出産祝いを兼ねて、友達にプレゼントした赤ちゃん用のクロスステッチです。先々週MichelsでPrecious Momentsのチャート集を見つけ、即買いしてしまいました。1週間しかなかったのでステッチが間に合うか心配でしたが、お昼寝時間を削って刺しました。本当は小さなクッションに仕上げるつもりで、裏になる部分には赤ちゃんの名前と誕生日などを刺繍しましたが、最後のクッションを作る作業で失敗…。苦肉の策で表は額入れにし、名前の刺繍は小さな小さなクッションにしました。

最近はキルトはさっぱりそっちのけで、気が向いた時はクロスステッチを刺しています。5月に義弟が結婚したときも、Precious MomentsのWeddingのステッチを作ってプレゼントしました。こちらも写真を撮ったのですが、さてさてどこに行ったやら…。ちなみに今週は先輩奥様からいただいたペンシルバニアのステッチを再開するつもり。カレッジが始まると精神的に余裕がなくなるので、夏の間にいくつか作れると良いのですが…。
by ny-cafe | 2007-06-30 19:09 | チクチク針仕事
久々にアンティーク
モントリオール旅行記を書いていますが、時間がかかりそうなのでアンティークの戦利品をアップします。

c0061496_11522966.jpgc0061496_11521779.jpg
上の写真、右下のキャンドルウィック以外は、先日アダムスタウンへ出かけたときの戦利品です。左の写真はOld PyrexのレインボーストライプとBlue Holizon、Fire KingのPeach Blossomeです。Peach Blossomeのチリボールは随分前にebayでひとつ買いましたが、状態が悪くて箱を空けた瞬間泣きそうになりました。今回買ったものはお買い得な上に状態も良くてお気に入り。日本に帰ったとき友人夫妻からお揃いのマグをもらったので、一緒に使おうと思っています♪

c0061496_1381863.jpgHorizon BlueはPyrexで一番お気に入りの柄です(右下の大柄は好きではない)。ガレージセールでキャセロールとシンデレラボールを入手してからちょこちょこ気にかけていますが、なかなか出会いません。ちなみに「ミキシングボールの一番小さいサイズはどんぶりとしても使える」そうなので、あといいくつか買い足す予定♪

なおシンデレラボールの一番小さいサイズは、お料理を作る際に何かと使えるのでおススメです!我が家のキッチンにも、ペイントがはげてるものや少し欠けのあるものも含めて5つほどあります。お皿などはなかなか普段使いできない私ですが、これだけは毎日活用しない日はないくらい。注ぎ口がついているのもとっても便利で、我が家で一番重宝されてるアンティークです。

レインボーストライプはついに手を出してしまいました…。なかなか人気があるので、今後の出会いに期待したいところ。オリーブ柄のDivided Dishは、以前お友達が購入して以来、買おうかどうか迷っていたアイテムです。他の柄を持っていますが、中が分かれている上にふた付きなので、お客様が来られたときや持ち寄りランチで度々活躍してます。オリーブの優しい色合いも気に入って、今回はついに踏み切りました。早速BBQで使いたいと思います♪

キャンドルウィックは近くのアンティークモールで見つけたもの。カップ&ソーサー、フルーツボールがそれぞれ8枚セットで棚に積まれていたのを発見。8枚もいらないなぁと思いつつ、お値段が激安だったのでひとおもいに買ってみました。その後半分はお友達のところにお嫁入り。他のショップの1/4~1/5くらいの価格で買った勝利の品です(笑)。

今までキャンドルウィックはお値段高めで手が出ませんでしたが、つい最近は小さなシェリー用のグラス(?)を4個で$1で入手してしまうなど、ポツポツと集まり始めています。これも何かの縁でしょうか。「キャンドルウィックコーナーを作るかなぁ」とぼそっと言いながら棚にしまっていたところ、隣で夫が苦い顔をしてましたが…。

