m's New York cafe
nycafe.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2008年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
至福な時間
c0061496_14295242.jpg火曜日は夫が出張中につき、私も外で食事。
この日のメニューはボルチーニのパスタと、チキンのマスタード(クリーミーなマッシュポテトを添えて)。デザートはコニャックのブラウニー(バニラアイスクリームとともに)。

どうです、おいしそうでしょう!

もちろんおいしかったことは言うまでもないのですが、盛り付け方もテーブルセッティングも随所にこだわりとお洒落のエッセンスが盛り込まれて素敵!お腹だけでなく、心もたっぷり満たされる夜となりました。

この日のシェフはいつもお世話になっているkakoさん。以前から抜群のセンスの良さとお料理の腕前は知っていましたが、こんなお料理をさらっと作れてしまうなんてすごすぎ。改めて、センスの良い人はお料理ひとつをとってもお洒落で上手なんだなぁと思いました。こんな食事をいつもいただいてるご主人が羨ましいです。

ちなみにデザートは食べることに集中したため写真はなし。こちらもオトナな味でペロリ。確か夕方あたりに「最近ジーンズが…」なんて話してた記憶もありますが、おいしいものにはあっさり屈するものです!

普段はいかに手を抜くかしか考えない私ですが、さすがにこの日は「お料理上手になりたいなぁ」と思った夜でもありました。kakoさん&ご主人、たっぷりと至福な時間を過ごさせていただいて感謝です。ご馳走様でした!
by ny-cafe | 2008-02-28 14:33 | 日々の出来事(in USA)
アカデミー賞
日曜日は夏以来の大掃除に取り掛かろうとしましたが、体力、気力ともに途中で失い、50%ほど終えたところで放置。ネットをいじっていたらちょうどアカデミー賞の授賞式が行われてることに気付き、慌ててTVをつけました。既に主演女優賞などは発表が終わっていましたが、主演男優賞、監督賞、作品賞などは見ることができました。

今年は記念すべき80回ということもあり、古い映像がふんだんに取り込まれていましたね~。そしてプレゼンターが豪華!キャメロン・ディアスにハリソン・フォード、トム・ハンクスにデンゼル・ワシントン、見てないけどニコール・キッドマンやペネロペ・クルス、アン・ハサウェイやレニー・ゼルウィガーも登場したそう。色々言われた80回目の授賞式でしたが、やっぱりさすがはハリウッドって感じでした。

ちなみに授賞式終了後に、主演女優賞を獲得したマリオン・コティヤールの映像を何度か見ましたが、彼女のスピーチ、英語が分からないなりにも感動してちょこっと泣けました。大きな賞の喜びがストレートに伝わって、彼女の映画を見たいと思ったのは私だけではないはず。英語で見る自信はありませんが、いつか日本語のDVDを入手しようと思います。

なお、英語に難ありなのでアメリカに来てから映画館に行ったのは1度きりですが(学割が効いてふたり分で$12前後だった記憶が…)、運よく年末の成田行きの飛行機で「ボーン・アルティメイタム」を見ることができました。基本的には最後はHappyになる泣けるラブストーリーが好きですが、FBIやCIAものも好き。ちょうど夫の実家に帰省したので、マッド・デーモン好きの義父のDVD棚を物色したところ、前作2作があるある~♪義母の手伝いもせずにTVの前に居座りましたが、なかなか面白かったです。ちなみにこの作品、今回のアカデミーでは主要な賞には絡んでいませんが、編集賞、音響編集賞、音響賞の3部門にノミネートされ、いずれも受賞。大きなスクリーンで見たい作品です。


