m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ゴミ散乱!
今日は朝から強風。日差しは温かいものの風が強くて、少し外に居るだけで震えそうになる1日でした。今日はカレッジがあったので朝から家を出ましたが、ガレージを開けて目に入った光景に唖然としました。運悪く週1回のごみ収集日に当たったこの住宅地、道路の上にゴミが散乱して汚いことこの上なし(涙)。幸い我が家の前の通りの一般ゴミは既に回収されていたようですが、丘の上から下ってくる道路は未回収だたようで、タイヤつきのドラム缶サイズのゴミ箱が風で押され、ズズッ、ズズッ、バタン…。倒れたゴミ箱から中に入っていたゴミが風で押し流されて、ついでに軽くなったゴミ箱も一緒に転がってましたよ。

風の通り道になっている我が家は普段でも色んなゴミが飛ばされてきますが、今日は濡れた広告やビニール袋、ペットボトルが玄関前の低い植木に絡まっていて、不愉快なことこの上ありませんでした。私たちの住むタウンシップでは、ゴミの収集は手作業ではなくアームの伸びる収集車で行われますが、中にはゴミ袋を使わず紙ごみなどはそのまま箱に捨てている家もあるようです。倒れたゴミ箱から中の様子が見えて一気に不機嫌になりました。

ちなみに夕方帰宅したらさらに大変なことになっていて、道路とは反対側、リビングに面したコーン畑との境の芝生に、我が家のではない大きなゴミ箱がふたつと、リサイクル用の小さな箱ふたつが転がり(放置されても困るので道路まで運んだけど…)、境目の背の低い木にはこれでもかっていうくらいゴミが散らかっていました。

でも一番ひどかったのはペットボトルや段ボールといったリサイクルゴミ。回収時間が10時頃と比較的遅く、また回収用の箱がふたなしの軽いタイプなので、横倒れになったゴミがもれなく下の方に飛ばされた感じです。我が家だけではなく、今回はお隣もそのお隣も、もちろんそのまたお隣も丘の上やら道路をはさんだお向かいからから飛ばされたゴミが散らかり(もちろん自分の家のも)、風の通り道でない分、道路に面した芝生に夕方までゴミが散らかってる家もありましたが、反対側の芝生はなぜだか我が家とその両サイドに集中砲火的にゴミが集まってます(涙)。ゴミの吹き溜まりと化したコーンフィールドに面した芝生、我が家の掃除範囲内でないのがせめてもの救いです。でも誰が掃除するんだ??リビングのブラインドを開けるのが嫌になりそうな日が当分続きそうです。(あくまで掃除する気はない。)
by ny-cafe | 2008-01-31 12:56 | 日々の出来事(in USA)
どうしても慣れない
アメリカ生活も4年目を迎え、だいぶ色んな感覚が麻痺してきました。例えば一時帰国中に立ち寄ったデパートの地下では、美しいケーキを見て「おいしそう♪」の前に「わっ、ちっちゃい」と言ってしまったし、ファーストフードなどでドリンクのリフィールができないのも「ちっ」って思っってしまいました。コンビニのレジで「130円が1点、80円が1点」とかいちいち言われるのも面倒だと思ったし、ホテルでチェックイン時に3人くらいスタッフがついたときは「そんなに高いプランで泊まってないんですけど??」と言いそうになりました。

日本では行儀が悪いと言われる食べ歩きなんか平気で出来るし、もともと日本でも手を抜きまくりだった化粧やお洒落は、その意味すら忘れそうになってます。(良いのか私???)

なんだかアメリカ生活の楽なところはとことん吸収し、日本人として残しておくべき節度をすっかり失ってしまった感が否めない私ですが、それでもどうにもこうにも慣れないことがいくつかあります。その中でも一番抵抗があるのがトイレの床に平気で荷物を置くこと。ホテルのトイレ、劇場のトイレ、球場のトイレ、もちろん駅のトイレの床ですら平気で足元に荷物を置きます。特に冬場のこの時期は、ダウンジャケットやコートが見えてたりして…。

フックが取れた個室も多いので仕方がないのかもしれませんが、私はこれだけは絶対ムリ。だってちゃんと定期的にお掃除が入ってるホテルのトイレですら、「どうしたらこんなに汚せるんだよ!!!!」と発狂しそうになる使い方をする人がいたりするわけで、そんなところに自分の身につけるものを置くなんて考えただけで鳥肌立ちそうです。フックがなかったら最後、もうありとあらゆる方法で対処しますよ(笑)。

