m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2007年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
暴走列車
またまた少し前の話になりますが、10/21(日)は間もなく帰任するお友達のアンティーク納めについて行くという名目で、例の場所へ出かけてきました♪今回は夏の間、毎週末屋外で開かれるフリーマーケットが終了間際ということで、いきなりお買い得品がたくさん。1軒目から私の暴走は止まることなく、2軒目、3軒目とはしご。私の集めてるものがリーズナブルな価格でたくさん出ていたこともあり、次から次へとキープ棚へ運ばれ、色々お宝を手に入れることが出来ました。

ちなみに今回一番の大物は、Blue Horizonのリフセット。このシリーズを集め始めてから2年以上、ついでにこのブログで欲しいなぁこれ…と書いてからも1年8ヶ月くらいになりますが、初めて実物を見ました。お値段の方はさすがに4点コンプリートだったためそこそこしましたが、状態はエクセレント!おまけにブース全体が20%OFFになっていたため、結果的にはなかなか良い値段で買えたのかも♪ちなみにジャンク狙いの私には珍しく大奮発!横で見ていたお友達ふたりが、初めて見せた私の決断力の速さにびっくりしてました(笑)。

c0061496_3581848.jpgその後3軒目で同じ柄のミキシングボールのセットのうち、柄ありの大小ふたつを格安で購入。小さいボールはどんぶりとして使うため、これで3つ目。4つ揃ったところで、このシリーズはおしまいにするつもりなので、ようやくゴールが見えました♪

というわけで、折角なので我が家のBlue Horizonを集めてみました。お値段重視で色んなシリーズに浮気してる私なので、良くぞここまで集まったという感じです(笑)。

c0061496_4432715.jpgちなみに左は愛してやまないMadridのBlue。私が一番大好きなデプレッションのシリーズです。単品でもなかなかお目にかかれないレアなシリーズで、こんなに揃っているのは本当に珍しい。さすがにお値段の方もなかなかで我が家にはとても手が出ませんが、ここの前を通るたびにかたまり、しばし深い深いため息とともに眺め、最終的に軽く凹んで他のお店に移動を実はもう3度も繰り返しています(笑)。実物はもう少し色が薄くて、色も柄もとにかく素敵。お店の方には悪いけど、当分売れないと良いなぁ…。

なお、夫はこの日、朝から送別ゴルフで不在。一旦帰宅して夕方から送別会に出かける予定だったので、私たちは別のお友達も誘って近所のイタリアンへ。お腹いっぱいになるまで食べて、たくさんおしゃべりしたあとは、夫の留守の間に戦利品を洗い、ついでにこそっと棚にしまってしまおうともくろみましたが、予想外に早く夫が帰宅…。結局全部見られてしまいました。

幸い我が家は夫のゴルフと私のアンティークは暗黙の取引条件になってるので夫は何も言いませんが、ちょこっと良い嫁を演じようと思います。ちょこっとだけですがね…(笑)。
by ny-cafe | 2007-10-29 00:41 | Love☆Antique
Happy HalloweenとFarewell
金曜日、土曜日と久々にかなり濃い2日間だったので、日記を書いてみます。

☆金曜日
スポーツの秋!というわけではないのですが、金曜日は朝からテニスをしてきました。夏の間にちょこっとお邪魔させてもらっていたテニスに先週から再び参加させてもらう予定でしたが、先週は出発直前に車のエンジンがかからず泣く泣くキャンセル。今週は無事に車が戻ったので(バッテリー交換だけですみました♪)、早起きして出かけてきました。この日は10時過ぎには到着できるように出かけましたが、目的地周辺でなぜか反対側に曲がってしまい大きく時間をロス。結局周辺をぐるぐる回って大遅刻になってしまいましたが、何とかコートを見つけ、1時間ほど練習してきました。肝心なテニスの方は、改めて体力不足を痛感…。でも良い運動になりました。ちなみに翌日は朝から足首、ふともも、足の付け根、腰、お尻、肩、腕、手のひらと全身くまなく筋肉痛に…。まだまだ痛みを感じるだけの筋肉があったのかと前向きに考えることにします(笑)。寒くなる前に、少しでもテニスが出来ると良いなぁ~。