なお、ちょうど先日ESLの授業で簡単なアメリカ映画史についてしつこくテープを聞かされたので、以下テキストを参考に書いてみます。

アメリカ映画の歴史は、1891年にトーマス・エジソン(Thomas Edison)がキネトスコープ(Kinetoscope)を発明したことに始まります。これは箱の中に映し出される映像を穴からのぞいて見るタイプのもので、1894年4月にNYで初めて一般公開されました。その後アメリカでは瞬く間に各地にキネトスコープ用の劇場(?)ができ、同じ年にパリ、ロンドン、ベルリンでも公開されたそうです。

映画が大きな進歩を見せたのは1895年のこと。フランスのリュミエール兄弟が最初のプロジェクターを発明(注:Wikipediaには特許を買収とありました)。これはシネマトグラフ(Cinematographe)とよばれ、キネトスコープがひとりひとりに機械を必要とするのと違い、スクリーンに映し出される映像を一斉にたくさんの人が見ることができるものでした。

発明家としてだけでなく実業家としての顔も持つエジソンは、シネマトグラフの可能性に素早く気付き、リュミエール兄弟に競合。1896年にThomas Armatが発明したプロジェクターの特許を獲得し、これに「Edison Vitascope」という名前をつけました。そしてこの機械を使って、1896年4月23日にNYで映画を公開。これにより、アメリカの映画ビジネスが生まれたそうです。

その後エジソンはフィルムビジネスを独占するため、当時の大きな映画会社9社とともにMPPC(Motion Picture Patents Company)を設立。エジソンらが特許権を取得した機械やフィルムしか使ってはいけない、俳優にクレジットを与えない、映画の上映時間はあまり長くてはならないなどのルールを設け、映画の価格もコントロールしました。しかし、この独占的な手法に当然反発する人も多く、MPPCに従うのを拒否したディレクターたちは、カリフォルニアへと向かいます。

当時のカリフォルニアはまだ土地も安く、またたくさんのアメリカ人や移民の人々が移住したことから、安価で豊かな労働力もありました。さらに1年を通して温暖な気候、海、山、砂漠と様々なロケーションがあるのも、ディレクターたちには大きな魅力でした。もちろんMPPCの追っ手を逃れて、メキシコへ渡ることも容易です。

こうして1911年にハリウッドのサンセット・ブルバードに、ネスター・フィルムが最初のスタジオを建設。翌年までには15ものスタジオが建てられたそうです。この頃になると政府もMPPCの独占的なやり方に注目。1917年にはエジソンの主張していた映画に関する様々な特許自体が違法とされ、これによりMPPCは力を失い、映画の都ハリウッドが花開いたのだそう。

ちなみにハリウッドとは「柊の林」という意味だそう。Wkioediaには「柊が生えていないのに何故ハリウッドと呼ばれるようになったのかはいまだ謎」とありましたが、OCTOPUSさんの青年は荒野をめざす~ハリウッドの誕生~によれば、「1866年にこの地に移り住んだ不動産業者ウィルコックス夫妻がシカゴにいる友人の別荘の名前を借りて名づけた」とありました。

そういえば先日「ハリウッドサイン」のすぐ上の部分の土地が2200万ドル(約24億円)で売りに出されたという記事を見ましたが、どうなるのでしょうね~。記事によれば「もともとは大富豪のハワード・ヒューズ氏が所有し、愛人のための邸宅を建てる予定だったそうですが、関係が破局を迎えたため放置され、2002年にシカゴの投資グループが167万5000ドルで購入した」そう。さすがは大富豪。やることが桁違いです…。
by ny-cafe | 2008-02-26 15:02 | アメリカ生活
ラムレーズン
飽き性なので何か始めてもあまり長く続かない私ですが、大学時代に4年間続いたことがひとつだけあります。ハーゲンダッツでのアルバイト。ワンピースタイプの白とえんじの制服が可愛いかったのと、店長以下バイト仲間も気の合う人が多くて、卒業する直前までずっとアルバイトしてしまいました。この4年間のアルバイト、知らず知らずのうちにちょうど良い筋トレにもなっていたようで(重いキャンを運んだり、固いアイスクリームを詰めたりと意外と力仕事が多い)、特にアイスクリームを丸める右手は、社会人になってからもしばらく立派な力こぶができたほど!まっ、今では影も形もありませんけど~。