最近はスイフトショップでちょこちょこと掘り出し物を見つけたりして、なかなかアンティーク熱の冷めない私。この夏も色々出会いがあることに期待です♪
by ny-cafe | 2007-06-28 11:52 | Love☆Antique
I-94W/I-94の取り扱いにご注意を!
すっかり更新が遅れてます。めっきりおサボリブログになってしまってすみません(汗)。ビザの更新のため、6月中旬にモントリオールに行って来ました。今回は旅行前から2週間の予定で強い薬を飲み続けていたため、後半はほとんどホテルで過ごしてしまいましたが、それでもアメリカとはまた違う美しい街並みを楽しむことができました。モントリオールについてはまた後日アップするとして、今日はアメリカ入国の際に必要となるI-94WとI-94について書きます。

アメリカに入国する際に必要となるI-94W/I-94という書類。出入国カードとも言われ、ビザなしで入国する際には緑のI-94Wを、ビザを持ってる場合は白いI-94というカードを入国審査の際に提出しなければなりません。問題なく入国が認められた場合、これらの用紙の上2/3は審査官に切り取られますが、残りの1/3はパスポートと一緒に返され、アメリカを出るまで大事に保管しなければなりません。

このとき審査官から返されるI-94W/I-94の半券とパスポートには、アメリカ入国を認められた日付入りのスタンプが押され、そこに滞在期限などが手書きで書き加えられます。私たちのようにビザを持っていて長期滞在する場合、通常はビザの有効期限が滞在期限とされます。勿論長期の滞在であっても短期滞在であっても、この期限を越えてアメリカに滞在すれば不法滞在となり、基本的には許されません。

ちなみに随分昔に通っていたエステのお姉さんが、学生時代に期限を越えて滞在してしまったそうですが、次回アメリカに入国する際に拒否され、その後は90日未満の観光でも毎回ビザを取得しなければならなくなってしまったそうです。友達と1週間ほどの予定でハワイ旅行に行くときなどもいちいち観光ビザを取らなければならず、その上入国審査では毎回怪しまれ(90日未満の観光ではビザは不要なので)、別室に連れて行かれてすったもんだするそうです。最近はもっと出入国の管理が厳しいでしょうから、気をつけてくださいね!

と、少し脱線しましたがI-94W/I-94の話。アメリカは入国は厳しいものの、出国に関しては比較的簡単で、航空会社のカウンターでチェックインをする際、パスポートとI-94W/I-94を提出するだけで出国手続きは完了します。このとき保管していたI-94W/I-94の半券は搭乗券にホチキス止めされ、実際に飛行機に乗る直前に航空会社によって回収されるシステムになっているようです。

これまでアメリカから日本に帰る際などは100%このような方法で回収されてきましたが、微妙なのがカナダなどの近隣諸国へ行く場合で、I-94W/I-94は回収されたりされなかったりまちまちのようです。夫はこの2年、出張で何度かモントリオールに行きましたが、I-94が回収されたのは半分くらい1回だけだったそうです。

今回私たちはフィラデルフィアからUS Airwaysでモントリオールに向かいましたが、I-94はパスポートについたまま…。しかも回収されなかったこと自体あまり気に留めていなかったのですが、これがあとあと厄介なことになりました。

そもそも私たちのビザの有効期限は、2007年6月下旬になっています。そのため6月中旬にモントリオールの領事館でビザ申請の手続きをしたわけですが、この時点で私たちのパスポートについてるI-94の滞在期限は、当然古いビザの有効期限2007年6月のままになっています。そのためビザ更新後に再びアメリカに入る際に新しいI-94を記入して、今度は新しいビザの有効期限を入れてもらわなければなりませんが、ここで問題になるのが古いI-94の存在です…。

捨てて良いのか??
良いわけないよなぁ??