c0061496_1321484.jpg昼前にコートを上がったあとは、一旦家に帰ってシャワー。午後からはご近所のお友達の家でちびちゃんずが集結するハロウィンパーティに参戦する予定。久々に化粧をしたらうまくいかず若干遅刻しましたが、歩いて40秒ほどでお友達宅に到着。お子ちゃまたちは既にみんな衣装を着ていて、部屋の中はすっかりハロウィンムードに♪私はチョコレートやプリッツェルを袋に入れただけでしたが、他の方々はみんな手作りのお菓子を持ち寄ってくれて、おいしいおやつをいただきながらの楽しいハロウィンのイベントになりました。この日は2歳未満のちびっこが4名だったため、さすがに全員揃っての写真を撮るのはなかなか大変!でも可愛い表情がたくさん取れて、なんだかこちらまで幸せな気分に♪残念ながらちびちゃんずの写真は載せられませんが、代わりにお友達が作ってくれた芸術作品をのせてみます。魔女や黒猫がちょこんと乗ったカップケーキに、ハロウィンのモチーフで片抜きされたクッキーやゼリーなど、どれもかなりの力作です♪

この日は6時からTreak or Treatがあったので、5時くらいには解散して家でスタンバイ。PAの私たちの住むエリアは、なぜかタウンシップごとにTrick or Treatの日時が決められていて、今年はハロウィン前の金曜日の6-8時になっていました。去年もTreak or Treatの日は朝から雨が降り、気温もぐーんと下がったため我が家に来てくれたのはひと組かふた組だけ。今年も雨降りの寒い1日だったため心配していましたが、案の定来てくれたのはふたり組の女の子がひと組だけでした(涙)。あまりに寒かったのでカメラを向けるのも申し訳なく写真はありませんが、そのうちひとりは70年代のウエイトレス風スタイルで、水色のワンピースにふちの上がったサングラス、手にはカップとお皿、ナイフとフォークがくっついたトレイを持っていてとっても可愛かったです。Trick or Treatを楽しみにしてる身としては、かなり悲しい結果となりました。

7時くらいには雨も強くなり、子どもたちが歩く気配も全く感じられないので、電気を消して夫とともにユウさんのお宅へ。翌日PAを離れるお友達夫婦を囲んで、3家族で食事会の予定。お世話になったお礼に最後はおいしい料理をと思ってサーモンにチャレンジしましたが、ソースが固まらずがっかり(涙)。でもユウさんがおいしいキッシュやパエリアを用意してくれて、最後のディナーは大盛り上がり!もうこうやって一緒に食事をすることも当分ないのかと思うとかなり寂しいものがありましたが、日が変わるまでおしゃべりして、楽しい夜を過ごすことができました。ユウさん、色々セッティングありがとう&ご馳走様でした。

c0061496_28756.jpgちなみにこの日、私の顔にはずっと蝶々が~。描いてくれたKakoさんから「そのまま行くように~」というお達しが出たので、作者の意思を尊重してそのまま食事会へ行きましたが、途中から新しく赴任された方が急遽おふたり参戦することに。「初めまして~」と挨拶する私の右ほほにはにあまりにラブリーな蝶々が(笑)。しかも左端に座っていたので、どうやっても隠せない。いつか事情を説明する機会があることを祈ります(笑)。



☆土曜日
いよいよお友達がPAを離れる日。10時にリモが出発するとのことだったので、駐在員仲間がたくさん集まってサプライズでお見送りすることに。ついにこの日が来たかという感じで、途中から涙が止まらなくなりました。LIにいたときからお世話になり、またご主人が夫と同期だったこともあって我が家にはずっと心強い存在でした。Nさん夫妻、今までほんとにありがとう。日本に帰ってからも元気でね。今度は日本でおいしい日本酒を囲みましょう!

お友達夫妻を見送ったあとは、いつものテリヤキシェフへ。引越し直後から通い始めて1年以上になりますが、今日はお店のご主人を初めて見かけました。食べてる途中だったので何もお話できませんでしたが、帰るまでには一度お礼がしたい!おいしい日本食を$5とか$6でいただけるなんて、アメリカ暮らしにはありがたい存在です!