そんなこんなで、アイスクリームは今でも断然ハーゲンダッツ派。アメリカではハーゲンダッツのパイントサイズが日本の半額くらいで売られているので、気が付くとついつい買ってしまいます。それで夜更かしして小腹がすいた深夜に冷凍庫に向かうのですが、数日前に買ったばかりのアイスクリームが残りわずかになっていることがしばしば。時には一口も食べてないのに、空の容器がゴミ箱に捨てられていたりするので驚きます。我が家にはもうひとり、アイスクリーム好きがいるんですよね~(正確には甘いもの全般)。

でも最近、そんな夫が手を出さないアイスクリームの存在を発見してしまいました。どうやら夫、ラムレーズンはあまりお好きでないらしい。そのあと買ってきたキャラメルやバニラには夜な夜な手を出していましたが、ラムレーズンだけはきれいに残ってます。というわけで、目下争奪戦を免れたラムレーズンをちびりちびりと味わい中♪夫のアイスクリームとは別に、これから常にラムレーズンを買ってしまいそうな私です。


ちなみにハーゲンダッツ(Häagen-Dazs)という名前、ウムラートなんてついていますが、れっきとしたNY生まれのアイスクリームです。Haagenはおいしいミルクを連想するコペンハーゲンからとり、それに語呂が良いのでDazsをつけたらしいです。一応Dazsにはドイツ語で「やぁ!」などの軽い意味があるようですが、ネーミング自体にはあまり意味はない…、と遠い昔に教えてもらった記憶があります。ただしこのヨーロッパを連想するというのが戦略として大当たりしたそうで、1961年にNYで売り出されてから瞬く間に高級アイスクリームとして有名になり、当時ハリウッドのセレブたちも買いに来るほどの人気となったそうです。

ちなみにWikipediaによれば、「Shall we Häagen-Dazs?」という男女の絡み合うCM、最初に放送されたのは日本だそう。このCMにより、オトナのアイスクリームというイメージが定着。日本での評判を受け、世界各国で同様のCMがオンエアされるようになったそうです。まっ、我が家の食卓にのると、相変わらず子どものおやつ度100%ですが…。
by ny-cafe | 2008-02-25 08:47 | 日々の出来事(in USA)
Love Madrid
c0061496_2535096.jpgなかなか雪がやまないため、お友達宅でのランチは延期に。やりかけのキルトにクロスステッチ、カレッジの宿題に夫の出張の準備…、と、今のうちに片付けてしてしまったほうが良さそうなことはいくつかありますが、なんだかやる気にならないので久々にアンティークの写真を撮ってみました。

今年は緑さんに手を出そうと画策中。そろそろ緑さんのための特等席をご用意しないと♪ということで、去年から増殖中のMadridのアンバーさんに別の場所へ移っていただくことにしました。

一旦奥に入ってしまうとなかなか人目をあびるチャンスがなくなるので、今日はアンバーさんを集めて記念撮影してみました。このシリーズはブルーとクリアを中心に集めていますが、ブルーはなかなか出会う機会がなく、稀に出会っても高いので見るだけ~。その点アンバーは時々びっくりするほどジャンク価格で出ているので、ついつい手を出してしまうというわけです。

下の写真、1段目はMadridのアンバーとピンク。アンバーは大皿もシャーベットグラスも色が濃いのですが、カップ&ソーサーは比較的色が薄くてお気に入り♪とりあえず、3個と中途半端なシャーベットグラスをあとひとつそろえましょう。ピンクはブルー同様になかなかお目にかかる機会がなく、カップ&ソーサのソーサーなしとシャーベットグラスがひとつあるだけ。カップ&ソーサーは出来れば何客か集めたいと思っていましたが、ほとんど見かけないので方針転換。ピンクのデプレッションは他のメーカーでも何種類か作られているので、各シリーズを1客づつ集めていこうかと。というわけで、後ろにアメリカンスイートハートのカップ&ソーサーを並べてみました。