ということで、ビザを受領する際に夫が「古いI-94はどうしたら良いのか」と尋ねたところ、プリントされた一枚の紙を渡されました。それによれば、回収したI-94W/I-94でアメリカを出国した記録を管理しているため、I-94W/
I-94が回収されない場合、期間内に出国していても移民局に出国情報が登録されず、次回アメリカに入国する際にビザが取り消されたり、入国を拒否されたりする可能性があるとのことです。

これはまずよね…。

ということで、今後のアメリカ入国に不都合が生じることを防ぐため、出国記録を訂正する必要が出てしまいました。具体的には①回収されなかったI-94、②アメリカを出国した際の搭乗券の半券、③パスポートの白紙のページ以外の全ページカラーコピー、④アメリカを出国したあとに滞在した国で使ったクレジットカードのコピー(名前入り/カードの番号は消す)などを、英文レターとともに提出しなければならないそうです。(詳細が必要な方は必ずこちらで確認してください。)

アメリカに戻る前日の午後3時半過ぎ、ビサを受領して初めてこのことが判明した私たちは、かなり焦りました。宿泊費や食事代などの支払いで夫はちょこちょこカードを使っていましたが、この時点で私がカードを使ったのはたった1度だけ。しかも名前は入ってません。夫のカード控えを見ても、たいていはカード番号の下4桁が入っているだけで、名前が入っているものはほとんどありませんでした。幸いすぐ次のお店で私の名前入りの控えをお願いできたから良かったものの、一瞬かなり悪い汗が流れました。

領事館ですぐにプリントされた紙を渡されたくらいなので、多分私たちのようなケースも珍しくはないでしょうが、どうやら他の方のブログなどを見ても、ここ最近I-94W/I-94の管理が若干厳しくなってる様子。

日本なら「ビザ更新のためにはアメリカ国外の大使館か領事館で面接が必要→ふたり揃って更新できた→I-94の期限内に出国してるのは明らかだろう!」という方向で話がつきそうですが、ここはひと筋縄ではいかないアメリカ…。今後面倒なことになると困るので早速手続きをしてもらっていますが、みなさんI-94W/I-94の回収についてはご注意くださいね。

ちなみに飛行機でカナダからアメリカに入る場合、アメリカの入国審査はカナダを出国する際に行われるのが一般的なようです。モントリオール空港の場合、航空会社のカウンターでチェックインをし、その後小さな免税店の横を通ったあとすぐにアメリカの入国審査がありました。もちろん入国審査を終えたあとは、モントリオールの空港にいながらそこはアメリカという不思議な空間。当然入国審査を抜けた先に免税店はないので、空港の免税店を利用される方は要注意です。なお、モントリオールのアメリカ領事館は、2007年7月上旬からビザ更新などの業務を行わなくなるようです。詳しくはアメリカ大使館のサイトなどで調べてください。
by ny-cafe | 2007-06-23 00:28 | アメリカ生活
Spurs優勝!
ここ最近ずっと楽しみにしていたNBAのPlayoffs。木曜日の晩にSpurs対Cavsの第4戦が行われ、1点差でSpursが勝利!この結果、Spursは4連勝(Sweep)で、2006-07年のチャンピオンに決定しました!!

今年のNBA Finalは最初の2戦をSpursの本拠地であるサンアントニオで行い、その後クリーブランドで3戦、最後は再びサンアントニオへ戻って2戦行われる予定でしたが、Spursは1度も試合を落とすことがなかったため、敵地クリーブランドで優勝を決めることとなりました。きっとSpursファンは、目の前で優勝する姿を観たかったでしょうね~。私的にはSpursの優勝が決まって嬉しい反面、あと2戦くらいは観たかったなぁと…。

ちなみに昨日の試合、3rd QTが終わって60-52でSpursがリード。しかし粘るCavsは4th QT残り6分で逆転に成功。観客は総立ちでCavsの応援を続けましたが、Cavsの反撃もここまで。経験も実力も勝るSpursが、再びじわじわと点差を広げていきます。