お腹を満たしたあとはオークション会場をちょこっとのぞき、夫のたっての望みで場外馬券場へ移動。今日は年に1度の競馬の祭典(?)、G1レースが10戦立て続けに開催されるブリーダーズカップの日。私たちの家の近くにはどうやら純粋なOTB(場外馬券場)はないようで、入場料が$1かかるラウンジ風の場外馬券売り場へ行きましたが、中の施設が充実していてびっくりしました。座席数やモニターの数も多く、壁側席にはモニターの4つついた4人がけの席があったり、ひとり1台モニターが用意された自習室のような机が並んだ部屋もあったり。いずれも早いもの順のようで、これで$1なら安いもの。私は競馬のことは全く分からないので、夫が新聞とにらめっこしてる間中「早く終われ~」というプレッシャーを軽くかけていましたが、ちょうど第5レースが間もなく始まるところだったのでそれだけモニターで観戦し、ついでに以前万馬券を当てた縁起の良い数字をボックス買いしてもらい、家に帰りました。

ちょうど家に帰る頃には雨も上がったので、当初の予定通りPoconoに紅葉を見に行くつもりでしたが、ほんのちょっと横になったらそのまま眠くて起き上がれなくなり、気がついたら夕方までソファーで暴睡。ちょうどメインレースが開催される時間だったので夫とともにTVを見ていたら、本日初当たり♪というわけで夕食は夫の会社の近くのタイレストランに行くことにして準備をしましたが、出かけようと思った矢先にハロウィンの衣装を着た子どもたちがやってきてびっくり!「腹へった~」という夫の言葉を1時間以上ひたすら無視し、7組ほどの衣装を着た子どもたちを見ることができました。やっぱりハロウィンはこうでなくちゃ!

その後はタイレストランはやめにして、久々に和食どころRobataへ。そういえばお寿司を食べたのは何ヶ月ぶりだろう??もう食べてる間中にんまりでした。こうして食事に連れて行ってもらえるから、夫の賭け事もやめにしてと言えない我が家です(笑)。ちなみに今日はワールドシリーズ3戦目で松坂が登板の予定。家に帰ってからTV観戦していますが、さてさて、松坂vs松井の対決はどうなることやら。明日は夫は朝からゴルフなので、今日は夜更かししてTVでも見ようと思います。

c0061496_13372261.jpgc0061496_13373963.jpgc0061496_133818.jpg
by ny-cafe | 2007-10-28 07:40 | アメリカ生活
間もなくハロウィン
c0061496_12552637.jpg早いもので10月も終盤。クラフトショップやスーパーでは、ハロウィンカラーに混ざってクリスマスのデコレーショングッズもたくさん見かけるようになりました。11月、12月はアメリカではHoliday Season、今年もめいっぱい楽しもうと思います。

左は高速道路の乗り場近くで見つけた小さなPumpkin patchもどきです。ここではひとつ$10で好きなかぼちゃを持ち帰ることが出来るようです。1度本物のPunpkin Patchに行ってみたいのですが、今年も無理かなぁ…。
c0061496_1342783.jpgc0061496_13442100.jpgついでなので、ハロウィンの写真をまとめてみました。この時期お菓子売り場はハロウィン一色でとっても楽しいです♪

m&m'sの袋には黒とオレンジのチョコレートが入っていて、いつもと同じ味なのにあれこれ欲しくなるのは私だけ??色々カートに入れたくなる衝動を必死で押さえてます(笑)。

c0061496_12484720.jpgc0061496_1249553.jpg
c0061496_12482196.jpgc0061496_12483437.jpg
c0061496_12503425.jpgc0061496_12504942.jpg
家の中もハロウィン仕様にしてみました♪花の色が変わったくらいであまり変化はありませんが…。c0061496_4213360.jpgc0061496_421499.jpg
by ny-cafe | 2007-10-22 04:25 | アメリカ生活
Jim Thorpe
10月に入ってからもしばらく暖かい日が続いていたPAですが、先々週あたりから気温がぐ~んと下がり、本格的に冬の準備をしなくてはならない季節になりました。ここ1週間ですっかり景色もかわり、ドライブの間に美しい紅葉をたのしめるとようになって、ちょっと嬉しいやら悲しいやら…。来週あたりは、どこかに出かけなくては!

c0061496_9414620.jpgさてさて、ゴロゴロと家で過ごすことの多い我が家ですが、先週末(10/14)はJim Thorpeという小さな町に出かけてきました。夫の同僚に「なかなかおすすめ」と言われていたそうで、ご主人が出張中の奥さん友達も誘って3人で出かけてきました。