2段目左は、これまたひとつづつちょこちょこと増えてきたキャンドルウィック。$10以上だと未だに手を出すのにひるむので、ここから先どれくらい増殖するかは微妙です。右はジャンク価格シリーズ。透明なガラスに花の絵が入ったシュガー&クリーマーのクリーマーなしと、ソルト&ペッパー3種類。料理嫌いなのにこんなものばかり集めてどうする??という突っ込みはこの際なしに~。

c0061496_2435053.jpgc0061496_244539.jpg
c0061496_2452029.jpgc0061496_3243417.jpg


さ~てと、雪もやんだようなので、これから雪かき第2ラウンドをしてきます。今回は朝から雪が積もったので、雪かき第1ラウンドは夫にお任せ。私は家の中から眺めるだけ~でしたが、あいにく今夜、夫は外で食事で何時に帰宅するかわかりません。明日は朝から南の方へ出張するそうで、結局第2ラウンドは私の仕事になるというわけ。1度しっかり雪かきしてるのでそれほど大変ではないと思いますが、ドライブウェイと道路の境にがっつり積まれた雪、どうにかならないものでしょうかね~。
by ny-cafe | 2008-02-23 05:05 | Love☆Antique
Snow to Wintry Mix
c0061496_22364327.jpg雪の可能性90%という予報が当たり、朝起きたら一面銀世界になっていました。夫は早出の予定らしく、5時半頃から45分ほどかけて雪かき。(今回は私が雪かきしなくてすみました♪)念のためにオフィスが何時から始まるか電話で確認してから、7時頃出勤しました。

この住宅地は毎回除雪車が入るのが遅く、7時の段階で道路の雪はそのままに~。7時半過ぎにようやく除雪車が入り始めましたが、今日は良い方??あとはこまめに入ってくれると良いのですが…。


私たちの住む住宅地は309という比較的大きな道路から少し奥に入ってるため、住宅地を抜けたその先も309に出るまでが毎回鬼門です。特にすぐ下の変形十字路では雪が降るとコーンフィールドに車が落ちていたりして、4駆のない我が家にはなかなスリリングです。私も去年大雪が降った日に初めて雪かきされてないこの道を運転しましたが、あんなに見事な足さばきで運転したのは多分最初で最後でしょう(笑)。

その後多少の雪くらいでは外出するようになってしまった私ですが、今日は出かけられるかなぁ。お友達宅で開かれるランチ会、楽しみにしているのですが…。ちなみに雪のせいで近所の小中学校が軒並休校になっても、滅多に休校にもディレイにもならないカレッジ、さすがに今日は7時の時点であっさり全キャンパス休校の表示がHPに出てました。駐車場の雪かきもこれじゃ絶対間に合わなでしょうし、授業があったところで半分以上は生徒もお休みよね…。

なお、今日の天気予報はWintry Mixで、夜中から降った雪は午後までに3~5インチの積雪になるとのこと。もう既に4インチくらい積もってますが、まだまだ一向にやむ気配はなさそうです。ちなみにこのWintry Mixという言葉、きれいな響きの割りになかなか厄介で、要は雪、みぞれ、雹、雨と何でもありでとっても寒いということ。嫌なお天気だ…。
by ny-cafe | 2008-02-22 22:28 | アメリカ生活
アバクロ
c0061496_1374493.jpg日本でも人気のアバクロ。クリアランス狙いで月に1~2度出かけていましたが、年が明けてから足しげく通っています。目的は8つ下の従弟の洋服探し(表向き)。一時帰国の際、久々に会った従弟がアバクロずくめでびっくり。お洒落には関心がないと思っていたので、思わず「何があったの!!!!」と真顔で聞いてしまいましたが、理由はいたって簡単でした。どうやらXXXLサイズの従弟にはなかなか着られる服がないそうで、ネットで洋服を探していたらアバクロに辿り着き、以降高いお金を払って日本のネットショップで購入しているそう。