残り時間1分を切ってからはCavsもファールで時計を止めて必死で食い下がりましたが、Spursはファウルで得たフリースローをことごとく決めていきます。そして残り1.9秒でCavsがファールで再び時計を止めますが、このフリースローをSpursが2本とも決めて4点差に。この瞬間、Spursの優勝が決まりました。ちなみに最後はCavsがロングパスから3ポイントを入れますが、あと1歩のところで、Cavsは勝利をもぎ取ることができませんでした。

ちなみにNBA Finalの結果と、SpursのBig3の得点は下記のとうりです。
第1戦 Cavs 76 - Spurs 85
第2戦 Cavs 92 - Spurs 103
第3戦 Cavs 72 - Spurs 75
第4戦 Cavs 82 - Spurs 83

第1戦 Parker 27点、Duncan 24点、Ginobili 16点
第2戦 Parker 30点、Duncan 23点、Ginobili 25点
第3戦 Parker 17点、Duncan 14点、Ginobili 3点
第4戦 Parker 24点、Duncan 12点、Ginobili 27点

ちなみにCavsの怪物LeBron Jamesの得点は、第1戦:14点、第2戦:25点、第3戦:25点、第4戦:24点。マッチアップしていたSpursの名ディフェンス、Bowenに苦しめられながらもチームを引っ張りましたが、経験も選手の層も上をいくSpursの前に、最後まで苦しめられる結果となってしまいました。

ちなみにPlayoffsのMVPは、予想どうりSpursのTonny Parkerに決定しました。DuncanやGinobiliが不調の時も、この人は常に安定した活躍を見せました。試合後、婚約者と抱き合っていましたが、彼女はNBA Finalも全戦観戦したのでは?試合中、Perkerの映像のあとで時々映し出されていましたが、敵地でCavsファンに囲まれながらも堂々とPerkerやSpursを応援してる姿は、ちょっとカッコよかったです。

というわけで、これでNBAの2006-07シーズンは終了。当分試合は観れませんが、秋から始まる次のシーズンに備え、私も色々戦略を練ることにします(笑)。
by ny-cafe | 2007-06-15 14:00 | NBA
NBA Final 第1戦
木曜日の夜、Spursの本拠地San Antnioで第1戦が行われました!この日のSpursはCavsの怪物LeBronを徹底的にマーク。NBAナンバーワンのディフェンス力を大いに発揮し、Le Bronを前半わずか4得点(いずれもフリースロー)に押さえました。スコアの方は1st QT:CLE15-SAS20、2nd QT:CLE20-SAS20。前半を35-40で折り返すと、3rd QTもCLE14-SAS24とSpursnがコツコツと点差を広げる試合運び。4th QTはCLE27-SAS21とCavsが必死に追い上げますが、さすがに15点の得点差をひっくり返すことはできず、終始を優位に試合を進めたSpursが86-76と幸先の良い1勝目を上げました♪

ちなみにこの日のSpursのポイントは、Perker27得点、Duncan24得点、Ginobili16得点と、この3人で67得点をたたき出してます。何となくいつもよりシュートが決まらないように見えたのですが、そこはさすがはNBA Finalといったところなのでしょうか??

c0061496_2111170.jpg左はSpursのDuncanとPreker。試合中Perkerが放ったボールをDuncanがアリウープで決めようとしましたが、リングに当ててゴールは決まらず…。その後Duncanが「ごめんよ~」みたいな感じで笑いながらPerkerの頭をを引き寄せてるシーンですが、なかなか微笑ましい光景でした(笑)。

Spursの大黒柱といえばやはりDuncan!なのですが、Tony Perkerも素晴らしいGardです。いったいどこに目がついてるんだろうと思ってしまうような角度でパスを出し、自らも中に切り込む。シュートも正確です。

ちなみにWikipediaによれば「強気なゲームメイクと相手守備を切り裂くスピードが持ち味。身長は188センチでNBA選手としては小柄だが、インサイドでの得点も多い」とありました。SunsのNashやLakersのKobeなど、Gardには凄い選手がたくさんいるため、なかなかAwardなどは取れませんが、今年もAll Starに出場したし、何よりDuncanとの息もぴったり!Finalは彼のゲームメイクに大いに期待のかかること間違いなしです。

そしてもうひとり忘れてはいけないのが、同じくGardのGinobili。6thマンなので基本的にはベンチスタート、プレイ時間もParkerに比べて短いのですがですが、競ってる試合でこの人が放つ3Pほど頼りになるものはない。そしてシュートを打つ姿がきれい!