Lehigh Coal and Navigation CompanyがMauch Chunkという町を建設したのは1818年のこと。炭鉱の町、そして石炭の輸送地として発展したこの町は、山間の小さな町ながら歴史的な建物が色々あるようです。

c0061496_11203725.jpg町の名前が現在のJum Thorpeに変わったのは1953年のこと。Mauch ChunkとEast Mauch Chunkが合併した際、1912年のストックホルムオリンピックで活躍したネイティブアメリカン、Jim Thorpeにちなんでこの名前がつけられたそうです。

今回は夫に全てお任せで出発。現地では Lehigh Gorge Scenic Railwayに乗ったあと、Asa Packer Mansionを見学。その後町の中を少し散策しただけですが、古い建物と緑が調和してなかなか趣があってよかったです。

ちなみにLehigh George Scenic Railwayは40分ほどかけて山の景色を楽しむことができますが、同じところを行って帰ってくるだけなので、若干肩透かしな感が否めませんでした。進行方向に向かって、に乗るのがおすすめです。


c0061496_11211337.jpg左はLehigh UniversityとLehigh Valley Railroad の創設者Asa Packerが1861年に$14,000(現在の金額だと$2.3million)をかけて建設した豪邸、、Asa Packer Mansionです。館内は18もの部屋があり、それはそれは贅沢なつくりでしたが、残念ながら写真撮影は禁止…。こちらに写真があるので良かったらのぞいてみてください。

ちなみにここで一番興味深かったのは、Grand Welte Cottage Orchestrionという1500ポンド(680kg)もある巨大なオルゴールのような楽器です。スイスから運んできたそうで、ガイドのお姉さんによればアメリカには3台しかないそうです。そのうち1台はスミソニア博物館にありますが、500ものパイプを使っているそうで、細かい部品が壊れてしまい現在では演奏が聞けるのはここだけだそうです。ここでは毎ツアー演奏を聞かせてくれるそうで、短い曲でしたがもちろん私もしっかり聞いてきました♪HPで演奏が聞けるので、興味のある方はどうぞ。



なお、Jim Thorpeには石炭を運ぶために1827年につくられたSwitchback Gravity Railroadがあるそうです。アメリカで2番目に古い鉄道で、写真を見ただけですがまさにジェットコースターの原型という感じ。鉄道というより、むしろトロッコみたいですが…。

ちなみに今年は10月上旬まで暖かい日が続いていたので、紅葉の時期にはちょっと早かったようですが、この日はFall Festivalが開催されていてなかなか賑やかでした。前出の Lehigh Gorge Scenic Railwayは毎年秋のこの季節、日にち限定でAutumn Leaf TrainをNJのClintonから運行させているそうです。今年は10/13、14日に蒸気機関車が走る予定だったようで、ちょうどこの電車に乗ってきた駐在員ご夫妻にお会いしましたが、この日はなぜか蒸気機関車から急遽ディーゼルに変更になってしまったそうです。アメリカではなかなか電車の旅を味わうことができないので、私もいつか乗ってみたいです。なお、Switzerland of Americaというニックネームを持つこの町は、毎年クリスマスの時期にOlde Time Christmas Festivalというイベントを開催する模様。またクリスマスのイルミネーションの頃を狙って出かけてみようと思います。

c0061496_11421991.jpgc0061496_11433656.jpgc0061496_11435762.jpg

c0061496_11441813.jpgc0061496_11443058.jpgc0061496_11445360.jpg

c0061496_1119712.jpgc0061496_11415145.jpg
by ny-cafe | 2007-10-21 12:03 | Pennsylvania!
お嫁入り
c0061496_3132351.jpgESLの容赦ない宿題&レポート攻撃でなかなか取り掛かれないクロスステッチ、久々に再開しました。といっても相変わらずMasonもPennsylvaniaも中断したままで、今回は赤一色のフランスものに挑戦。間もなく帰国するお友達へのプレゼントに、クリスマスのステッチを1日10時間x2日で刺しました。

この集中力、なぜほかで使えない(笑)。

アメリカのクリスマスを思い出してくれるとよいなぁ。
(フランス語だけど…笑。)
by ny-cafe | 2007-10-20 00:42 | チクチク針仕事
色々ありそうな1日…
今日(金曜日)は朝からついてないことがいっぱい…。まずは昨日の夕方乾燥機に放り込み、そのまま放置されてた洗濯物が生乾きで朝からパニック…。旦那を見送ったあとは、月末に帰任する友達に渡すプレゼントのラッピングが気に入らなくて、試行錯誤を繰り返すうちに30分以上経過…。その後お天気がイマイチだったので、午前中のテニスがあるかどうか迷惑な電話を2件ほど入れ(朝から住みませんでした~)、テニスがあることを確認。今日は夏の間ちょこっと参加させてもらったテニスにお邪魔したあとフェアウェル飲茶に流れる予定だったので、大急ぎでシャワーを浴びてから着替えやらラケットやらを用意して少し早めに車に乗り込んだところ、こういう日に限って車が動かない!!!!!!鍵をまわしてもエンジンがかからず、計器類がパタパタとおもちゃのように振れるだけ。

なんなのよ~!!!!!