トイレに対する概念が根本的に違うのでしょうし、そもそも私の持ち物じゃないし…。人さまのすることにいちいち目くじら立てるわけではないのですが、でもトイレに置いたそのかばんや新聞、普通にレストランの椅子とかにも置くんだろうなと思うとやっぱりちょっと嫌だなぁ…。

ちなみに夫のオフィスでは、洗面台に荷物を置く人が多いとのこと。これは個室利用かそうでないか、もちろんオフィス内かそうでないかでの違いも大でしょうが…。いずれにしても、これだけは、何度目にしてもやっぱり真似できないアメリカの習慣です…。
by ny-cafe | 2008-01-30 00:31 | アメリカ生活
大量のクロワッサン
久々にSAM'S CLUBでお買い物。COSTCOのメンバーだった頃は用もないのに毎週出かけ、大量のお肉やら野菜を仕入れたあとにフードコートでホットドックやらピザを食べていた我が家ですが、SAM'S CLUBのメンバーになってからはめっきり行く機会がなくなりました。

c0061496_0125292.jpgお肉や野菜はファーマーズマーケットで新鮮なものが手に入るし、最寄のSAM'Sにはフードコートがないので、これも行かなくなった理由のひとつ。いつも空いてるのはありがたいのですが、その分何となくCOSTCOに比べて品揃えがイマイチな感も…。それでも大量のお土産を買うときとか、トイレットペーパーやキッチンペーパー、あとは洗剤類やゴミ袋がなくなったときはやっぱりここで買うのが一番楽な気がして、我が家にとっては何となく欠かせない存在です。昨日は洗剤とトイレットペーパーがなくなりそうだったので、お友達と出かけてきました。

c0061496_2344416.jpg巨大な冷蔵庫にずらっと並ぶ冷凍食品も一度試してみたいのですが、通常よりジャンボサイズなので失敗したときのリスクが怖くて未だ抵抗あり…。とりあえず、昨日はパック詰めされた大量のクロワッサンを買ってみました。ちなみにお値段は765gで$5.87。昨日の私の夕食(夫は外食)と今日の朝食でいくつか食べたので左角が減ってますが、多分30個は入ってると思われます。お味の方も、グルメ指数の低い我が家なので全然問題なし。夫に「もう飽きた」と言われるまで、当分しつこくリピートしそうな気配大です♪


さてさて話は変わって、この日は夕方から帰任されるご家族をお見送りに行きました。去年から仲良くしてもらった方々が次々帰国され、直近でも来月末にまたひと組LI在住のご家族の帰任が控えています。日本に帰ってから再会する楽しみはあるものの、当分会えなくなると思うとやはり寂しいですね。帰任されたSさんご家族、色々お世話になりました。日本でも元気でお過ごしくださいね~!
by ny-cafe | 2008-01-29 23:58 | アメリカ生活
テーマは春
気がつけば1月も残すところあと数日。21日からはカレッジもスタートし、ようやく主婦モードになった私ですが、家の中の片付けにはなかなか着手できずにいました。もみの木の収集の関係からクリスマスツリーだけは年内に片付けましたが、1月も下旬になったというのに家の中はいたるところにクリスマスの飾りつけがあるし、一時帰国で使ったスーツケースやら鞄は転がったまま。もうどこから手を付ければよいやらという感じで放置していましたが、金曜日に間もなく帰国するお友達を囲んで女性だけで夕食会をすることになり、ようやく家の中を片付けることが出来ました。まだクリスマスの飾りつけも所々に残り、あちこちにCDやら紙類が適当に積まれていますが、まぁこれはまた追々…。何となく春の感じでリビングをまとめてみたので、家の写真をアップしてみます。

c0061496_3294341.jpg家具の配置はそのままなので模様替えとまでは全然いきませんが、ずっと花の飾ってあった暖炉の上のスペースを変えてみました。去年の春ごろIKEAでひと目ぼれして買った花の写真、大きな額を3つを買う勇気がなく1年近く袋に入れたまま飾っていましたが、木曜日の夕方にA.C.Mooreでイメージどおりの額が40%になっていたのをみつけ、思い切って買ってみました。外はまだまだ寒いPAですが、リビングだけは花が咲いた感じで気持ちが明るくなりそうです♪


c0061496_3301781.jpg一緒に並べたボトルは、クリスマス前に発売されたコークの空き瓶。普段は350mlの缶が12本で$3程度と激安なコークですが、このボトルは6本で同じ値段以上だったような記憶が。最初に見つけたときは、夫の「何でそんなの買うんだよ!」的な無言の視線にひるみ買うのをやめましたが、数日後にかこさんのブログで既にインテリアとして飾られているのを見つけ、こっそり買いに行きました。