Wikipediaによれば「運動能力は標準的で、身長も198cmと決して高くないジノビリの最大の武器は、抜群の安定感を誇るドリブルでのペネトレイトである。『普通の選手とは違うジグザグした動き』と評されるジノビリのペネトレイトは、瞬時に相手ディフェンスのスキをついてリングに向かい突っ込んでいくというもの。ディフェンスは彼の動きを読めず、ゴールを許すか、ファールを侵してしまう。その上、一般的に守り辛いとされる左利きの選手なので、なおさら止めることが困難になる。また、外からのシュートも得意で、少しでも離すと3ポイントシュートを決められてしまう」とのこと。

今年はSunsのLeandro Barbosaが6thマンとしてAwardを受賞しましたが、Ginobiliは次点でした。この上なく頼れる6thマンであること間違いなし!Finalでも彼の決める3Pがたくさん見られことに期待です♪
by ny-cafe | 2007-06-08 13:23 | NBA
永遠にともに
陣内智則さんが披露宴で弾き語りをした「永遠にともに」が、再び大人気のようですね!私も陣内さんが歌ってる姿を見たくて、You Tubeにアップされるのを楽しみにしていました♪実は2004年10月14日に発売されたこの曲、ひと月半後の私たちの結婚式でも夫がサプライズで歌ってくれました。

2004年4月末に恋人期間なし(大学の先輩後輩だった)、プロポーズから入籍まで2ヶ月で結婚した私たち。入籍して2ヵ月後に夫はアメリカに赴任してしまったため、挙式と披露宴は夫に一時帰国してもらって11月の連休に行いました。夫の赴任前にお料理や引き出物、衣装など大まかなものは決めてしまいましたが、招待状の送付やペーパー類の作成、会場デコレーションなどの打ち合わせは、友達に手伝ってもらいながらひとりで進めました。(夫もメールでやり取りできる分は手伝ってくれました。)もともと物を作るのが好きだった上、結婚費用を貯めるためにも、痩せるためにも、日焼けしないためにも家にいるのは好都合!ということで、挙式までの5ヶ月近くはほとんど遊びに行かず、週末は家にこもってひたすら作業していました。

そして迎えた結婚式当日。夫の友人(私にとっては先輩)が歌を歌ってくれるのは知っていましたが、まさか歌が苦手な夫が一緒に歌うとは思わず、「今日は一緒に歌ってくれる助っ人をニューヨークからよんでいます」という言葉を聞いても私は何のことか分かず、夫が立ち上がってもまだ「えっ??えっ??」という感じでした。夫の親族や友人は夫が歌を苦手なのを知っていたので、会場が一気にざわついたほどです(笑)。

どうやらアメリカではCDが手に入らないので、発売直後の曲をネットで拾い、歌詞を書きとめてひとりで練習したそうです。結婚式前に日本に帰ってからも、私には飲み会と言って友達とカラオケボックスに行き、こっそり練習してくれました。(泥酔してお財布をなくしたのには困ったけど…笑。)

c0061496_20494020.jpgそんなわけで陣内さんが弾き語りする様子を見て、夫が歌ってる間中「頑張れ~頑張れ~」と思いながら聞いていたのと、まさかの歌のプレゼントがすごく嬉しかったこと思い出しました。そして歌詞どうり、結婚式の頃はまだまだ思い出も多くなかった私たちに、この3年間で随分たくさん忘れられない思い出ができたものだと感慨深かったです。