もう久方ぶりに大パニックですよ~。
とりあえず10分ほど鍵をまわしたり抜いたりしてみるも全くダメ。
(↑こんなことくらいしか思い浮かばない…。)

これ以上鍵をまわし続けても埒があかないので、テニスの方はごめんなさいの電話を入れて泣く泣くキャンセルし、仕事中の夫に電話して事情を説明しました。夫も車を見てみないと何とも言えないようでしたが、とりあえず2年前にバッテリーあがりで痛い目にあった際に購入した強力バッテリー(ジャンプスターター)を投入しようと思い、地下から運んでみることに。当然つなぎ方など知らないので夫に教えてもらおうとしましたが、「変な風につなぐと危ないからね」というありがたいアドバイスが入り速攻で断念。だって怖いですもの~。

中途半端な時間にAAAを呼んでランチにいけなくなるのも嫌だし、そもそも電話して万が一AAAがきてくれたとしても、その先のもろもろの手続きを英語でする自信はまったくなし。もし修理工場行きの場合、そこも手配しないといけないしね…。というわけで、車はそのまま放置することにして、一緒にランチに行くお友達にピックアップをお願いしました。

先月は夫の車が壊れて廃車にしたばかり。私の車、バッテリー交換くらいですめば良いんだけど(涙)。
ついでに今日はこれ以上ついてないことが起こらないことに期待…。

みなさん良い週末を…。
by ny-cafe | 2007-10-19 23:59 | 日々の出来事(in USA)
Dorney Park
c0061496_11583071.jpg少し前の話になりますが、先日夫の会社のFamily Dayで、Dorney Parkという遊園地に行ってきました。我が家から車で10分ほど、76というよく使う高速道路沿いにあるため、帰国するまでに1度くらいは行ってみたいなぁと思っていましたが、外から見る限り絶叫系のアトラクションが多く、おまけに入場料もそこそこします。そのため我が家はこれまでなかなか行く機会がありませんでしたが、今回は金曜日の夕方から遊園地が丸ごと貸切になり、入場料+食事が無料というなんとも太っ腹なイベント。夫とともにでかけてきました。


c0061496_12234716.jpgまずは園内を軽く1周するつもりで歩いてみましたが、早速駐在員のご家族に遭遇。学齢期のお子さんがいらっしゃるご家族は少し離れたエリアに住まわれてるため、普段なかなか会えない方々にお会いできるのもFamily Dayの嬉しいところです!しばらく立ち話をしたあとで、食いしん坊の我が家はフードコートを目指しました。

早々とアメリカンな食事をすませたあとは、さらに奥の方へ進み、絶叫系やら小さい子ども向けのアトラクションを眺めていましたが、既に絶叫系のアトラクションはほとんど制覇したらしい夫の同僚Mと若手の駐在員の方に声をかけられ、いっしょにお化け屋敷に行くことにしました。ホーンテッドマンションのようなアトラクションを期待しましたが、こちらはファンタジーのかけらもなく、リアルなモンスターが本気で脅かしてくるので結構怖かったです。


その後は園内で1番怖そうなジェットコースターのふもとまで行き、そのままUターンして戻るつもりでしたが、ここで不覚にも夫の同僚とはちあわせ。「初めまして~」の挨拶をすませてそのまま別れるつもりが、「なんで乗らないんだ~」とか「クールだから乗ってみろ」と言われ、なんだか断れない雰囲気に…。夫も私もなかば諦めモードで入り口へと向かいました。普段は多少待ち時間のあると思われる人気アトラクションも、この日は待ち時間ゼロ(といううかお客さんがひとりしかいなくても動かしてるし…)で、乗り場に着くや否や有無を言わせずマシンに乗る感じ。色々考える間もなくいきなり頂上まで運ばれ、そのまま急降下…。腰でベルトを締め、セーフティーバーをおろすだけのジェットコースターだったため、お尻が浮く感じでかなり恐ろしかったです。高所恐怖症の夫にとっても、もともと絶叫系が苦手な私にとっても、かなり辛い体験でした(笑)。