ついでなので、クッションカバーも春らしいものにかえてみました。こちらは週末IKEAで購入(圧縮パックを空けたら思いのほか薄かった…)。素敵なインテリアを見てものすごい刺激を受けた後とか、季節の変わり目とか、無性にIKEAに行きたくなるのは私だけでしょうか??アメリカ生活も4年目に入り家具などは買う必要がなくなってしまいましたが、相変わらず見てるだけで幸せなお店です♪そしてついつい安物小物をちょこちょこと…。車で15分とか、近いところになくてよかったです。

そんなこんなで季節が変わるごとに何とな~く家の飾りを変えてみてはいるのですが、夫はこの程度の変化では何も気付かないようです。毎回しびれを切らした私が「何か変わってない??」と聞いて、ようやく夫が家の中を見回すといった具合。好き放題できるので文句はありませんが、この関心の低さ、ある意味すごいかも…。

おまけ:Before(夏&クリスマス)
c0061496_550895.jpgc0061496_5504563.jpg
by ny-cafe | 2008-01-27 12:07 | アメリカ生活
今年もよろしくお願いします
すっかり更新が遅くなりました。気がつけば1月ももう後半…。明けましておめでとうございますと書くのもはばかられますが、今年もよろしくお願いします。

さてさて、3週間の一時帰国を終えてPAに戻ってきました。今回は心配していた雪も回避でき、アレンタウン-シカゴ-成田と無事フライトできる予定でしたが、そこがすんなり行かないのが我が家と言うか、まぁ、行きの飛行機から色々ありました。

幸いアレンタウンからの飛行機は定刻どおりフライトしましたが、シカゴからの飛行機がまず2時間のディレイののちゲートチェンジ。その後何とかフライトしましたが、高度を上げず雲の中をさまようこと1時間近く。結局翼にトラブルがあることが判明し、「あと30分ほどでシカゴへ戻ります」とのアナウンスが入りました。乗客は怒るわけでもなくみんな静かに聞いてましたが、30分どころか1時間以上旋回。ちょうど翼の上の辺りの席に座っていた私は、その間ずっと燃料を捨てているのが窓から見えるのだから気が気ではありませんでした。(クルーも時々翼をチェックしに来てるし…。)

一応燃料を捨てきったところで通常の着陸は出来るとのアナウンスが入り(靴を履き替え荷物も全部棚に入れるようにとも)、実際に無事着陸できたのですが、滑走路には間隔をあけて消防車とパトカーが何台も止まってたりして、なかなかスリリングな体験をしました。

c0061496_24841100.jpgc0061496_2485858.jpg



c0061496_2501319.jpg結局この日のフライトはキャンセルされ、シカゴで1泊。翌日新たに便を仕立て成田に向かうことになりました。機材故障という航空会社側のトラブルだったため、ホテル代はもちろんフリー。空港-ホテル間のタクシーのバウチャー(片道$30しか出ず足が出たけど)や、夜朝昼と3回分のミールクーポンをもらい、ついでに夫のレッドカーペットクラブの威力も十分発揮させて、歯ブラシやらクリーム類の詰まったナイトキッドも入手しました。

ちょうど1泊分の着替えを機内に持ち込んでいたし、同じ便に乗っていた夫の同僚Fさんの英語力のおかげもあって、シカゴでは意外にも快適な夜を過ごすことができましたが、この日のシカゴはものすごく寒くて、ちょこっと外に出ただけで凍えそうになりました。左はシカゴのホテルでの1枚。空港からはだいぶ離れましたが、お洒落なホテルでひとりで興奮してしまいました♪

c0061496_2495281.jpg

そんなこんなで1日遅れで成田に到着した私たち。左の到着案内、一番上のUA881Dというのが私たちの乗ったフライトです。最後のDはDelayのD??真ん中あたりにもう一機、シカゴからの881便があります(笑)。