Tシャツ1枚の値段を聞いて、隣で聞いてた叔母も母もびっくり。「折角私たちがアメリカに住んでるのにもったいない!」ということで、今後はクリアランスコーナーで買いだめして、何かの時にまとめて送ってあげることにしました。(もちろん社会人なのでお代は後日請求~笑。)

そんなこんなで最近は10日に1度はアバクロをチェックし、コツコツと従弟の洋服をストック中。長袖Tシャツやらポロシャツ、Tシャツを7着ほど購入しましたが、どれも底値で買っているので総額$100するかしないかです。夫や夫の友人用はMサイズかLサイズなので探すのが大変ですが、大きいサイズはクリアランスと言えども種類が豊富で見つけやすい!従弟が喜ぶ顔が想像できて、買い物がとっても楽しいです♪


ちなみに目下Xが3つの従弟ですが、夏までには2つにするそうで、ひとつ小さいサイズを購入してとのオーダー。この買い物が無駄にならないよう、叔母と従妹からプレッシャーかけてもらってます!

祈☆XXL。
by ny-cafe | 2008-02-21 15:32 | 日々の出来事(in USA)
冷蔵庫整理
President Dayを地味に過ごした我が家、普段からおさぼり主婦の私はここぞとばかりに家事を放棄してお宝探しやらなにやらに現を抜かしていましたが、さすがに今日は家事をしないとまずいので、夕方お友達の家から帰宅後、洗濯機と乾燥機をフル稼働させ、大急ぎで食事の準備をしました。

ちなみに明日、夫は早朝からロングアイランドまで日帰り出張の予定。往復6時間以上のドライブなので、早めに帰宅しても良いように珍しく急いで食事の準備にとりかかりましたが、こういう日に限って待てども待てども「帰るよ」の電話はなし。結局準備が終わってから2時間近く待たされた私はすっかり空腹になり、夫が帰宅するや否や一気に食事を詰め込み、あとから満腹中枢が刺激されて2時間以上過ぎた今も苦しんでいます。遅い時間の暴食、当分控えようと思います…。

なお、本日の夕飯メニュはお稲荷さん、豚肉と白菜のしゃぶしゃぶ(玉ねぎドレッシングで)、ポテトサラダ、野菜サラダ。ははは、愛情たっぷりのバランス良い食事ってなんだ??

ちなみにお稲荷さんは賞味期限まじかのすし太郎消費のため、しゃぶしゃぶはそろそろ外側が傷みはじめてきた白菜と先週末に作った玉ねぎドレッシング処分のため、ポテトサラダはこちらも賞味期限まじかのハム処分のため、野菜サラダはフレッシュ野菜がちょこっとフレッシュじゃなくなってきたので…。

…。

連休明け、冷蔵庫整理が大変です…。
by ny-cafe | 2008-02-20 14:37 | 日々の出来事(in USA)
President Day
この週末からアメリカはPresident Dayで3連休です。イースターやセント・パトリックなど何かとイベントの多いアメリカですが、国民的な祝日となると日本より少なめ。おまけに独立記念日やサンクスギビング、クリスマスのような大きなお休みを除いて、学校や会社によって祝日扱いにする日が異なります。