これですっかり絶叫系はご馳走様になった私たち。その後は園内を再びうろうろし、入園時にもらったクーポンでゲームをしたあと、最後にふたつほどあまり怖くないアトラクション乗ってみましたが、そのうちひとつはふたり乗りのカートのようなものが地上15mほどのところまで上がり、レールの上をカクカクと曲がりながら進むアトラクションで、スピードはないもののカートが曲がりきれずに落ちるのではないかと思い、乗ってる間中気が気ではなかったです。もうアメリカでこの手の乗り物に乗るのはやめようと思いました。

ちなみにDorney Parkの営業期間は5~10月で、そのうち5、9、10月は金土日のみ営業。ハロウィンが終わると、5月までしばらくお休みとなるので、このタイミングでいけてよかったです。夕方から数時間だけでしたが、駐在員のご家族や、夫の同僚にもたくさん会えて楽しい夜になりました。

c0061496_1203352.jpgc0061496_1205135.jpgc0061496_1274790.jpg

c0061496_12101046.jpgc0061496_1243627.jpgc0061496_1234985.jpg

隠れキャラのスヌーピーもすっかりハロウィン仕様
c0061496_121137.jpgc0061496_12113083.jpg

c0061496_1212752.jpgc0061496_12125514.jpgc0061496_12122774.jpg
by ny-cafe | 2007-10-15 12:50 | Pennsylvania!
Yellowstone&Grand Teton旅行記 Vol.8
だいぶ日記の更新が滞っています…。この間何をしていたかと言うと、渡米されたばかりの美しい奥様と仲良くしてもらい、日本びいきでフレンドリーな夫の同僚の誕生日を祝って我が家で酒盛りし、今期最後かなぁと思われる焼き鳥&つくねBBQで大笑いし、ESLの先生にもらった風邪で寝込みました。その後はフィリーズが13年ぶりにプレイ・オフ進出を決めた試合を球場観戦したお友達夫婦をさんざん羨ましがり、月末に帰任するお友達&出産のために間もなく長期帰国するお友達のサプライズパーティでおいしいお菓子をたくさんいただき、この間に渡米以来ずっと頑張ってくれた夫の車が145,000マイルで現役引退し、気がつけばあっという間に9月が終わり、10月になりました。本格的にハロウィンカラーでいっぱいになってきたので、我が家もかぼちゃを買ってみました。またそのうちかぼちゃの写真はアップします。まずはだいぶ引っ張ってしまった旅行記の続きから。

c0061496_10407.jpg☆6日目(この日の走行距離129マイル)
06:20 朝日を見にOxbowbendへ
06:50 雲が厚かったため間もなく撤収
07:00 当てもなくドライブ
08:30 部屋に戻ってふて寝
09:00 朝食後ドライブ
10:00 Jenny Lake周辺を散策
13:00 昼食後、Colter Bay散策
15:00 Oxbowbent周辺をうろうろ
17:00 Jackson Lake Lodgeで夕食&休憩
20:00 ホテルへ

6日目も朝からすっきりしないお天気。この日はOxbowbentで朝の景色を堪能するつもりでしたが、厚い雲に覆われていたため程なく撤収。前日お会いした日本人の方から「ムースの親子がいた」と聞いていたので、動物との出会いを求めてあてもなくドライブしましたが、収穫はゼロ。結局1時間ほどウロウロして、Cabinへと戻りました(涙)。

c0061496_22334028.jpgデリのおかず+レトルトで朝食をすませたあとは、前日断念したトレイルにチャレンジするため、Jenny Lakeへ。ボート乗り場(East Boat Dock)で往復のチケットを買ってボートが出るのを待ちましたが、この日は朝からずっと雲がかかったままで、湖の上に建てられたボート乗り場はすごく寒かったです。左は係りのお兄さんたちですが、既に冬支度といった感じでしっかり着込んでました。Grand Tetonの9月はもう夏じゃないんだを、改めて実感する1日でした。(ちなみに私はこの日1日ダウンジャケットが手放せませんでした。)