ちなみにマイクの前へ行く前に夫に手紙を渡されましたが、裏に歌詞が印刷されていたのを半年近く気付かなかったことが、夫にとっては一番のサプライズだったようです…。すみませんこんな日記で。

追記:写真のティアラは田崎真珠でお借りしたもの。婚約指輪と結婚指輪を購入したので、真珠がたくさんついた豪華なティアラを無料でお借りできました。これから花嫁になる方、要チェックです♪
by ny-cafe | 2007-06-04 21:04 | 日々の出来事(in USA)
Yuengling工場見学
c0061496_6571997.jpg以前このブログでも紹介した、ペンシルバニアを代表するビール会社Yuengling。先日出張者の方と夫と私の3人で工場見学をして来ました。

Pottsvilleの工場では月曜~金曜日の10:00と13:30、土曜日は11:00、12:00、13:00に見学ツアーが行われます。英語のみのツアーだったため肝心な内容はあまり理解できませんでしたが、実際にビールを作ってる工場の中はなかなか興味深かったです。(ちょっと臭かったけど…。)

ドイツから移民としてやってきたDavid G.Yuenglingが、Pottsvilleという小さな町に「Eagle Brewery」を開いたのは1829年のこと。当初はCentre Streetに工場がありましたが、1831年に火事のため焼失。その後現在のMahantongo Streetに場所を移したそうです。この地にビール工場を設立した理由は、少し先に泉(Yuengling Spring)があるためだそう。しかし現在は1日300,000ガロンもの水を使うため、この泉だけでは水の供給ができず、泉は使われていないそうです。

「Eagle Brewery」から現在の「D.G. Yuengling and Son」に社名変更したのは1873年のこと。David G.Yuenglingの息子Frederickがパートナーとして加盟したことから、社名を変更。「Eagle Brewery」の名前は、ビール樽を持つEagleをトレードマークにすることで残しています。

現在の経営者はDick Yuengling, Jr。彼には4人の娘がいますが、いずれもYuenglingで働いており、そのうちひとりはBrewmasterだそうです。ちなみに一時アイスクリームの製造もしていたそうで、工場の道を挟んだ向かいに大きなアイスクリーム工場の建物が残っています。

土曜日で工場はお休みでしたが、実際に使われている大きなタンクやボトルを詰める建物を見学。最後は地下に降りて生ビール用と思われる樽詰めの作業場所と、以前貯蔵庫として使っていた広大な洞窟を見学しました。この日は暑い暑い1日でしたが、地下の貯蔵庫はひんやりしていて少し寒いくらい。ずっと前に添乗で訪れたMoët & Chandonの地下貯蔵庫と似ていました。

ツアー終了後はお楽しみのビールの試飲。1936年に造られた工場内の趣あるバーで、好きなビールをオーダーすることができます。ひとりひとりサーバーから注いでくれるので時間はかかりますが、雰囲気のあるバーで飲むビールは格別かも。(ビール以外は出してくれないのでお酒が飲めないと辛いけど…涙。)我が家はこれまでLagerばかり買っていましたが、Black&Tanがおいしいことを発見。私は飲めないのでわかりませんが、普通の黒ビールとはちょっと違うそうです。

なお、土曜日の11:00からのツアーに参加しましたが、ツアーの出発時間前になるとワサワサとお客さんがやってきて、50人くらいの大所帯となりました。見学は無料で、集合場所はギフトショップです。ギフトショップの壁にはYuenglingの缶やボトル、それに広告用のポスターが並んでこちらもなかなか良い雰囲気。America's Oldest Breweryというだけあり、一見の価値ありです!なお、サンダルなど足が全部覆われていない靴では参加できないので、実際に見学される方は注意してくださいね。