夫にとってはPresident Dayは久々の祝日♪もちろんこの機を利用しない手はない!というわけで、1月下旬から急遽金曜日の仕事帰りから3泊4日で西へ飛ぶチケットを探しまくっていた私。もちろん毎回のことながら夫は全然乗り気でなさそうでしたが、夫の乗り気のなさに付き合うと我が家はどこにも旅行できないので(すんなり乗り気になってくれたのは去年のYellowstoneくらい!)、今回も日程と見積もりをつくり、あの手この手で夫を誘導してみました。何せお休みまでもう日がなかったことから、どこもチケット代が高く、ちょうど良い時間帯の飛行機でかつリーズナブルに行ける旅先を探すのは至難の業。それでも必死に探せば何とかなるもので、最後はこれならOKでしょうという旅先を発見!例のごとくしつこく「連れてってよ~」アピールを繰り返てみましたが、最終的には「出張が入るかも…」という、こればっかりはどうにも諦めざるを得ない鶴のひと言により泣く泣く断念しました。

結局出張が入らなかった夫。3連休に家にいてもダラダラ寝て過ごすことになること間違いなしの私たちなので、今回はワシントンD.C.まで車で行くことに。またお花見の時期は是非にと思っていますが、そうなるとゆっくり美術館めぐりできそうにないので、寒い時期ならではのD.C.を堪能することで合意しました。それで3連休を首を長くして待っていた私ですが、ここに来て思わぬブレーキが3つ発生。

ひとつ目~、私の通うカレッジ、月曜日は通常通り朝から授業があった…。
ふたつ目~、週末の天気予報、この辺りは雪マークだった…。
みっつ目~、また夫が体調を崩した~!!!!!!!!!!!!!!!


ひとつ目は1泊で行けば問題なし。ふたつ目も現在の予報は雪マークでなくなったから全然平気!でもね~、いくら鬼嫁の私でも、体調悪い夫を無理やりD.C.まで運転させるのはさすがに…。というわけで、この3連休は普段どおりの週末に格下げ(涙)。まぁ、どうせカレッジで1泊旅行になるなら、もうちょっと暖かくなってから行っても同じだし…、と自分に言い聞かせてます。はぁ~(涙)。
(この日記を読んで「週末は晴れるかも!」と思ってる方、約1名…笑。)

ちなみに飛行機旅行を諦める際に夫が使った一言が傑作で、「飛行機に乗ったと思ってその分は何か買って良いから今回は勘弁して~」。ははは、私の熱意が半端なかったのと、夫がどれだけ追い詰められていたかがよく分かりますね(笑)。こんなセリフが出るなら、必死で格安チケット探すんじゃなかった??

って、もちろん散財する余裕はないので、この飛行機代は次回の旅行代に持ち越し~。いつもは値段重視でホテルを選ぶ私たちなので、次回は素敵なホテルに泊まらせてもらえるとよいなぁ♪夫よ、忘れないでくださいね~。


c0061496_144423.jpgなお、President Dayは、第16代大統領エイブラハム・リンカーンの誕生日を記念して1892年に休日として制定されたそうですが、初代大統領ジョージ・ワシントンの誕生日が2月だったことから、その後間を取って2月の第3月曜日が祝日となったそうです。アメリカの歴史を築いた偉大な大統領の話は以前にも書いたので、よろしければこちらをどうぞ~。ではでは、みなさん素敵な週末&連休を。

追記:昨日の晩から若草物語のDVDを繰り返し見ています。大学時代に映画館で見て号泣し、その後も何度も見ましたが、アメリカに来てから見たのは初めてです。昨日の夜も、夫がソファーで寝ている横で声を上げて大号泣。今日も2度見てまた号泣。マサチューセッツのDeerfieldという場所で撮影されたそうですが、一度行ってみたいです。
by ny-cafe | 2008-02-16 13:56 | アメリカ生活
雪の朝
c0061496_1224786.jpg火曜日は久々に除雪車の入る雪が降りました。さらさらの粉雪だったので、夕方と夜に雪かきを1回づつ。2インチほどだったのでさほど大変ではありませんでしたが、夜中にみぞれ、雨と変わったため、朝起きたらドライブウェイはぐじょぐじょ、ドライブウェイと道路の境のアスファルトは既にツルツルになっていてがっかりしました。折角きれいにしたのに~!