当初はイブの晩を銀座で過ごし、この日は夕方からケーキを仕入れて夫の大学時代の友人の新居にお邪魔する予定でしたが、時差ぼけ+飛行機疲れのまま(ケーキもなし)で友人宅へ直行した夫、ビール2杯開けたところで完全にお泊りモードになってましたよ…。

まぁ、学生時代からの一番仲の良かった友人ふた家族との久々の再会。気持ちは分かるんですけどね、途中から見ている方がハラハラするくらい楽しそうに飲んでましたよ。もちろん後半はほとんど記憶がないようで、翌日は朝からトイレの住人と化し、夕方まで苦しそうでしたが…。普段から「記憶がなくなるまで飲みたい」と言ってる夫、何よりのクリスマスプレゼントになったことでしょう…。

そんなこんなで案の定というかやっぱりと言うか、二日酔いから始まった久々の日本。その後は妹宅に移動して、夫は職場の方や会社の同期の方と連日楽しく飲み歩いていたようです。私の方も昨年帰任されたお友達とのご飯&お茶会を、同じく一時帰国中のユウさんが調整してくれたおかげで楽しい1日を過ごすことが出来ました。

今回は年末年始と言うこともあり、29日からは双方の実家を3泊ずつ渡りあるいて夫は4日のフライトでPAへ戻りましたが、私はその後10日ほど実家と妹の家を転々とし、昨年帰任した別のお友達の家を2軒襲撃したり、SAKURA-MOCHIさんにおいしいしゃぶしゃぶのお店に連れて行ってもらったり。実家の友人たちには甲州地鶏のお店に連れて行ってもらい新鮮な鶏肉を使った焼き鳥をたっぷり堪能してきたし、前の会社の方々には今回もまた忙しい時間を調整していただき、名店ぞろいの笹塚でおいしいお好み焼きをご馳走になりました。

今回は従姉や親戚にもほぼ全員会えたし(それぞれ色々ご馳走になった)、特に妹には宿やらお迎えやら、挙句の果てにはご飯やらケーキやら度々ご馳走になり、最後は成田まで送ってもらったりととにかく色々お世話になりました。最後の晩はちょうど仕事が昼に終わったこともあり一緒に食事に出かけましたが、姉妹でつつくしゃぶしゃぶは格別でした♪

そんなこんなで結局終わってみれば今回も食べに食べた3週間。とても体重計に乗る勇気はありません…。お付き合いくださったみなさま、毎度毎度ほんとにありがとうございます&ごちそうさまでございました♪

ちなみに帰りは飛行機が遅れることも全くなく、無事ワシントンDC経由でアレンタウンへ戻ってきました。今回はひと足先に帰った夫がアップグレードの手続きをしてくれたので、帰りの便はものすごく快適。感謝の意味もこめてDCで夫に電話すると、ものすごいひどい声の夫が出てびっくりしました。どうやら私の到着する前の晩から風邪でダウンしていたようです。(ちなみに前日はゴルフをしてたらしい…。)

優しい奥様なら時差ぼけなど押し殺して旦那様の介抱をするのでしょうが、我が家は冷蔵庫も空っぽ、私のやる気も空っぽ…。と言うわけで、若干恩をあだで返した感じです。翌日もゲホゲホする夫を表面的にいたわりつつ昼から爆睡し、辛うじて食事が出たレベル。さすがに水曜日はまずいと思って朝7時に買出しに出かけてシチューを作りましたが、そんなこんなで結局3日会社を休み、いまだにゲホゲホとひどい咳を繰り返しています。隣で苦しむ夫には申し訳ないのですが、この風邪、出来ればもらいたくないです…。

まぁ、そんなこんなで一応無事に新年を迎えています。また今年もこんな感じでサボリボりのブログになりますが、お付き合いいただけたら嬉しいです。今年も楽しいことがたくさんありますように。

追伸:クリスマスカードや年賀状を下さったみなさま、ありがとうございました。今年は「家族が増えました~」とか「家族が増えますよ~」の報告が例年以上に多く、若干焦っておりまする。Babyちゃんの健やかな成長を陰ながらお祈りしてます。妊婦さんは頑張って!
by ny-cafe | 2008-01-20 08:26 | Travel☆Travel