c0061496_655417.jpgc0061496_655558.jpgc0061496_656766.jpg
c0061496_6562174.jpgc0061496_744579.jpgc0061496_75725.jpg
c0061496_6591885.jpgc0061496_70382.jpg
c0061496_70216.jpgc0061496_704287.jpgc0061496_705536.jpg

c0061496_711411.jpgc0061496_712983.jpg
by ny-cafe | 2007-06-03 07:01 | Pennsylvania!
Spurs vs Cavsに決定!
今日は昼から今年初めてのBBQをしました。今回のお客様はアメリカ人2名、中国人1名、日本人4名。日本人以外の方には何を出したらよいかわからなかったのと、男性がほとんどだったので、いつもより多めに用意してみました。

中心メニューは学生時代の居酒屋バイトで腕を磨いた夫に任せ、焼き鳥とつくねに決定。あとはソーセージ、チャーシュー、マッシュルームのガーリックバター詰め、えびとアスパラのガーリックバーター炒め、チコリとゴルゴンゾーラのサラダ、ピクルス、炊き込みご飯を用意。デザートは小豆で食べてもソーダでわって食べてもいけるよう、白玉のいちご&ラズベリー添え(?)にしました。一応ステーキ用のお肉も用意しましたが、今日は暑くてビールがすすんだせいか辿り着かず…。1.5kgのステーキ肉をどうしたものか、目下思案中です(笑)。

ちなみに夫の作る焼き鳥とつくね、結構おいしいです♪時々気が向いたときにオーブンでつくねを作ってもらうことがありますが、直火で焼いたつくねは格別。夏の間にあと何度かお願いしたいものです♪

それにしても、今日は初めてアメリカ人の若い女性と話ができて嬉しかったです。アメリカに住んでいるものの、現地の方との交流はほとんどなく、たまに英語で話をするのはESLの先生か大家さんくらい。若い女性と隣り合わせて会話をしたのは初めてです!とってもかわいらしい方で、聞き取れない、単語がわからない、言いたいことが伝えられないという弊害はあったものの(涙)、思いのほか楽しく過ごすことができました!仲良くなれると良いなぁ…。


BBQがお開きになった後は、8:30からTVの前へ。今日はNBAのEastern Final第6戦がありました。Pistons対Cavsの試合は1戦目からかなり熱い戦いで、これまでの結果は第1戦DET 79-CLE 76、第2戦DET 79-CLE 76、第3戦CLE 88-DET 82、第4戦CLE 91-DET 87、第5戦CLE 109-DET 107という内容。試合終了直前までどちらが勝つか分からないという、とってもストレスのたまるゲームを繰り返していました。

そして3-2とCavsリードで迎えた今日の試合。Cavsが勝てばNBA Final進出が決まる試合だったため、本拠地でNBA Final進出を決めたいCavsが若干優位に試合をすすめていました。それでも3rd QTまではどちらも譲らず、スコアは1stQT DET21-CLE27、2ndQT DET27-CLE21、3rdQTDET18-CLE19と1点差。このまま僅差の勝負をするのかと思いましたが、4thQTはPistonsのシュートがなかなか決まらず、ミスやファールも相次ぎDET16-CLE31という結果に。82-98でCavsがWestern Finalを制しました。

ちなみに第5戦でPlayoffsのキャリアハイとなる48得点をあげたLeBronは、本日も攻守にわたって大活躍。素人目にも凄い選手だということが良く分かりました。


ということで今年のNBA Finalは、4-1で早々に試合を決めたTim Duncan率いるSpursと、怪物LeBron率いるCavsに決定!なんと妹が遊びに来た際に観戦したSixersの対戦チームが、NBA Finalで戦う結果になりました♪他のチームはほとんど選手の顔も名前も分かりませんが、この2チームとSixersだけは分かります♪今からNBA Finalが楽しみ。おいしい試合を選んでくれた妹に感謝です!(LeBronは怪我で欠場だったけど…。)
by ny-cafe | 2007-06-02 23:58 | NBA