ボートでJenny Lakeの対岸へ渡ったあとは、早速トレッキング開始。Hidden FallsとInspiration Pointを目指しました。残念ながらInspiration Pointの眺めは曇っていたためイマイチ。頑張って登った割にも感動も薄…。晴れていたら眺めが良かったでしょうね…。この日もお天気に泣かされた1日でした(涙)。


◆トレイル中の小さな滝とHidden Falls
c0061496_2234090.jpgc0061496_2235559.jpg

◆Inspiration Point手前の険しい山道とInspiration Pointからの眺め
c0061496_22352719.jpgc0061496_22354872.jpg

◆West Boat Deckからの眺め
c0061496_2236730.jpgInspiration Pointを出るときはポツポツと小雨が降っていましたが、ボート乗り場に戻る頃には少しだけ青空が見えるようになっていました。ここからは湖の周りをぐるっと半周して、もと来た場所へ戻ることも出来ますが、ガイドブックによれば8kmもあるとのことなのでもちろん私たちはボートで渡ることに。本当はその後カヌーにチャレンジしてみたかったのですが、この日は気温も低いままだったので、花形に並べられたカヌーの写真を撮ってJenny Lakeをあとにしました。

c0061496_22364734.jpgc0061496_2237688.jpg


◆Colter Bayc0061496_22373526.jpg
トレイルでお腹が空いたので、前の晩同様にJackson Lake Hotelで食事をすませ、私たちの宿泊するColter Bayへ。ここでは例年クルーズが催行されてるようですが、今年は湖の水位が極端に低く中止されているそう。折角のマリーナも水鳥が遊ぶ悲しい景色になっていましたが、少しだけトレイルしてみました。残念ながらあまり景色の変化がなく、その上お天気もパッとしないままだったため、40分ほどでトレイルは終了に。そのはVisiter Centerを少しだけのぞき、再び当てもなくドライブしました。


雨こそ降らないものの、この日は朝からずっと曇っていてとにかくパッとしないお天気。折角の美しい山々の景色もみえず、半ばヤケクソ気味にドライブしていましたが、Jackson Lake Hotelの少し先で人だかりを発見!私たちも路肩に車を止めて行ってみると、橋の下の草地でムースの親子が草を食べていました!平たい角のある雄のムースは最後まで見れませんでしたが、ようやくGrand Tetonのシンボルに出会うことができて満足です♪

◆ムースの親子
c0061496_22381459.jpgc0061496_22392673.jpg

◆Oxbowbent
c0061496_22394864.jpgc0061496_2240794.jpg
c0061496_2240247.jpgムースの親子にしばし感動したあとは、Oxbowbentへ移動。ここはSnake Liverが大きく流れを変える場所で、Grand Tetonでも人気のフォトポイントです。Jackson Lake Hotelからさほど遠くないので、Grand Tetonへ移動してからは何度もここへ来ては山と川の景色を写真におさめようとしましたが、毎回厚い雲に邪魔されて、結局撮れたのは上の写真のように山のない景色ばかり…。今回の旅行、唯一ここからの景色を堪能できなかったのが心底心残りです。ちなみに左は、初日にYellowstoneへ移動する途中にたまたま撮った1枚。無念です…。

その後も美しい山の景色を求めてドライブを続けましたが、最後まで雲がどかなかったので諦めて再びJackson Lake Hotelへ。ここで早めの夕食をすませ、ラウンジ前から最後の夕焼けを眺めました。


c0061496_9485119.jpg

c0061496_22405996.jpg☆7日目
05:00 Cabin発
05:40 ジャクソンホール空港着
07:40 ジャクソン空港発
16:00 フィラデルフィア着

最終日は移動のみ。空港のカフェから、ガラス越しにGrand Tetonの山並みが見えました。あと1時間飛行機が遅かったら、美しい朝日の景色が見れたのに…。次回国立公園を旅するときは、朝日を見てから帰れるように飛行機を手配します(涙)。


というわけで、旅行記はこれにて終了。毎回のことながら、ダラダラと長くなりました。お付き合いくださった方、感謝です!


追記:今回Grand Tetonで度々お世話になったJackson Lake Hotelには、窓越しに山々を見ながら食事が出来るレストランのほかに、カジュアルなグリルがあります。こちらはお値段もリーズナブルでその上お味もなかなか。ボリュームもあるので、なかなかおすすめです!
by ny-cafe | 2007-10-06 10:29 | Travel☆Travel