今日は朝からカレッジの日。TVをチェックしたところ、近隣の小中高や大学はディレイやクローズになる模様。私の学校は案内が出なかったので念のために電話で確認したところ、通常通り授業があるとのお答え。道路状況が分からないので、いつもより早めに家を出ましたが、木々の枝が凍ってとってもきれいでした。滑りやすくて運転するのは怖かったものの、幻想的な景色にであえました。

ちなみに今日は10人ちょっとのクラスで、出席したのは4人だけ。いつもは止めにくパーキングもガラガラ。このお天気じゃ、確かに休みたくもなるかも…。

c0061496_12365645.jpgc0061496_12315491.jpgc0061496_12322462.jpg


c0061496_12324979.jpgちなみに明日14日はバレンタイン・ディ。クリスマスも結婚記念日もない我が家にはだいぶ影の薄いイベントですが、お友達の家からの帰り道にちょこっとお洒落なスーパーへよったところ、お花をレジに運ぶ男性多数!とりあえず何とな~く気分を味わうために、夫のプレゼント用に$4でココアを買ってみました(安っ!)。

今夜は外で食事をするかもしれないので、夫の分の食事はいらないとのこと。お友達に頂いたの牛筋の煮込みを堪能し、長電話をし、さてテレビでも見ようかなぁと思ったところで夫が帰宅。9時過ぎだったので食事は済ませたと思っていましたが、どうやらまだとのこと。うどんを作ることにしてキッチンに立ちましたが、夫の動きがイマイチ怪しい。ふとキッチンから廊下の方を見ると、お花を持った夫がこっそりダイニングへ向かう途中でした。

どうやら薬を買うついでに一緒に買ってきてくれたようです。「ハーフダースしかないけど」と言ってましたが、嬉しかったので写真を撮ってみました。この習慣、日本に帰ってからも続くと嬉しいなぁ♪
by ny-cafe | 2008-02-14 11:46 | 日々の出来事(in USA)
やってしまった…
土曜日の夜は、お客様にお越しいただいて食事会をしました。義母直伝のから揚げのマリネを作りましたが、またしてもやってしまった…。天ぷら鍋から持ち上げたから揚げが、菜箸から滑り落ちて油の中に落下。勢いでお気に入りのキャミソール(日本で買ってきたばかり!)に、派手に油が飛び散りました。

以前にもローライズのジーンズ+ちょっと短めのTシャツでチャーハンを作って、おへその下を地味に火傷した私。以降、油を使うときはエプロンをするように心がけているのですが、今日はなぜ忘れた???相変わらず学習効果のない自分に焦ります。


ちなみにただいま私、日本酒をチビチビやりながらブログを打ってます♪

お酒大好きな夫&お酒のある場所が大好きな私ですが、ふたりで食事をするときは夏場に夫が缶ビールを1本開ける程度で、家での食事ではほとんどお酒は飲みません。特に日本酒やワインは開けてもふたりでは飲みきれないので(夫はひとりで飲むのは嫌いらしい)、来客時に飲みたかったお酒を開けるのは楽しみのひとつです。

今日はビール、お客様が持ってきてくださった白ワイン、日本酒という流れ♪下戸のくせに仕事で香川&高知へ行って突如日本酒に目覚めた私には、かなり嬉しい流れです。お猪口2杯程度でも真っ赤になるので、お客様がいらっしゃる間は赤くならない程度に控えていますが、この時間なら大丈夫。というわけで、最後にちょこっと残ったお酒をひとりでチビちびやってるわけです。ふふふ、今夜はいつもに増して気持ちよく寝れそう!

ちなみに夫はというと、あと片付けをひと通り手伝ってくれたあと、なぜかダイニングテーブルの向こうで爆睡してました。今日はそんなに酔ってないはずなのになぜだ??
by ny-cafe | 2008-02-10 13:59 | 日々の出来事(in USA)